ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 旧細川刑部邸

紅葉のライトアップが楽しめる、旧細川刑部邸。

DFD_9797


 梅の花の頃から久しぶりの旧細川刑部邸である。今回、その庭園が12月2日まで無料開放されると聞いて、早速足を踏み入れた。逆光気味の時間帯ではあるが、太陽光に透けた真っ赤な紅葉が同園を包み込んでいた。

 カメラをぶら下げた観光客やカメラマンが庭園内を散策している。木陰の中で紅葉を接写していると、背後から声が聞こえてきた。八景水谷公園でよくお会いするフリーのカメラマン。「良い場所で撮っていると思ったら、やっぱり!!」と。

 ちなみに、開園は午前8時半だが、ライトアップのサービスがあり、この期間中のみ午後8時まで楽しめるとのこと。次回は三脚持参でスローシャッターでも試みようかと・・・。しかし、外は風が出てきて少々寒くなってきたので、夜間に撮影される方は、ヒートテック着用で入園された方が良さそうだ。

※12月2日まで、同庭園を無料開放!
※ライトアップは、17時から20時まで。(開園:8時半)


DFD_9779


DFD_9612


DFD_9624


DFD_9637


DFD_9644


DFD_9676


DFD_9704


DFD_9707


DFD_9726


DFD_9739


DFD_9775


DFD_9782



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2018/11/20 01:54 am

本殿に朝顔・・・

DFD_7238


 猛暑で、なかなか日陰を見つけるのが困難な熊本市内中心部。旧細川刑部邸へも行きたいが、熊本地震の被害が大きく、この頃やっと外塀の修復が始まったようだ。よって、その先にある熊本県護国神社へと足を踏み入れた。

 しかし、この暑さでは野鳥も静かなもの。野草も美しい花を咲かせるものも殆どない。

 参拝しようと本殿へ近づいて行くと、何と朝顔が蔓を這わせ、花を咲かせていた。早朝から来れば、もっと美しい花々を見ることができるのだろうが、ややしょげ気味の朝顔を横目に、お参りをさせて頂いた。

 県外からの観光客のご婦人お二人が、がま口を開きながら御賽銭箱へと向かっていた。ガランガランと音がしたかと思うと、自撮り撮影をしていたようだ。

 熊本は、どこもかしこも、まだまだ熊本地震の爪痕が見られ、気が遠くなるような復興事業が展開されている。ようやく、熊本城大天守の屋根部分は見えてきたものの、元気な姿を見れるのはいつになるのか。・・・花畑界隈の再開発も動き出しており、2年後が楽しみと言ったところだ。


DFD_7239


DFD_7241


DFD_7249



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2018/8/19 03:02 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp