ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 加藤清正

行幸坂→頬当御門→熊本城大天守

▼行幸坂(写真右がお堀側)

1


 今回は、行幸坂から熊本城のメインゲートである頬当御門から入る、定番コースを選んだ。

 行幸坂から大天守を目指すには、桜の馬場 城彩苑に駐車して、緩やかな坂を歩いて行けば良い。二の丸公園駐車場もお薦めではあるが、同苑の方が飲食店などの沢山の店々が建ち並び、心地よいトイレも完備されているので、同苑をお薦めする次第。

 ただし、行幸坂のお堀側の歩道はフェンスがないので、カメラファインダーを覗きっ放しで歩いていると、大変危険である。その点はご注意いただければと・・・。

 しかし、お堀側を歩くと、熊本城が茶臼山の地形を利用した要塞であるのがよくわかるので、歩いていると、いろんな発見があるはずだ。

 今回もまた、国内外から大勢の観光客が大天守を目指していた。


▼石垣を抱き込んだ老木
2


▼武者返し
3


▼歩道の高さからお堀(水はない)の底まで根を張る大木
4


▼歩道側から見たお堀
5


▼栴檀の木
6


▼頬当御門
7


8


▼ボランティアの懇切丁寧な解説に耳を傾ける観光客
9


▼大天守
10


▼宇土櫓
12


▼もののふ
11



【ロゼッタストーン公式ポータルサイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2015/12/25 02:35 am

熊本城の櫓巡り・・・

▼右から、熊本城大天守、宇土櫓、小天守(曇天)

0-daitenshu


 最近、熊本城をいろんな角度から足を踏み入れ、パンフレットなどのマップのイメージと実際足を運んだ時のものが、如何に違うかの検証をすることにした。

 単に撮影を目的とするだけではなく、日頃の運動不足解消のためにも、「常に、歩く!」を決め、出来うる限り徒歩で城内を巡ることを心掛けている。

 今まで何度も足を運んではいるものの、ここ十数年間で熊本城の景観も随分変わっている。本丸御殿など各櫓の復元により、頭の中にあった昔の姿が一変してしまった。

 まだまだ、全体を把握するには、まだまだ時間が掛かりそうだが、これから、ディテール(各箇所の井戸なども含む)も一つ一つ撮影したいと、計画を練っている今日この頃である。


▼頬当御門(メインゲート)の眼前に大天守
3-hooategomon


▼飯田丸五階櫓(桜の馬場 城彩苑より望む)
4-iidamaru


▼宇土櫓(左手が加藤神社、右手が頬当御門)
5-utoyagura


▼未申櫓(大天守より南西方向)
2-hitujisaru


▼戌亥櫓(大天守より北西方向)
1-inui


▼本丸御殿西側(写真左上が大天守)
6-honmaru-nishi



【ロゼッタストーン公式ポータルサイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2015/12/22 04:17 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp