ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 普茶料理

無念の一語に尽きる・・・

▼写真下は、一人前の霊巌寺普茶料理(当時5000円/2009年撮影)
reiganji


 八女茶発祥の地として知られる霊巌寺(れいがんじ)。同寺は福岡県八女郡黒木町笠原の山林に囲まれたところにあり、普茶料理でも有名な食事処。自称グルメ通の筆者にとっては、京都の天龍寺に勝るとも劣らなぬ普茶料理のお寺さんとして、すこぶるお気に入りだった。今まで、数回は足を運び、その普茶料理を堪能している。

 三十三年ほど前(新聞社時代)に初めて訪れ、自然てんこ盛りの優しい普茶料理に感銘を受けたのであった。豪雨が続く昨今、甚大な被害が出ている福岡県や大分県の情報を知り、同寺や女将さんことが気になり、唐突に電話をしたのだった。(五年前の大水害の時にも安否確認の電話をしている)

 電話先の息子さん(現在の種田明道住職)にお母様のことを尋ねると、残念ながら昨年他界されたとのこと。言葉を失ってしまった。無念の一語に尽きる。最後にお会いしたのは2009年(料理写真を撮影した時)で、当時、筆者が引率したロゼッタストーン異業種交流会のメンバーを、心から世話をしていただいた女将の笑顔を思い出される。

 実は、全国各地に多くのファンを持つ同寺の「普茶料理」だが、昨年、お母様が他界されてからは休止しているとのことであった。手間暇のかかる普茶料理だけれども、何とか近い内に再開していただければと、切に願うばかりである。ちなみに、住職によれば、再開を目指して試行錯誤しているとのことだったので、正直、ほっとした。

 ふと気付いたのであるが、以前、NHK連続テレビ小説「ほんまもん(放送期間:2001年~2002年)」の主人公のモデルとなった、かの有名な故 村瀬明道尼(月心寺)の法名が、偶然にも、霊巌寺の息子さんと同じ「明道」であることに、何か不思議な気持ちとなった。・・・何かのご縁なのだろうか!?

 ※月心寺も、同じく、三十三年ほど前(新聞社時代)に足を運び、酒の一升瓶を片手にした村瀬明道尼を前に、見事な普茶料理を食したことがある。


【霊巌寺】福岡県八女郡黒木町笠原

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/7/10 12:00 am

村瀬明道尼より料理の心を学ぶ・・・

▼料理写真は、日本料理 ENOKIZONOで食したランチ。
D75_3528


 日本料理 ENOKIZONO(店主:三代目 榎園豊成氏)へ、久しぶりに足を運ぶことにした。

 本日、すごく衝撃的だったことは、榎園豊成氏が若かりし頃、月心寺の村瀬明道尼(2013年7月19日没)より料理の心を学んだと言う。正直なところ、熊本県内で村瀬明道尼を直接知る人は皆無に近いと思っていたのだが・・・眼前に居た。驚きだった。

 随分昔・・・33年ほど前のこと。RICOHが主催していた「MUG(マイツール・ユーザーズ・グループ)」で、筆者が全国講師をしていた頃の話だが、その仲間たちと月心寺の村瀬明道尼を訪ね、すこぶる美味しい普茶料理を食したことがあった。名門吉兆も絶賛するという、日本一の胡麻豆腐もしっかりと食した。

 その村瀬明道尼より料理の心を学んだとなると、これは只者ではない。筆者も33年前(新聞社時代)に月心寺へ行き、和食(現在ユネスコ無形文化遺産)の奥深さ、繊細さとその心を体感したのだが、それ以来、明道尼のファンとなり、書籍を買いあさったこともあった。・・・筆者主宰の「先見塾」のカリキュラムの一つでもある「食文化」の原点は、実は、この月心寺にあった。

 そんなこんなを想い出しつつ、本日は、鮎の塩焼きやレトロな和風ハンバーグ、サイコロステーキなどを楽しませて頂いた。拘りの職人が創った料理は、インパクトが強い。それも、ボディーブローのようにじわじわと効いてくる。それもリーズナブルで提供されるとなると、また、行きたくもなる。食いしん坊にとっては、とても恐ろしく嬉しい食事処となる訳だ。

◎月心寺(〒520-0062 滋賀県大津市大谷町27-9)
 http://gesshinji.jp/guide/Link


D75_3456


D75_3484


D75_3448


D75_3532


D75_3539



◎日本料理エノキゾノが移転/以下は店主からのメッセージ 2018.7.8現在)

<移転のお知らせ>

 平素は当店をご利用いただき、心より御礼申し上げます。さて、このたび熊本市中央区の新屋敷に移転の運びとなりましたことをお知らせいたします。突然のことで驚かれるかと思いますが、移転と申しましても近くです。現在の店舗大江は閉店いたしました。また、オープン日は夏頃を予定しておりますが不確定な為、このような中途半端な形での報告となってしまいますことお詫び申し上げます。確定しましたらお知らせいたします。今後とも宜しくお願い申し上げます。

▼「えのきぞの」の移転先(2018年8月3日情報)
  〒862-0975 熊本市中央区新屋敷1丁目9−19 濫觴77A(8月下旬開店予定)
  電話番号:096-211-5525(8月下旬開通予定)

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2017/6/28 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp