ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 榎園

「えのきぞの」が9月上旬に開店!

▼在りし日の熊本城(戌亥櫓から撮影)
D60_0231


 先般、老舗食事処である「日本料理 ENOKIZONO」が大江から新屋敷へ移転し、店名も「えのきぞの」と改称し開店する記事を掲載した。本日は、「えのきぞの」の移転先が決定したので、逸早くお知らせすることにした。・・・移転先は以下の通り。

▼「えのきぞの」の移転先
  〒862-0975 熊本市中央区新屋敷1丁目9−19 濫觴77A(9月上旬開店予定)
  電話番号:096-211-5525(8月下旬開通予定)

 尚、同店横に駐車場は若干あるものの、乗用車で来られる方は、近隣の有料駐車場を利用できる。しかし、お酒を呑む方は、バス停であれば、産業道路沿いの消防局防災センター前で降り、徒歩で4分ほど。また、市電を利用する場合は、九品寺交差点駅で降り、徒歩で8分ほどで到着する。勿論、熊本市役所からタクシーに乗ったとしても、わずか数分で行ける距離である。

 同店は、ランチとディナーで、不定休にてスタートの見込みとなる。因みに、店主はテレビ番組などでも活躍した、凄腕和食料理人の榎園豊成氏。今回の移転は、高級住宅街でも知られる新屋敷において、和食の極みを提供したいと言う。

 筆者も、今まで十数回足を運び、同氏の手作り料理を食したことがあるが、すこぶる繊細で優しい料理に再会できることを、心から嬉しく思う次第。実直で研究熱心な職人の腕を、自称超グルメ通の筆者が、自信をを持ってご紹介したい。8月下旬が待ち遠しい限り・・・。

▼「えのきぞの」の新ロゴ

enokizono


▼以前食したランチの一部写真
D75_5163


▼以前食したランチのデザート
D60_6620


▼バス停:産業道路沿いの消防局防災センター前から徒歩で4分(Apple Maps)
5


▼市電:九品寺交差点駅から徒歩で8分、同バス停からは7分(Apple Maps)
1



▼過去記事
http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1498575600Link
http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1499871600Link
http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1531050857Link
http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1531244928Link
http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1532790000Link


             

  • posted by Chikao Nishida at 2018/8/2 03:57 am

ロゴ「えのきぞの」に苦悩の挙句・・

D60_6620


 日本料理 ENOKIZONOが、9月上旬に熊本市中央区新屋敷へ移転し、新店舗「えのきぞの」として立ち上がる。

 オープンが約ひと月後に迫る中、唐突に同店ロゴ制作のオファーがあった。伝統ある和食処のロゴとなると、すこぶる重責である。打ち合わせ途中で、間髪を容れず受けたものの、ここ数年遠ざかっている書をもって、ロゴができるか否か、不安の方が先立った。

 時間もない、筆の感触さえ忘れかけているけれども、受けたからには約束を死守しなければならない。倉庫から、当時使用していた筆15本ほど、硯、墨、毛氈、文鎮など書の一式を取り出し、先ずは筆と硯の洗浄、掃除から始めた。

 翌日、文具店に足を運び、半紙を購入し、オフィスに戻るや否や、頭の中で何度もぐるぐるとイメージした文字を指でなぞり、更に筆を持ち、同様に何度もなぞってみた。墨は奈良にある有名店のものなので、じっくりとすり始め、一気に書こうと心に決めた。

 実は、筆者にオファーがある前に、4点ほど候補があると言う。それらを見てしまうと軸がブレるので、一切外からの情報を遮断し、自分流で一気に書いていった。しかし、思いの外、筆が走らない。書けば書くほど、筆先が滞る。手首も指先も固く感じ、どうしてもイメージ通りに動かない。

 そうしている内に、お題である「えのきぞの」という文字を書くのを止め、水墨画みたいなものを描き始めた。絵であれば何度も重ね描きができるが、文字となるとそうはいかない。深夜に始めたロゴ制作が、気づけば夜が明ける頃になってしまった。

 「さあ、最後の一筆!」と自分に言い聞かせて、書いたものが下の書である。当初、何パターンか提出するつもりだったが、今の自分にできることは、この一筆のみだろうと思い、次回の打ち合わせ会議にこの一作を持ち込むことにした。

 重責が果たせるか否かは、現地でのオーナーシェフの反応次第である。・・・「これで、お願いします!」と一言。その一言が出るまでの時間は十数秒だったと記憶するが、筆者にとっては相当長い時間が経ったように思えた。

 結果的に、幸運にも筆者のロゴが選ばれた。正直なところ、ロゴデザインを制作する場合、今回のように頭を痛めたことはなかったが、スタッフが「いつも遊び半分でしたが、今回は真剣でした!」と言われて、なるほどと頷き、苦笑してしまった。

▼過去記事
http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1498575600Link
http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1499871600Link
http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1531050857Link
http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1531244928Link


enokizono



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2018/7/29 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp