ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 旧細川刑部邸

そろそろ、桜吹雪。

800_5655


 熊本全体が、桜一色となった。例年よりかなり早めの開花から数日。旧細川刑部邸の駐車場サイドの桜は、風の道もあるのか、すでに桜吹雪。金峰山方面を眺めながらの、とてもレアな光景である。水曜日というのに、駐車場はほぼ満車の状態で、木陰で弁当を広げている家族連れも多く見られた。

 この二日間は、昨日は28mmの広角、そして本日は15mm-30mmの広角と、日頃とは真逆のレンズ選択で、桜に挑戦した。太陽光は初夏のように眩しく、痛いほどである。ジャケットなど着ていては、丹前着てコタツの状態。木陰はやや涼しいけれども、冷たい飲み物必携でないと、倒れそうだ。

 花の撮影では、個人的な好みの問題だが、どうしても梅花の撮影の方に力が入る。桜が嫌いということではないが、花びらの厚さと丸みの問題なのだろうか。いや、野鳥を追うことが多く、小鳥たちは桜の花よりも梅の花に集まるようで、それが一番の理由であるようだ。

 今週末から来週にかけてが最後かなと思いつつ、帰途についた。


800_5765


800_5767


800_5756


800_5734


D60_8179



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2018/3/29 12:00 am

雨の梅花にフォーカス!

D75_7567


 生憎の雨が続く。よって、熊本県護国神社へ行き、雨が止むのを待って、梅の花を撮影することにした。小糠雨が降っていたが、どうやら、雲の隙間に光が射し、撮影には問題ないようだ。

 雨が止むと、メジロが梅の木々の間を飛び交い始めた。望遠レンズを忘れ、今回は、標準レンズ50mm f1.4を装着しての撮影だ。先般、雲一つない真っ青な空の下で撮影したが、どうもビビッドで眩しすぎて、梅のしなやかで可愛い絵面が撮れなかった。

 今日は、雨交じりの曇天だが、時に太陽光が差せば、花びらや葉、枝などに付着した水滴がキラキラと光り、すこぶるしなやかな絵面になりそうだ。筆者は、花も鳥も、炎天下の中で撮るのは避けたい人間の一人で、このように曇天で薄暗い中で、被写体の中心にフォーカスを刺すのを好む。

 今回はマクロレンズでないので、突っ込んでの撮影は出来ないけれども、雨のことなど一切忘れるほど、同梅園をあちこち歩き回った。


D75_7572


D75_7692


D75_7714



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2018/3/9 02:52 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp