ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 夕景

直線距離10kmで夕景の撮影・・・

500_3010


 最近、なかなか美しい夕焼けに恵まれなかったが、本日は西の空が赤く染まるかと思い、オフィス窓から直線距離で約10km先の金峰山(標高665m)方面の夕景を撮影することにした。完全日没5分前のことである。

 機材は、Nikon D500+Sigma 150-600mmの組み合わせで、フルサイズ換算であれば900mmの超望遠レンズで撮影することになる。手持ち撮影なので、シャッターブレや手ブレなど覚悟しながら、太陽が山陰に完全に隠れた瞬間に十数枚を撮影したのだった。

 太陽をファインダーで見るのは厳禁。ただ、太陽を大きく写しても面白くないので、山陰に隠れた後の空のグラデーションと影絵のような金峰山や電波塔の絵面を期待しての撮影とした。

 太陽が沈むまでは、液晶画面でライブ映像を確認しながら、太陽の姿が消える瞬間からシャッターを切っていった。電波塔にフォーカスを当てるも、本当にブレがないのか自信はない。のるかそるかの連写で、誤魔化そうかと・・・。

 このようなケースでは、でっかく頑丈な三脚が必要となるけれども、ある友人の知人で有名なプロカメラマンが、「60歳過ぎたら超望遠レンズの手持ち撮影で、F1なんぞ撮れませんよ。だから、今は静かな花々を撮ってます。」という話を思い出したので、やはり死ぬまで手持ち撮影で頑張ろうかと・・・。(しかし、フォーカスを合わせるのが大変!)

 蛇足だが、カメラからの距離が10kmで金峰山の標高が665m。こちらのオフィスの標高が72mなので・・・
 ((665m-72m)÷10000m)×45度=2.6685度(約2.7度)の仰角なのかと・・・!?


500_3041


500_3049


▼ついでに北の空に浮かぶ雲とアドバルーンも撮影
500_3051



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/8/28 12:00 am

落陽とサンダーヘッド(入道雲)

▼本日の落陽と雲、そして飛行機
D75_6368


 本日は知人宅を訪ね、川風を受けながら、四方山話を楽しんだ。数十年ぶりに美味しい饅頭を3つも頂き、幼い頃を思い出したのだった。そうしている内にあっという間に時間が過ぎてしまい、午後5時となった。

 オフィス近くに到着したのは午後6時過ぎ。結局、途中で数羽の白鷺を確認したものの、撮影するまでには至らず、そのままオフィスへ戻ることにした。玄関を入るや否や、窓からちょっと美しい夕焼けになりそうだったので、荷物を玄関に置き、カメラだけを持って高台へと。

 しかし、撮影するほど美しい西の空ではなかったので、1枚だけ撮って戻ろうとしたところ、東の空を見上げると、大きな入道雲が頭上に伸びていた。こんなに近くに入道雲を見るのは珍しく、レンズも24-105mmと、撮影にはバッチリだったので、山向こうの東の空全体が見える位置へと移動した。

 入道雲は英語では「Thunderhead」と言う。雷の頭ってことは、下手すると、落雷の恐れありなのかと思いつつ、車のドアを開けたまま、数分間雲の様子を伺いながら撮影することにした。かなりの速度で入道雲は上へ上へと伸びて行き、見上げれば、今にもこちらへ倒れてくるのではないかと思うほどの迫力。

 西の空の落陽の光が反射して、真っ青な空にモコモコと突き出す入道雲。思ったような絵面にはならないが、ちょいと珍しい色の入道雲を切り撮り、帰途につくことにした。


D75_6454


D75_6463


D75_6473


D75_6493


D75_6511



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/8/18 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp