ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 四季の味 やまもとや

四季の味 やまもとやを訪ねる・・・

▼四季の味やまもとやのあら炊き
800_8037


 今日はあら炊きがあると言う。「あ」という言葉が聞こえた瞬間に、「是非」と言ってしまうほどお気に入りとなっている。

 あら炊きは、「鯛」である。昨年のグランドオープンから数回食したが、今回のあら炊きは分厚くジューシーで、瞬時にご飯茶碗が空になる。

 大きな目玉もトロトロ。・・・グランドメニューはたくさん有るものの、つい、あら炊きを選んでしまうのである。

 また、写真下は女性に人気の松花堂。時期によって小鉢などの食材が変わるのを見ているだけで、楽しくなってしまう。

 ちなみに、ランチコースには、デザートとコーヒーが付いているので、リーズナブルで満足度が高い料理としてオススメしたい。


▼四季の味やまもとやの松花堂
800_8013


800_8002



◎四季の味 やまもとや公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/yamamotoya/Link
◎四季の味 やまもとや過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoyaLink

文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2019/3/6 03:49 am

恐るべし、小さな花々の力・・・

800_7971


 足繁く通う、ホテルレストラン。週替わりで、テーブルフラワーがご挨拶。その花の彩りや香りにて、サーブされてくる料理が、すこぶる引き立つ。写真上のように、リーズナブルでこってりランチでさえも、テーブルフラワーの力で、ぐっとゴージャスさが付加される。

 筆者が子供の頃は、棒を振り回し、走り回り、暴れまくりの毎日だったので、カメラに興味があろうとも、まさか、大人になって花々の写真を撮るようになるとは、想定外のことである。夏休みの自主研究の宿題では、「押し花」を作ってくるのは女子に決まっていた。

 そんなやんちゃな時代を思い出すと、テーブルフラワーや山野草にレンズを向ける瞬間に、少々恥ずかしさが脳裏を過るのは否めない。ただ、撮影を重ねて行く毎に、花々は四季の移り変わりを、私たちにそっと教えているのだろうと、最近は考えるようになった。

 話を戻して・・・テーブルフラワーが飾られている食事処は、花や花器のチョイスにより、品格が無言の中に伝わり、そのオーナーの日頃からの料理への拘りや、美的センスが伺い知れると言うことになる。よって、食事処にとっての花々は、必須アイテムの上位に位置するものとなる。

 以前、小笠原流礼法宗家の小笠原忠統氏のご自宅(東京)を訪ねた折に、座敷欄間近くに、早朝に川の塘で摘んだという野草の小さな花についてお尋ねした事があった。小さな花でも、広々とした座敷の空間を一瞬にして変えてしまう力がある。同宗家のお話を拝聴しながら、その花を見て、鳥肌が立ったことを思い出した次第。

※故 小笠原忠統(おがさわらただむね)氏
 小笠原惣領家第三十二世(伯爵)

▼熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏のテーブルフラワー

800_7935


850_9391


850_0270


▼熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏の入り口左手の大作
850_9414


▼四季の味 やまもとやのテーブルフラワー
 http://www.dandl.co.jp/yamamotoya/Link
500_2956


600_9962


800_5718



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


                     

  • posted by Chikao Nishida at 2019/3/4 03:51 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp