ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 名園

外国人観光客が集まる、水前寺成趣園!

D75_2937


 年明け初の訪問となった、水前寺成趣園。寒波到来の狭間で、ちょうどポカポカの天気だった。

 いつも元気な声で挨拶をしてくれる、同園内の写真屋さん。既に4組ほどの記念撮影の依頼があって、ニコニコのご様子。

 ふと水面を見ると、年末いなかった百合鴎の軍団が沢山飛来している。観光客がばら撒く鯉の餌や鳩の餌を目掛けて、空中戦を繰り広げていた。いつもの主役である鴨たちは大人しく、今日は百合鴎に押され気味のようだ。

 また、青鷺は何度も魚獲りに挑戦するものの、失敗ばかり。浅いところで小魚を狙うのは良いが、深みのところで大物を狙っても、口に入るはずがない。少々、マイペースすぎる青鷺は学習能力に欠けるのだろうと・・・。

 少々、動物園のイメージを受ける同園だが、次第次第に海外からの観光客が増えることは良いことだ。しかし、土曜日というのに、シャッターが閉まっている店が多かったのには、驚いた。


D75_3090


D75_3546


D75_3115


D75_3924


nishida



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2017/1/23 12:44 am

住めば都の野良猫くん!

gyoubutei-top


 先般、紅葉を楽しめるようにとの計らいで、一部一般公開し、ライトアップの演出まで行った旧細川刑部邸。本日足を運ぶと、開門しているものの、同駐車場からの通り道程度の開門で、予想通り、邸内を見ることはできなかった。

 よって、熊本市立博物館側の長塀やその周辺を撮影することにした。長塀はシュールなピアノの鍵盤のように、畝って倒れている。ただ、全て途中から折れずに繋がったままの状態に驚いてしまった。

 そこには1匹の野良猫が居た。目はブルーグレイで和洋ミックスであることが分かったが、顔つきは決して可愛いとは言えないが、その挙動を追ってみることに・・・。道路側を見て鳴いては、急にストレッチをしたり、数分後に、筆者のカメラのシャッター音が気に入らないのか、さっさと邸内へ消えて行った。

 彼にとっては、貴重な長塀が倒れていようが、その他の家々が傾こうが、住めば都のようだ。震災前には国内外から大勢の観光客が来ていたので、今や、静かになった邸内で、思い切り遊びまわっているのだろうと。(餌として何を食べているのか気になったが・・・)

 帰り際に、警備員なのか見張り役なのか分からないが、次の一般公開の時期を聞いてみた。すると、「来年の紅葉の頃でしょうね!」と言い放った。邸内には素晴らしい梅園もあるのに、「1年先に一般公開なの?」と強く聞き返そうかと思ったが、観光地として重要な役割を果たしている旧細川刑部邸。その女性警備員?の心無い言葉に閉口してしまった。


cat


gyoubutei



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2016/12/22 01:06 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp