ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 水前寺東濱屋

ハシビロガモにフォーカス!

▼ハシビロガモのオス
500_9869


 熊本市内の上江津へ足を運ぶと、いつもと違う種類の鴨のペアが数組浮かんでいた。あまり近づくと飛び去りそうなので、15メートル程度まで近づき、あとは超望遠レンズで覗くことにした。

 ユーラシア大陸から越冬のために日本に飛来するハシビロガモ。何ともまあ、仏頂面で滑稽な顔をしており、体全体の模様もなかなか面白い。ヒドリガモ、コガモ、マガモにカルガモの姿もあちこちに。ただ、ハシビロガモは警戒心が強いのか、他の鴨よりも一定の距離を置いていた。

 撮影した写真をパソコンに取り込んでいると、ハシビロガモのメスが、マガモのメスの模様と凄く似ているのに気づいた。頭部と目、嘴を見れば、その違いが分かるが、遠目では全く同じに見えてしまう。

 僅かな取材時間だが、自然の中に居るとすこぶる心が癒される。近頃は、インバウンドにより、多くの外国人観光客が熊本を訪れるけれども、このような美しい水と野鳥・・・小さな自然に接してもらうだけでも、熊本の良さがより伝わるのではなかろうかと・・・。勿論、遊歩道や駐車場、公衆トイレなどの整備は必要になる。


500_9888


500_9913


500_9918


500_9938


500_9945


▼ハシビロガモのメス
500_0042


▼マガモのメス
500_0101



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2018/2/5 02:39 am

水前寺東濱屋の「白焼き」

D60_6241


 急に鰻が食べたくなった。最近ご無沙汰している水前寺東濱屋。車のステアリングを持った瞬間に、「今日のランチは、鰻!」で決まっていた。

 同店は140年の歴史と伝統を誇る、鰻専門店である。通うようになって、三十数年が過ぎているのが驚きだ。グルメに目覚め、色んな食事処へ足を運んで来たが、30年以上も足を運んでいるところは、すこぶる少なく、筆者にとっては「グルメのスタンダード」の礎となっている。

 写真は、本日食した水前寺東濱屋の「特上鰻の白焼き」である。蒲焼きよりも、鰻そのものが露骨に出易いので、お店にとっては「白焼き」は気を遣うのではないかと推察する次第。

 今日の特上鰻の皮目と肉質、そして食感、風味を思い起こせば、多分、◯◯県産の鰻だろうと・・・。何はともあれ、鰻は旨い。旨すぎる。炭水化物を減らし気味に考えているのだが、とても、この鰻を見てしまうと、ダイエット宣言が足元から崩れ去ってしまうのである。・・・仕方ない。今日だけは、許す。


D60_6256


D60_6194


D60_6208


D60_6270



◎水前寺東濱屋公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/higashihamaya/Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2017/12/23 01:51 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp