ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 千代の園

有働家の餅つき・・・

mochi1


 スマホのメールを確認していると、不覚にも12月下旬から開いていなかった。溜まりに溜まったメールを読んでいると、先般、記事を書いた有働サイクル(山鹿市下町)の息子さんからお礼のメールが2通来ていた。最近はスマホのメールをフル活用していなかったので、大変申し訳なかったが、遅ればせながら、慌てて返信した。

 取材ランチは、熊本ホテルキャッスルのダイニングキッチン九曜杏で済ませた。天候があまり取材には適さぬので取材予定を組んでいなかったが、車はホテルを離れ、国道3号線を北上している。山鹿市に近づくにつれ、ちょっとした土産物があったので、折角ならと思い有働サイクルへ足を運ぶことにした。

 話は前後するが、これが「ご縁」なのだろうと思わされた1日となった。

 実は、年末に杵つきの餅が余りにも美味かったので、その旨を告げると、「また餅をつきますから、その時はお知らせします。」と聞いていた。しかし、鏡開も過ぎていたので、正直、その記憶は薄れていた。・・・菊池川沿いに車を停めて、同店の引き戸を開け、ご挨拶。

 すると、息子さんが出てきて、お父さんが餅をつくと言う。そこで再度メールを確認すると、先ほどのメールの直ぐ後に、「実は明日予定していた餅つきを、父親の都合で急遽夕方からすることになりました。・・・」とあった。結局、筆者はその情報を全く知らぬまま、偶然にも同店の玄関に立っているのだった。(これが縁なのだろう)

 前置きが長くなってしまった。・・・早速、築100年を超える、自宅兼店舗の中を通り裏庭に足を踏み入れると、100年ほど前の蒸籠で餅米が蒸されていた。二升二段の蒸籠の上方から湯気が激しく立ち登り、火力が強くなると、車のバックファイアのように、煙突から何度も炎が吹き出ていた。

 手際よく、上一段の蒸籠で蒸された餅米が石臼に投げ入れられ、店主と息子さん二人が杵先で揉みながら、つき始めた。ペッタンペッタンの小気味好い石臼と杵、そして餅のパーカッションの音。「できたつに塩ばかけて食ぶっと、たいぎゃな旨かですばい!」(翻訳:出来上がりのものに塩を振り掛けて食べると、大変美味しいですよ!)と。

 言われた通り、できたての餅に塩を振り掛けて食してみた。つき加減も良く、本当に美味かった。更に、準備していたボール状の粒餡を、女性陣ができたての餅で包み始め、次から次へとまん丸な餡餅が完成する。見学しているばかりでは気の毒に思えるが、長椅子に座って味見をさせてもらうのは非常に気がひける、と思いながら、ささっと出来立て3個の餅を食べてしまった。

 餅つきを目の前で見るのは、数十年ぶり。それも、家庭の裏庭で、家族揃っての餅つきをしている場景を見るのは初めてだった。一人一人が各々お喋りをしているが、同時に別々の話をしても、皆、理解できるという不思議な空間だ。アットホームで、何の驕もなく、素朴で自然体。一言で餅つきと言っても、前準備から完成、後始末まで考えると、1日掛かってしまう大イベントとなる。

 「面倒臭いものは世の中から消えて行く時代・・・杵で餅つきという習慣もなくなってしまった!」と、店主の奥様が話してくれた。確かに、面倒臭いことなのだろうが、現代社会はお金だけで欲しいものを買うという、実に簡単な行為で全てが成り立っている。しかし、このように手間隙掛けても、一つの完成品を作り出すという「ものづくり精神」を忘れてはいけないと感じたのだった。

 特に、昨年の大地震を経験して、この「ものづくり」の知恵が欠落しているからこそ、あちこちのコンビニやスーパー、水汲み場などで諍いが絶えなかったのだろうと。某国(アジア圏)では、保存食を作る伝統を継承できなかったために、餓死者が急増したという話を聞いたことがあったが、正しく、生きて行くための先人たちの「知恵」を、今一度、学ぶ姿勢や志が必要ではないかと・・・。

 少々話が飛びまくったが、帰りには奥様が「タッパーは返しなはらんで良かけん、餅ば持って帰んなはっとよか。美味かて言いなはっと、ほなこて嬉しかですばい!」と。(翻訳:餅を入れたタッパーはお返しされなくても良いので、餅をお持ち帰りくださいね。美味しいと仰ると、本当に嬉しいですよ!)・・・

 ご馳走様でした。




mochi2


mochi3


mochi4


mochi5


▼取材ランチ:熊本ホテルキャッスルのダイニングキッチン九曜杏
castle



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/1/14 12:00 am

目の輝き、深い皺こそ価値がある!

▼有働サイクルの息子さん(写真左)との談笑
top


 最近、頓に取材が生き甲斐となってきた。取材は、新たな発見と感動の連続となる。そして、取材による撮影は、その瞬間の時空を切り撮ることで、ピュアで素敵な人間関係を創り出すこともある。

 自然界や建造物も、野鳥などの小動物の撮影はすこぶる面白いが、近頃は「人」の撮影が、より遣り甲斐を感じるようになってきた。実は、従来の作品を紐解けば、ポートレートが圧倒的に少ないのである。

 理由は、肖像権等の問題もあり、通常、自然界を撮影するよりは、「人」を撮影する場合(モデルありきの撮影会とは異なる)、一つ、二つハードルが高くならざるを得ないのは確かなこと。ただ、行き摩りで撮影した人とFacebookを交換して、安易に写真をプレゼントするような愚行だけは避けたい。

 体育祭や文化祭、パーティーとか、集団行動の中で、仲間同士がワイワイガヤガヤの写真を撮るのとは異なり、1枚の写真にその方の人生が凝縮されてしまうほど、貴重でもあり重みのある価値ある写真なので、気軽に手軽に、「はい、ポーズ!」、パシャリとは行かない。

 常にドラマティックな撮影を心掛けている中、なかなか思ったような構図やアングルではなかったり、全体の色味やシャープさが予想を裏切ったりと、内心、イリテイティッドな撮影の方が圧倒的に多いと言うのが、正直なところでもある。

 私なりに、「人」の撮影は、その人のキラリとした目の輝き、深く刻み込まれた皺、何とも言えない笑み、緊迫した厳しい心を表現したいが、これまた、なかなか思い通りに撮影されていない作品を見ては、腕のなさと、機材の不備を再認識するばかりとなる。何とか、元気で生き続けている間に、一つでも納得の行く「人」を撮影できればと・・・。


▼有働サイクル店主
D60_3060


▼山鹿市下町の趣ある店舗
DFD_0802


DFD_0808


DFD_0855


▼山鹿市下町の路地裏
DFD_0893


DFD_0899


DFD_0919


▼取材風景(機材:NIKON DF+85mm f1.4)
nishida



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/1/8 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp