ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 水田

トラクターとサギたち・・・

DFD_4519


 トラクターが水田に入り動き出すと、山手の水田に居たコサギやアマサギがさっと飛んできて、トラクター近くに浮き上がってきたカエルや虫を突き始める。

 警戒心が強く、人馴れしていないサギは、車のドアが閉まる音だけでもさっと逃げるけれども、トラクターからはご馳走が転がってくるのが分かって待っている。

 雨が降ったり止んだりだったので、その合間に、サギたちのランチ風景を楽しませてもらった。しかし、常に不思議に思うことだが、アマサギっていつも何処を塒(ねぐら)としているのだろうかと・・・。


DFD_4674


DFD_4637


DFD_4476



◎Obscura Photo Club(公開Facebookグループ)
 https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link
◎先見塾オブスクラ・フォト倶楽部(非公開Facebookグループ)

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2020/6/15 12:00 am

番所の棚田へ・・・

D75_6000


 麗らかな一日。思い切って、冬季の矢谷渓谷方面(熊本県山鹿市菊鹿町)へ車を進めた。現地は、番所の棚田で有名なところだが、その棚田入り口看板があるところの水場に足を踏み入れた。

 相変わらず透き通り、冷たそうな水の流れだが、季節柄、カエルやサワガニに遭遇することもなく、カメラは手持ちにて、スローシャッターで岩場の撮影することに。ISO、絞り、シャッタースピードなどをチェックし、10分の1秒のスローシャッターにて、息を止めて、どうにか撮影を終えた。

 ワイドレンズを持参していなかったので、納得ゆくような絵面ではないが、ポカポカ天気で、美味しい空気を胸一杯に吸い込み、すこぶる楽しい取材ができた。

 帰り際に、矢谷渓谷へ立ち寄ることにした。散り積もった褐色のカエデの葉っぱをザクザクと踏み潰しながら、「嫁おどし」の吊り橋の中央へと。残念ながら、その吊橋から見えるであろう小さな滝は、木々の枝葉のベールに包まれ、水の音だけを楽しんで帰途についたのだった。

 このように、時には都市部の喧騒から逃れ、カントリーサイドの風景を愛でるのも、精神衛生上よろしかろうと・・・。


D75_6038


D75_6079


D75_6106



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2018/1/19 04:56 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp