ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 守銭奴

実話・「守銭奴」の愚策と実態・・・

▼記事内容と写真は関係ありません

DSC_0624


 随分前に遡るが、目の当たりにした「守銭奴」の愚策に腰を抜かした事があった。或る日の会食の事である、11名の仲間が集い、町場のフレンチレストランにて、ゴージャスな料理を楽しむことがあった。会費は一人1万5千円。

 さて、2時間ほどの楽しい会食が終了し、レジでの清算となる。ところが、その中から或る人物が幹事の如く現れ、各自から1万5千円、15万円を徴収したのだった。「ここは良いですから!私が済ませます。」と言いながら・・・。

 何事もないかのように、その即席幹事はテーブル席をぐるりと回り、自分以外の人たちから合計15万円を徴収し、レジに向かった。そこで、即席幹事は定員に向かって曰く「このカードでお願いします。」と。周囲の人たちは首を傾げながら、店を出た。

 即席幹事の後ろを通りながら見えたのは、徴収した現金をポケットに詰め込んでいた瞬間だった。この愚策は見え見えではあるが、良い気分ではなかったことを覚えている。その即席幹事のメリットは以下の点であろうか!?

(1)全部で16万5千円をカードで切れば、全額が自分のカードのポイントになる。
(2)16万5千円の領収証をその会社経理に渡せば、15万円の現金は私的なものとなる。
(3)即席幹事は経営者なので、その会社が全額を「接待費」として落とすことになる。

 開いた口が塞がらないが、2次会は予定して無かったので、店の外で解散となった。しかし、その即席幹事は意気揚々の足取りで歓楽街へ消えて行った。現在、その会社は無くなっているが、この「愚策」こそが全てを物語っているのである。

 また、「役員の職位を悪用したトラップ」という手法もあるようだ。

 これは、先輩後輩という間柄で巧妙に仕組まれたトラップだが、それを平然と長年続けている人物が居る。

 例えば、その先輩が後輩を呑みに誘うとする時、必ず、「俺が、おごってやる!」といった雰囲気を鼻先に付けている。蓋を開けてみると、高級クラブへ足を運び、レジにて法外な額を支払うことになる。

 そこで、その先輩は、「俺が、払っておく!」と、現地では、後輩は「申し訳ないです!」と思わざるを得なくなってしまう雰囲気。ところが、領収証をしっかりと握った先輩は、店の外に出て、「割り勘だよ!」と言って、20万円の内、半分の10万円を後輩から捥ぎ取るのである。

 つい先ほどまで「申し訳ないなあ!」と思っていた後輩だが、自宅に帰ってよく考えてみると、役付きの先輩が、翌日20万円の領収証を経理に持って行けば、経理は何も疑うことなく全額を渡すだろうと・・・。

 結局、このトラップは、先輩後輩の間柄を姑息にも自らの利益の為に仕込んだ「愚策」なのである。(本人は「秘策」だと思い込んでいるが)

(1)20万円は会社が接待費として負担することになる。
(2)後輩は10万円の現金を個人負担で凹むことになる。
(3)先輩は後輩から10万円を捥ぎ取ったことになる。

 どう見ても、これは詐欺でもあり、横領でもあり、背任行為でもある訳で、常に威圧的な先輩が後輩を利用した、小銭稼ぎであることは明明白白となる訳だ。しかし、「秘策」どころか「愚策」の連続に、周囲は「分かっていても、勝手にやってるから仕方ない。」で済ませているのだろうか。

 このような「守銭奴」が周囲にいてもらうと、すこぶる困るのだが・・・これが民度の低さと相まって、周囲に多大なる迷惑を掛けているところに、何もメスが入らないのがおかしな話となる。


DSC_0655



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/11/6 11:20 am

気付きのある人、ない人。

850_3118


 高度情報化時代となり、周囲の情報に埋まってしまい、自分自身に必要な情報さえも逃してしまう人々がいる。

 現代のクロスメディア時代は、旧媒体である電波媒体(テレビ・ラジオ)、紙媒体(新聞・雑誌など)と融合しつつ、更に、情報量は莫大なものとなっているので、TwitterやFacebook、Instagramなど、リアルタイムに流れるSNS情報の価値は俄かに高まっている。

 しかし、蓄積すべき情報も同様に必要不可欠ではあるが、地球上からオーバーフローしようとしているビッグデータを、如何に選別して、自らの生活や仕事に活かして行くかは、「気付きのある人」のみの特権となる。よって「気付きのない人」は、その情報の波に流され、目標を失い、脳内はパニック状態に追い込まれる。そして、愚策・愚行を繰り返す。

 何事も「気付き」は、重要なファクターの一つ。しかし、「燕雀知らず天地の高さ」の領域に生息している人たちは、狭い了見にて、目の前の事象を客観的に捉えることができず、知らぬ間に常識に歯向かい、稚拙なる独断と偏見にて、自らの正当化の為に右往左往している。

 実に情けない話だが、上述のような人たちは、想定外に多い。会社経営のバトンタッチにおいても、「老害」という津波を引き寄せては、自らの過去の栄光に浸るだけで、後継者の教育もすっかり忘れ、ただただ醜態を曝け出して日々を送る人たちがいる。

 独裁者の思考回路と結末は、古今東西、普遍的なもの。最後の最後まで自らの愚策・愚行を認めず、屁理屈を並べ立て、自画自賛に走り、全てを正当化するのみで、己の「信頼の失墜」さえも気付きがない。加えて、醜態を曝け出すことが「人生における最大の汚点」と感じず、後戻りできない狂人の道へと・・・。

 更に、生まれながらに守銭奴の経営者は、社員やその家族の将来の生活なんぞ感知せず、ひたすら、我が身のために銭を追うだけの話。地位にしがみ付き、名誉にぶら下がり、銭の流れに涎を垂らす輩。それは、醜態という言葉で簡単に表現できぬほどの、愚かさ、さもしさ、情けなさの総本山の様相を呈している。

850_3123



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2019/6/29 02:49 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp