ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 民度

低民度は恥ずかしいこと・・・

▼今か今かと出番を待つカピバラ

nezumi


 この一年を思い起こせば、何十冊もの書籍が完成するほど、思い入れの多い一年であった。特に後半戦は、起業後一番のヒューマンコミュニケーションに尽力した時期となり、企業におけるヒューマンウェアの構築が如何に重要であるかを思い知らされたのだった。

 若い方々の「読解力」、「理解力」が低迷しているとの報道がなされていたが、ご多分に漏れず、この田舎熊本では、想定外にその低迷に頭を痛めてしまった。通常、話している内容が相手に伝わらないのだから、同じ日本人として「日本語」をもっと大切にして欲しくなる。

 略語も流行語もどうでも良い事。心が伝わる会話が成り立たねば、「民度の高い国民」として威風堂々と公道を歩めず、国際社会からも白い目で見られてしまうのである。その「民度の低さ」を恥ずかしいと思わぬところも、理解に苦しむところとなる。

 この秋より、「先見塾」のブランチとして「先見塾ホテリエ研究会」を開設し、毎日、様々な分野からバランスをとりながら、最低限度の「知識」を注入し、「知恵」を絞り「考える」を習慣化する事で、人としてのグレードアップに努めているところである。

 リッツの「We are Ladies and Gentlemen serving Ladies and Gentlemen」を植え付け、紳士淑女として紳士淑女のお客への対応の必要性を、執拗にインプットさせている。最初は「???」であった若者も、近頃は「!!!」に変わっきたようだ。

 ホテルは「文化発信基地」としての役割が大きく、そこでカルチャーショックを受けたカスタマーは、自然と「紳士淑女」としての心構えができると言うもの。勿論、時間は掛かるが、これが徹底できれば、ホテル利用者の「民度」が数段アップするに違いない。

 「横暴」で「投げ槍」、「無礼」などが男らしいと思い込んでいる「低民度」の人たちは想定外に多い。プロトコール(国際儀礼)を身に付けずして、グローバルなホテル文化に接することなど不可能である。所作も見るに堪えず、言葉も荒々しいとなれば、言わずもがな。

 気が遠くなるような「実験期間」を設ける事により、先ずは、「ホテリエらしいホテリエ」の存在を、この熊本に根付かせることは、先々の観光立県には必ず役立つものであり、また、ショッピングゾーンも明るく小洒落な店が増えてくるはずだ。

 午後七時頃には店じまいをするようなアーケード街では洒落にならず、常に、インバウンドでもウェルカムの笑顔が絶えない街づくりをしない事には、昭和時代のように、胡座をかいて商いができるはずがない。まあ、これが熊本の一番の脆弱なところでもあるのだが。

 商売人が威張り腐って闊歩するような街並みでは、観光客はどんどん逃げていってしまう。特に、飲食店の「民度」の格差はナイアガラの滝ほどの落差がある。何はともあれ、先ずは「低民度は恥ずかしいこと」を理解し、改善いただければと思うばかり。

 蛇足ながら、「低民度」だから「パワハラ」や「セクハラ」が横行するのである。政財界における勉強会も様々。しかし、この「民度」についてのセミナーなんぞ聞いたこともない。それは、担当講師たちが「低民度」だから、できるはずもない。・・・なるほど。


momiji



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2019/12/31 08:08 am

困惑するホテルマン!?・・・

▼記事内容と写真は関係ありません。

DFD_0689


 或る日のこと、県外に住むホテルマン(田舎のホテル)から相談があった。

 「先日、玄関先でテレビ局の下請けプロダクションだと思うんですが、3人の男性がタクシーに乗り込む時に、どうしても助手席に1人、後部座席に2人座ると言いだして、タクシードライバーに強く言い寄っていたんです。タクシードライバーは、助手席は御免被りたいと、後部座席に3人乗るように言ったのです。そこで、プロダクションの1人が、『お前が運転手に交渉しろ!』と、私に向かって、『お前』と言って、激しい口調で責めてきたので、すごく困惑してしまいました!」と。

 ヨーロッパのフランスなどでは、先ず、タクシーの助手席は絶対に提供しない。防犯が一番の理由であるが、ここで問題なのは、『お前が運転手に交渉しろ!』という、非常に無礼な言い方が問題となる。どれほど有名なテレビ局なのか、プロダクションなのか分からないが、『お前』と横暴にも言ってしまった時点で、その人物なりプロダクションの「民度」の低さが窺い知れる。ホテル側としては、可能な限り、お客の要望に添うように動くかも知れないが、タクシードライバーが拒否(規則ありき)するのであれば、従わざるを得ない。

 また、こんな事も言っていた。

 「常連客は大変有難いのですが、とても行儀の悪い常連客が増えてきたようで、いつもハラハラドキドキしています。特に、高齢者の常連客は周囲のことも考えずに、自分たちの注文ばかりを最優先して、こちらからのサジェスションを完全に遮断するんですよ。『おい、この荷物預かっておけ!』とか『いつもの席を取っておけ!』と、とても乱暴な命令で、それも当たり前のように言うんです!」と。

 熊本県内のあちこちのシティーホテルを見ていても、時には御行儀の悪い常連客もいれば、全くホテルの利用法を知らずして、花見気分、運動会の場所取りのように、ホテル施設を自分の庭の如く乱暴に扱う客もいないと言っては嘘になる。酷い時は、デパートなどでも、トイレで粗相をしても、平気で汚したままの状態で出て行く人もいる。全て「民度」に問題がある。

 勿論、お客に必要なことは「ホテル施設利用におけるマナー厳守」が前提となる訳だが、「金さえ落とせば、無理難題も強制できる!」と思い込んでいる田舎者が多い。しかしながら、そのように「民度」の低いお客が多いと言うことは、ホテル側に問題がないとは言えない。何故ならば、ホテルとは、特にシティホテルとは、その地域の「文化発信基地」として役割を果たすべきものであり、お客に対しても、さりげなく、「文化レベルの向上」に努めなければならない。

 しかし、田舎になればなるほど、残念ながら、お客の質は底辺にまで落ちてしまうのである。ホテルロビーやレストランで、大音響にて方言の雨霰。さらに、スタッフを呼び捨てにしたり、女性スタッフから個人情報を聞き出そうとするエロジジイも、あちらこちらで出没している。されど、お客の質を上げるのは、そう簡単なことではない。長きにわたり「悪しき慣習」がへばり付いていれば、それを取り除くのに、長き腐れ縁の期間が長ければ長いほど、気の遠くなるような努力が必要となる。

 何はともあれ、田舎において、ホテル文化に無知な団塊の世代以上の高齢者へ、「ホテルとは何ぞや!」と物申しても、聴く耳も持たぬ場合が殆どである。車の運転マナーにしても、この団塊の世代以上の高齢者には爆走族が多く、平気でセンターラインを跨いだり、車を停めて待っていても会釈もせず、仏頂面でかっ飛ばして行く。何ともまあ「最低民度」の人間だろうと呆れてしまう。日々、車の運転をする筆者であるが、御行儀の悪い高齢者を毎日のように見るのは、既に、お腹いっぱいとなっているところだ。

 前述の田舎にあるホテルのホテルマンの「愚痴」は、「ホテリエ」としては公言してはならぬことではあるが、実態を聴けば、相当なストレスがその人物に覆いかぶさっているに違いない。よって、道徳の時間で、小学校、中学校の頃から、「ホテル文化と食文化」、「プロトコール」くらいは、しっかりと植え付けておくべきものではなかろうかと考える次第。


DFD_0685


DFD_0640



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2019/12/25 03:48 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp