ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 所作

『人を見抜く』・・・どんなに外面良かろうが、格好つけようが、所作や対応で、実像が炙り出される!

pen


 人は、自分なりの感覚にて、他人と接している。常に鏡に映る自分自身を客観視している人ならば、日々洗練、熟成されて行くが、付け焼き刃的に騙し騙しのスタイルで他人と接する人は、あちこちから違和感が噴き出してくる。

 『人を見抜く』というのは、善きも悪きも、世渡りするには、必要不可欠なスキルとも言える。見抜ける人の周囲は、安全牌の方々が多い。それに反し、見抜けぬ人の周囲は、怪しい影が見え隠れする。両極端なる「類は友を呼ぶ」ということだろう。

 人を見抜いた瞬間、その人の民度がどれだけのものか、仕事へのプロ意識がどの程度のものかをキャッチできるのが、面白くもあり怖いところだ。また、仮面を被って実像を隠している人は、見抜かれていることに気付かぬことが多く、ある程度の年齢に達していれば、改善の余地なしとなる。

 ここで、あくまでも筆者的『人を見抜く』の一部を書き綴ることにする。

 先ず、眼前に立つ人の洋服の着こなしやベルト、靴、そして装飾品などが目に入ってくる。筆者は庶民の庶民であるが故に、ブランド品バリバリで、且つ、似合わぬ人を見ると、つい目線を逸らしてしまう。決して、妬みレベルの話ではなく、価値観の違いをまじまじと見たくはないからだ。

 男性の場合は、靴を見れば直ぐわかる。庶民の筆者であっても、ホテルや公的施設の時、普段の取材の時、そして土砂降りの雨の時など、アバウトだが、TPO(Time、Place、Occation)にて、失礼ながら三種の神器ならず、三種の靴を準備している。勿論、手入れは同様に行っているものの、古いものが雨対応、小慣れしたものは普段の取材、そして、新しい方はホテルや公的施設対応としている。

 自宅玄関でバタバタしている時など、たまに靴を履き違えることもある。その時、突然のホテル訪問を断念し、普段の取材地へと。どうしても公的施設にボロ靴で行かねばならなぬ時は、車の中で冷や汗かきながら埃を拭き取り、チョロンと磨く。

 しかし、日頃から足繁く通うシティホテルへは、普段着と普段履で足を運んでいる。何故なら、そこで最高のコスチュームで出入りするのは、筆者としては些か不自然であり、日頃から普段着と普段履で、ランチを楽しむようにしている。

 では、『人を見抜く』は、具体的に、どのような所作なり行動で実像が炙り出されるのだろうか。以下、実体験に基づき、大なり小なり違和感を持ったものをランダムに列記するので、読者の方々も、ご一緒に考察していただければと。

1)約束時間を大幅に遅延しても、フォローや謝罪もない人。
2)会議で集まっても、話し合いの途中で何度も寸断させる人。
3)名刺交換の時に、片手でぐしゃっと粗野に扱う人。
4)ご馳走しても、感想もなければ、御礼の言葉もない人。
5)電話をしても、コールバックがない人。
6)メールを送信しても、返信がない人。
7)訪問する約束をしても、受け入れ態勢のない人。
8)食事時間帯に会議を強行する人。
 ※自分だけさっさと食事を済ませている。
9)会議資料を事前に渡しても、その資料を持参しない人。
10)トイレに行ったふりして、割り勘無視して帰宅する人。
11)長時間の打ち合わせで、お茶も出さない人。
12)会議開催直前に、その場でドタキャンする人。
13)会食で皆に料理が行き渡らずとも、さっさと喰い始める人。
14)紹介される人の立場や履歴を把握せず、粗野に取り扱う人。
15)信義則を軽視し、契約外業務を厚かましくも要請する人。
16)接待を受ける時に、「頂きます」、「ご馳走様」がない人。
17)ホテルレストランで食事中に靴を脱ぐ人。
18)食事中に何度も席を外し、電話をする人。
19)全員の会費(現金)を集めて、支払いに自分のカードを使う人。
 ※会社経理へは「接待費」として申告し、現金を巻き上げる魂胆。
20)他人の個人情報(誹謗中傷)を公然とぺらぺら喋る人。
21)我が事は恩に着せるが、人の恩はさっさと忘れる人。
22)他人のキープ(酒)を勝手に呑む人。

 実体験を挙げればキリがない。しかし、どれもこれも分かり易い愚行としか言いようがない。本人は至って普通に、当然の如きの所作、対応なのだろうが、『民度』が余りにも貧弱であることが浮き彫りとなる。

 以上、ランダムに書き綴ったものの、1)〜22)までを何度も読み返すと、結局、身勝手で他人様に迷惑を掛けているという認識はなく、毎回、同様の失態を繰り返しているに過ぎない。

 万が一、上記のような知人友人がいるのならば、先ずは、忠告。それでも改善の余地なしとなれば、じわじわと疎遠に向けて、ベクトルを切り替えるが懸命なる舵取りとなる。

 最後に重要なことは、『人を見抜く』前に、自分自身の所作、対応については、より厳しい目をもって、常にブラッシュアップする姿勢を維持することが、一端の経営者と言えるのではないか。

 『人の振り見て我が振り直せ』。


▼2022年7月28日に菊池川(熊本県山鹿市)
KIKUCHIGAWA20220728


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2022/7/29 12:00 am

一瞬の所作・・・その人の民度全てを物語るほど、恐ろしくもあり、恥ずかしくもあり・・・。

newstop


 昨日、こんなことがあった。別に取り立てて記事にするようなものでもないが、その一部始終を再検証してみたいと思う。

 現場は、或る商店。若い女性アルバイトがレジに立っている。まだ新人なのか、立ち姿も目配りなど板に付いていない。何となく嫌な予感がした。

 レジ袋が何枚要るかのシミュレーションができていない。更に、商品扱いが粗雑であり、笑顔がない。一つ一つの所作がとても気になってしまう。

 筆者が嫌うのは、店員の商品扱いの粗雑さである。特に食べ物となれば、迅速正確にパック詰めしなければ、空中の砂塵が食品に付着する。

 パック詰めに時間が掛かり、無理やり一つの容器に沢山詰め込もうとしている。惣菜自体が潰れる可能性もあり、惣菜の種類によっては、匂いが混る。

 さて、これから本題の「一瞬の所作」である。ほんの一瞬であるが、この無意識な所作により、その人の民度レベルや生活環境が透けて見える。非常に怖い瞬間となる。

 今回、クレームを入れたのは、上述の惣菜のパック詰に時間が掛かり過ぎており、何度もトングを使って惣菜を掴んでは放し、弄り回している。既に、失態の始まりである。

 また、袋が一枚しかなかったので、追加したのは良いが、袋詰めした一つの袋を、本人の正面から左へ移動しようとしている。しかし、ここで手の甲を使い押し出したのであった。

 これが今回の最悪の所作として、指摘されることになる。その動きがスローモーションのように見えてしまうのだが、手の甲で横にずらすという行為は、「あっち、行け!」である訳だ。

 お客が購入した商品が入った大切な袋へ「あっち、行け!」となれば、そのお行儀の悪さと商品扱いの粗雑さに唖然としてしまう。

 或る人にそれを尋ねれば、「所詮、そんな店でしょ!」と見下す人もいれば、「え〜、ありえない。日頃の生活が見透かされるようで恥ずかしい!」と言う人もいる。

 全て支払いが終わり、要らぬ世話だが、苦言を呈する事にした。勿論、指摘したのは惣菜の取り扱いと袋の「あっち、行け!」である。

 ところが、それを聞かされた女性アルバイトは何食わぬ顔で、ポーカーフェイス。全く、指摘されたことへ耳を傾けることもなく、猛省など皆無であった。

 だから、「所詮、そんな店だから!」と見下されてしまう。このような一瞬の所作が罷り通るとなれば、その店には、それなりのお客しか足を運ばなくなってしまう。

 ここは高級ホテルだから、ここは小さな民宿だから、ここは山小屋だからと、その施設によって、所作を上品から下品に、ギアを入れ替えること自体、おかしな話である。TPOとは、ちょいと違う。そこがどんなに小さな店であっても、商品取扱いに上中下はなかろうと・・・。

 自分の一瞬の所作が、恥ずかしさの境界線を逸脱しているのか否かの、自己チェックができないレベルであれば、今の段階にて、店頭に立たせるには時期尚早である訳だ。

 おいおい慣れればという楽観的な教育ではなく、店の顔でもあるレジに立たせるには、しっかりとした教育、訓練をした上で、初めて立つことができるのではなかろうか。

 その店では、これまで何度か爆弾を落としたことがあった。それは、知り合いでもある店主のこと、店のことを思う微力ながら応援しているからこそであるが、少しでも思いが伝わればと・・・。

 face to faceでの接遇は、言うは易し行うは難し。どこの店でも同様に、ヒューマンウェアの獲得、育成に苦労しているに違いない。最近では、「習ってませんので!」と言い訳されるのがオチとなる。

 以前、記事で取り上げたことだが、大の大人(アラサー)が、ご飯茶碗の持ち方さえも分からず、奇妙にも、茶碗を左手で上から掴んでいた。幼い頃から、どんな躾をされたのかと閉口したことがあった。シティホテルのレストランでのハプニングだったので、こちらが恥ずかしくなった。

 それを思い出す度に、その人物の日頃のライフスタイルが見え隠れするのだが、赤恥かいていることさえ気づいていない。それがマスコミ関係者であれば、尚更のこと。注意を受けて、逆ギレするのだから、先々出世しようとも、また同じ恥の上塗りをするに違いない。

 一瞬の所作は、本当に恐ろしい。


▼子育てに大忙しの燕の親たち(孔子公園内)
Z7D_3600


Z7D_3633


Z7D_3626


Z7D_3612


Z7D_3604


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2022/6/22 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp