ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 山鹿市

一つ目水源の春!

800_6391


 一つ目神社の奥にある、一つ目水源。公園は整備されているというよりも、ほぼ、自然にお任せという環境なので、四季折々の動植物を思う存分楽しむことができるところである。ただ、イノシシとは遭遇したくはない。

 今回は、桜散る頃となったので、山手はまだ大丈夫かと思い、同神社に足を運ぶことにした。いやはや、日々初夏の暑さが続いていたので、期待に反して、桜はほぼ散りかかっていた。

 一眼レフを片手に歩き回ると、田んぼの畔のところにアザミ、小川を包み込んだクレソン、桜の木の根元にはキンポウゲ、湿地帯には土筆の姿があった。また、キンポウゲに執着するナミアゲハや、草陰を飛び回るアマガエルやツチイナゴ など、次から次へと、「ひょっこりはん」のように顔を出して来た。

 とても狭いところだが、すこぶる良い被写体があるものだと感心してしまった。以前の記事に書いた記憶があるが、昔々の「モウセンゴケ」とやらは、どこに自生しているのだろうと、今回も発見できずに帰途についた。


800_6417


800_6462


800_6487


800_6512


800_6558


800_6565



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2018/4/3 12:00 am

大番の麺が蘇る!

ohban3


 何故か、二日連続でラーメン店を訪ねることになった。今回立ち寄ったのは、大番(熊本県山鹿市 芝居小屋 八千代座近く)である。50年以上の歴史を持つ、老舗ラーメン店である。

 先般、立ち寄った時は、地震の影響で、長年使っていた麺の調達ができなくなり、四苦八苦していた頃だった。今回、チャーシュー麺を注文すると、昔ながらの麺に戻っていたのだった。

 「やっぱり、この食感で、この味ですね!」と言うと、店主が「分かります?」と、にこやかに答えてくれた。これぞ、山鹿ラーメンの元祖的存在だが、場所がちょっと入り込んだところ(お寺さん近く)にあり、初めての観光客には見つけにくいに違いない。

 実にもったいないラーメン店だと、いつも思いつつ、チャーシュー麺を数分で完食して、帰ることにした。このチャーシュー麺で750円。とてもリーズナブルだが、この金額でやっていけるのかと、逆に心配するほどだ。

 それから同店の裏手にある駐車場へ向かおうとすると、わざわざ店主が外まで見送りに来てくれた。

 「わざわざ遠いところからおいでいただき、ありがとうございました!」と。

 車に乗り、再び同店の前を通過しようとすると、その店主がそのまま立っていて、会釈して見送ってくれた。

 ご高齢の店主だが、麺やスープのこだわりは人一倍あり、とても頑固である。しかし、目の奥はすこぶる優しい心の職人のように思えてならないが、少しでも売り上げ協力できればと思いつつ、その場を立ち去った。


▼とても美味しい「大番」のチャーシュー麺 750円(通常のラーメンは600円)※iPhoneで撮影
ohban2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2018/3/22 01:26 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp