ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 厚顔無恥

馴れほど、恐ろしいものはない。・・・何故、「ウクライナ疲れ」なんぞ、軽々に言えるのか???

pen


 2月24日にウクライナ危機が勃発し、世界中の人たちの心に戦慄が走った。目を覆いたくなるような、ロシアによる殺戮の模様が毎日のように報道される。

 結婚間もない最愛のパートナーを喪った人。生まれたばかりの赤子を亡くした母親。家族全員が虐殺され、運良くただ一人生き残り、全身を震わし泣き叫ぶ幼子。皆、涙も枯れてしまったに違いない。

 路上には、拷問を受け、遺棄された遺体が散在している。瓦礫の下に生き埋めとなり、無念にも絶命した何百、何千体もの遺体。国内ネットでは、その惨状描写は制限されているが、海外メディアでは、ダイレクトに伝えた。

 2月下旬から、テレビの報道番組やネットニュースに釘付けとなり、リアルタイム情報を見ては、ロシアの独裁者とその仲間たちの蛮行を、誰も止めることができないというもどかしさに苛まれる毎日であった。

 350年前のピョートル大帝が宿ると豪語するプチ爺さん。漫画のような挙動や下手な演技に喝采を贈る人たちは、何者なのか。しかし、故人ピョートル大帝は、「えらく迷惑な話!キモい!」と激昂しているに違いない。

 身の丈203cm、巨人でイケメンのピョートル大帝とは、似ても似つかぬプチ爺さん。厚顔無恥なる思い込みのオーバーラップ加減は、失笑ものだ。今から、このプチ爺さんを「プチ皇帝」ではなく、「プチ最低」と呼ぶことにした。

 色んな形容の言葉を探してみたが、「狂人」、「異常者」、「連続殺人鬼」、「残虐非道」」、「鬼畜」、「下手な演出家」、「大根役者」、「醜態」、「老害」、「自信過剰」、「ナルシスト」、「ゾンビ」、「時代錯誤」、「貧乏神」、「悪魔の遣い」などの言葉しか浮かばない。

 自分の手を汚すことなく、第三者を脅し、手下の手を汚させ、人殺しを楽しんでいる。毒殺や銃殺による暗殺が、国内外で繰り広げられる。自殺と報道させ、人間を蛆虫同然に葬り去っているのが、現実である。

 人殺しのドンたるプチ爺さんは、いくら国家元首と雖も、その資質もなければ、各国からVIP扱い、厚遇される資格も、必要もない。ただの税金泥棒である。そこを、ロシア国民は気づかねばならないが、プロパガンダに染まった国であるが故に、皆が洗脳の津波に呑み込まれているのが現状だ。

 2月から現在に至り、ウクライナにおけるジェノサイドに震え上がっていた外野席の人間が、最近では「ウクライナ疲れ」という心無い言葉を遣い始めた。数百万人、数千万人のウクライナ国民から、幸せな生活を奪い取るばかりか、惨殺しているのである。そこで、「ウクライナ疲れ」とよく言えたものだ。

 馴れというものは恐ろしいもので、或る程度時間が経てば、脳内の記憶ボックスは満杯となり麻痺してくる。目の前に起こっているものがジェノサイドと分かっていても、「またか!」という程度で、我関せず、三猿(見猿言わ猿聞か猿)になってしまう。残念ながら、他人事として覗き見していたに過ぎないのである。

 家族を拷問、惨殺された人の心の痛みを忘れたのか!?無数の遺体が道路に放置されているのを平然と眺め、「またか!」と言えるのか!?悲しみに打ち拉がれた人たちの立場になって寄り添うことがないから、馴れという思考停止状態に陥ってしまうのだ。

 黒海では、悪魔の手下である泥棒猫が、大量のウクライナの穀物や鉄を盗み、密輸している。これは、歴史的に絶え間なく繰り返されてきた、ロシア流蛮行の定番らしい。何故に、それを止める気骨ある国が周囲にないのか。プチ爺さんは、いつものスーツ姿で、民度高き文民気取りだが、中身は腹黒い悪魔の手下である。

 独裁国家特有の内政干渉という「言葉の盾」で、歴史的に最低最悪の蛮行を正当化する、ロシア。周囲は代理戦争の様相を呈しており、大義名分なき稚拙なプチ爺さんに、右往左往しているに過ぎない。よって、今に至っては、ウクラナイ危機という本題を忘れて、各国元首の一部は、姑息にも、自国の損得のために、下手な芝居を演じ始めたようだ。

 ウクライナで家族を亡くした多くの方々は、目には目を歯には歯をの「ハムラビ法典」の如く、10000人分の仇を取るために、元凶たる者どもを、10000回以上串刺しにしたい気持ちで一杯のはずだ。

 日本も、太平洋戦争直後の東京裁判にて、戦争犯罪人の処刑が行われている。水を打ったように静かな法廷で、判決が言い渡される。戦犯一人一人を立たせ、「Killed by Hung!」という裁判長の声が響き渡る。無条件降伏をした敗戦国として当然の戦犯判決であると、戦勝国側の人間(インドを除く)は平然と眺めていた。

 いつの日か、このウクライナ危機が収束した場合、戦争犯罪としてどのような処分が実行されるのか、注視したい。勿論、侵略戦争を起こし、拷問やらレイプ、そして虐殺は、国家ぐるみの「猟奇的強盗大量殺人事件」として、21世紀の歴史を真っ赤な血で染めたことになる。

 万が一、想定外に懲役刑になったとしても、亡くなった10000人の平均余命をこの先50年とすれば、懲役500000年以上の実刑判決が下されるべきである。それほど重罪であるということだ。しかし、国連の機能不全が曖昧な流れを作り出し、戦争犯罪人を徹底的に叩くことは不可能であろうかと、危惧するばかり。

 絶命した罪なき人たちは、決して、このままでは浮かばれない。苦しみに耐え兼ね死に追いやられても、絶対にプチ爺さんやその仲間たちを許すことはなく、永遠に、残虐者たちの子々孫々へも、地獄の果てまで呪い続けるに違いない。

 最後に、これら残虐者たちに聞きたいことが一つある。「こんな蛮行を繰り返し、幸せなのか!?」と・・・。

 一般的に、人は、日々の暮らしの中で、いろんな人たちとのコミュニケーションを楽しみ、美味しい食べ物を共有したり、旅行やピクニックに出掛けるのが至福の極みなのだが、残虐者の「幸福感」とは一体全体どのようなものなのか、逆立ちしても、理解に苦しむばかりである。

 己に都合の悪い人間を暗殺しなければ、己の安全を確保できないという悪循環。日頃から、取り返しのつかない悪行三昧を繰り返してきたからこそ、ビビリ屋人生を歩まざるを得ない。考えようでは、プチ爺さんもその周辺にいる輩も、実に可哀想な人間!?であろうかと・・・。

 世界中で起きているジェノサイド。我々庶民のささやかなる生活を、虚栄の権力で押し潰し、人を蛆虫同然の扱いをする蛮行は、独裁者の「差別」と「妄想」、「強欲」という、愚かな本能(低脳)に起因している。

 最後に、プチ爺さんのこれから先の人生は、毎晩のように、死霊、生霊から呪われた地獄のような日々を送るという、悍ましくもあり、見窄らしい姿が目に浮かぶ。


ROSE202205-11


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2022/7/4 12:00 am

現代高齢者への警鐘

newstop


 これは、心無い、又は、勘違い、履き違えしている、極一部の高齢者への警鐘である。

 兎に角、高齢者の車の運転が荒い。特に、高級車を運転する70代の高齢者の横柄なる運転が危険極まりないのである。だから、高齢者による重大事故が多発している。

 狭い道路では、当然のように「俺の車は高級車だから、中央線越えても、相手が避けてくれる!」と思い込み、大胆にはみ出し禁止の道路でもお構いなしに突進してくる。そして、対向車を睨みつけて走り去る。

 歩道で会釈をしても、仏頂面にて通り過ぎて行く。駐車場へ車を入れようとしているのに、スピードを上げて被せて通り過ぎて行く。それも、似合いもしないサングラスを掛けての危険運転。開いた口が塞がらない。

 レストランでは、常連客ぶって、スタッフへも名指し、呼び捨て。本来ならば、経験豊富で、優しく理解あるおじいさん、おばあさんであるべきだが、とんでもない罵詈雑言が響き渡る。時には、他の会社の人事などを大声で聞く婆様も居る。厚顔無恥もここまで酷いと、完全に「老害」となる。

 こちらのテーブルでは、マスクを外し、椅子に踏ん反り、機関銃のように喋りまくる。既に食事が終わっているのに、感染防止など「我関せず!」で周囲に迷惑を掛ける始末。

 既に現役を退いているのであれば、誰しも敬愛の念を持つような人格者であって欲しいものの、過去の職位を光らせて、暴言や横着な態度をとること自体、民度の低さを露呈している。日々恥の上塗りをして、街中を徘徊するのだから、これまた「老害」という言葉で揶揄されることになる。

 会社では、高齢重役らが若手を育てぬまま、いつまでもバトンタッチ(世代交代)に着手せず、「老害」のフル稼働をしているところも多い。会長職や相談役などの職位をわざわざ加えてまで君臨したがる、高齢経営者。黒塗りの公用車の後部座席から、マフィアのような装束、形相でホテル玄関で降りる。あまりに滑稽すぎる光景(映画の真似)は、失笑ものだ。

 筆者は世代を全く気にせず、色んな人たちとのコミュニケーションを大切にしているが、自覚のない一部の高齢経営者は、頭から若い世代の人たちの「否定」から話を進める。「どんだけ、偉いの!?」と聞きたいほど、虚栄に満ちたオーラは、見ているだけで、恥ずかしくなってしまう。

 まあ、老いも若きも、マウント大好き人間はいるけれども、厚顔無恥なる高齢者のマウントは、正直なところ頂けない。貴重な経験談を「武勇伝」としたがるから嫌われる。貴重な体験であれば、噛み砕いて、自らが主人公にならず、一般論として、若い方々へのヒントとして語るが、ずっとスマートである。

 高齢化社会と言われるようになって数十年が経つが、一部の高齢者の愚行、蛮行が、全国津々浦々にて、果てしなく続いているというのが現状である。長寿世界一となった頃から、頓に「老害」という言葉がネット上で飛び交うようになった。

 欧米では、高齢者に対する敬愛の念やその取り扱いは、とても素晴らしい。それは、全ての世代を通して、互いに敬愛の念を前提とする「家族文化」が浸透、継承されているからではないか。

 日本は、昔から隠居部屋を作ったり、大切な家族をゴミとして「姥捨山」に放置したりという、悲しい時代を経験していることを振り返れば、その理由がどうであれ、人として何か大事なものが欠落している民族なのかと感じてしまう。

 兎に角、今の高齢者は、自画自賛の「武勇伝」を若い世代へ伝えるのではなく、全世代間コミュニケーションを紡いで行くことに取り組むべきである。それも、上から目線でマウントするのではなく、皆が幸福駅へ辿り着けるように、知識や知恵、経験などを活かしながら、今を、そして未来を切り拓くことに尽力願えればと・・・。

 勿論、若い世代も、高齢者に対する礼儀、気配り、思い遣りは重要なポイントではなかろうかと考える次第。


20220130-001


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」
 https://note.com/chikaonishidaLink

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2022/1/30 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp