ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 卵焼き

ホテルは、カルチャー発信基地。

castle



 日本の食文化・・・特に洋食文化が全国津々浦々へ浸透したのは、帝国ホテルとNHKが大きく貢献している。・・・ちなみに、帝国ホテルは120年の歴史と伝統を誇り、日本初の西洋式ホテルとして1890年(明治23年)に開業した。

 明治維新以来、欧米文化を積極的に取り入れ、カルチャーの洪水のように、ちょんまげだった日本がにわかに進化していった。・・・帝国ホテルは、日本のホテルのホテルとして、明治、大正、昭和、平成とカルチャー発信基地となり、その時代、その時代の魁となり、日本人のライフスタイル、ビジネススタイルにも大きな影響を与えて来たのである。

 田舎では、一般的にシティホテルとなると、祝賀会や結婚式以外は足を運ぶことが殆ど無いと言う人が多い。・・・それは、ホテル利用の大きな勘違いである。・・・ホテルはパブリックスペースとして、日頃からホテルを利用する事で、時代の魁を常に身体で感じることが重要であり、その価値が増すものだ。

 筆者は、日頃から熊本ホテルキャッスルやホテル日航熊本を利用している。熊本全日空ホテル ニュースカイも素敵なホテルではあるが、筆者のオフィスから少々遠いので、立地的になかなか利用できないのが辛い。同ホテル現社長には、30年以上も前から世話になっているものの、なかなかお会い出来ていない。

 何故、ホテルへ足繁げく通うのか!?・・・第一に、安心安全な食を求めるからである。第二に、熊本の経済界の重鎮や現在アグレッシブに活躍している人達が常に集まっている。第三に、仕事の打ち合わせや会食なども、ホテルに依頼すれば、ほぼ間違いなく、しっかりと手配をしてくれる。

 「ホテルを利用したら高いでしょ!?」と批判する人も多い。・・・あの大きな空間で・・・心地良い照明と空気清浄を考えれば、その時空間をお安くお借りできるだけでも、大変お得だと考える筆者が居る。冷たく美味しい水を飲み干すと、直ぐに新しくお冷やを持って来てくれる。お腹がグルグルと鳴れば、さっと料理を作ってくれるのだ。

 仮に、20坪程度のオフィスを借りるとなると、立地的に良いビルの一角を選べば、月額20万円の賃貸料、光熱費、月極駐車料金、オフィス清掃、ゴミ出し・・・などなど、1ヶ月間に相当額の費用が発生する。

 若き頃は、仕事の打ち合わせの為に、喫茶店などを利用したこともあるが、余りにも狭い空間なので、話す内容が筒抜けとなり、セキュリティーが約束されない。下手をすると、マル秘プロジェクトの詳細情報が、競合する人間に漏洩する可能性も多々ある事になる。また、異性との二人会議ともなると、妙な噂が立ったり、相手に誤解を招くこともある訳で、今は殆ど使う事は無い。

 まあ、あれこれ言っていると切りは無い。・・・畢竟、しっかりとしたシティホテルの利用は必須であり、日々変化、日々進化する食文化やブライダル様式、ファッションなど・・・ただ、そこに居るだけで、大変勉強になるのである。


▼熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏のシェフたち
castle1


▼日々変化、日々進化する・・・ダイニングキッチン九曜杏のキュイジーヌ(cuisine)
castle4


▼我が家より寛ぎやすい、熊本ホテルキャッスル。
castle5



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                             

  • posted by Chikao Nishida at 2014/3/1 01:44 am

吉村悌二の世界を探る!!

yoshimura1


 昨日、午後から取材で足を運んだ、Bros.よしむら。32年の歴史を誇る、熊本名物フレンチレストランである。

 http://www.dandl.co.jp/bros-yoshimura/Link

 店主は、吉村悌二(よしむらていじ)さん。・・・同レストランが32年前にオープンした時に、筆者も店の玄関で並んだ客の一人であった。懐かしいかな、つい昨日の事のように鮮明に覚えている。・・・更に、同レストランを牽引して来た人気メニューであるチョップドビーフハンバーグが、僅かのブレも無く、今も尚、健在であるのは当然の事。

 今回の取材目的は二つ。一つは、吉村悌二さんがシェフとして独立し、現在に至るまでのエピソードや成功までの道のりを正確に辿ること。また、32年間にチョップドビーフハンバーグ(150g〜200g)を十万個以上作ったであろう同シェフ。その人気目玉メニューの秘伝のレシピ入手、そして公開である。

 同シェフに上述の事を問えば、「良いですよ!」の一言。若い世代へ受け継いで貰いたいという私の言葉に、快く「Yes」の返事をしてくれた。・・・今まで、客としての遠慮もあったが、プライベートもオフィシャルも詳しく聞くことがないまま長い年月が過ぎて行った訳で、今回の取材で、ようやく同シェフの成功へ道のりをしっかりと検証できたように思えてならない。

 近々、「吉村悌二 〜成功への布石〜(非売品)」という小冊子を出版する予定だ。そこで、同シェフの経験やノウハウをぎっしりと詰め込むことができれば、本望である。・・・さてさて、録音された数時間に及ぶ会話を何度も聞きながら、小冊子執筆作業に移りたいと考える次第。・・・勿論、写真、文章、題字など全て筆者が独りで行う事になる。


yoshimura2


yoshimura3


yoshimura4


yoshimura5


yoshimura6




【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                             

  • posted by Chikao Nishida at 2014/2/14 03:31 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp