ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 初詣

加藤神社と宇土櫓・・・

katoh


 初詣・・・昨年は元日に初詣に行ったけれども、今年は荒れ狂った天候であったために、二日遅れの初詣となった。勿論、写真を趣味とする人間としては、狙いは、加藤神社の題字「仰清正公」と「宇土櫓」である。

 元日、二日と比べ、気温はやや低いが、麗らかな天候となり、空気も澄んで、撮影には最高の環境だった。しかし、やや時間が押した為に、実際にカメラを向けたのは午後3時半頃だった。

 夕刻に近かったので、昨年の押し競饅頭もなく、すんなりと「二礼二拍一礼」を行い、昨年の御礼と今年の誓いを静かに唱えた。筆者の横には、20歳前の女性が二人。「えーっと、何だったっけ?二拍一礼・・・???」と二人で悩んでいたので、「二礼二拍一礼」と言ったら、ニコニコして、筆者の真似をしてしっかりと祈っていたようだ。別れ際に「ありがとうございました!」と。

 日本の歴史と伝統がドンドンと消え去っている。しかし、家族も教えることのない「二礼二拍一礼」に、彼女たちは日本の風習が如何なるものかドキドキしつつ・・・多分、ちゃんと間違いなく出来たことが嬉しかったのだろうと推察する次第。

 兎角、日本人というものは、体裁ばかりを気にして、失敗を恐れるが故に、何事もうまく行かない人が多い。先般、英会話が日本人に必要か否かの外人英会話教師の掲示板を見ていると、やはり、日本人の気質、そして失敗を恐れるが余りに、英会話が上手くならないという指摘もあった。

 加藤神社でのちょっとした若い女性とのコミュニケーションにおいて、恥ずかしながらも、「二礼二拍一礼」を教わった事で、彼女たちの気持ちも少しは和らぎ、来年からは失敗のない「二礼二拍一礼」ができるのだろうと・・・。「よく、できました♪」という筆者の言葉に、彼女たちは満面の笑みだった。

 そうしている内に、どんどん太陽は山際の方へ落ちてゆく。慌てて、宇土櫓と大天守、小天守の三点セットを撮影しようとしたら、一番良い位置に子供連れが立っていた。何分か待っていたが、どうも動くようになさそうだったので、「ちょっと失礼!」と会釈をして、数枚の写真を撮影し、帰途についた次第。


▼右から、宇土櫓、大天守、小天守
utoyagura2


utoyagura1


utoyagura3



【ディー・アンド・エル社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/1/4 01:51 am

御節と新年・・・

▼熊本ホテルキャッスルの御節「福重ね」を小皿に盛ったところ
DSC_5518


 元日の朝は、格別だ。空気も澄み切って、僅か一日前の大晦日との境がはっきりと体感できる、特別な日でもある。

 まだ幼い頃の話だが、三世代の家族が一つの家に住んでいた。祖父母、父母、そして私の兄弟である。家が大きかったので、そこに、数人の下宿の先生方(中学校や高校の教職)も居た。

 大晦日の夜、午前零時を過ぎると、皆で自宅近くの大宮神社に初詣。必ず、おみくじを引き、大吉を願って、ドキドキしながら開いたものだ。それから自宅へ戻り、悴んだ手を擦り擦りしながら、火鉢に手を差し伸べ、暖をとる。勿論、コタツもあったけれども、どうしても、炭火をおこした火鉢が大好きだった。また、七輪よりも火鉢の方が好きだった。

 そこで、金網を置き、大好きな餅を何個も焼いて行く。・・・祖母や母は、ちゃんと家族にご挨拶をしてから、お屠蘇を飲み、吊るし柿の種の数を競い合ったりして、雑煮(スルメ、煮干の出汁)、御節料理へと移っていった。それが、筆者の家の新年の迎え方だった。

 今日は、そんな幼い頃を思い出しながら、熊本ホテルキャッスルの御節「福重ね」を紐解き、小皿に盛っていった。会社は年中無休なので、スタッフがオフィスで仕事をしている。もし、誰も居なければ、結局は、筆者独りの新年となる訳だ。しかし、遠くに心温かい人が居たり、傍で仕事をしているスタッフが居れば、現在家族を亡くした筆者でも、すこぶる心強いというものだ。

 昨年まで・・・ここ数年と比べれば、すごく平穏な流れの新年である。外は吹雪のような荒れた天候だが、オフィスの中はイバラの刺々しさのない、まったりした空間である。FacebookやLINEでメッセージが飛び込んでくる。心休まる、癒しのメッセージにニンマリしたり、写真画角の指導をしたりと・・・。やはり、ここ数年、何となく「嘘偽り」の罠に嵌り掛かっていたのかと、この平穏さとのギャップに、深く息をついた。

 人生は、直球が一番。真っ直ぐ、正直に歩むことを忘れない限り、いろんな障壁や横槍があろうとも、必ず、神の使いが現れるということを、実感した新年である。亡き父、亡き母も、天国からずっと睨みを利かせてくれたのであろうと・・・。勿論、筆者のことを案じて、苦言を呈してくれた近しい友人にも、感謝する次第である。信憑性の高い情報により、見えなかったものが全てガラス張りとなり、透かし見えたのである。

 人生の汚点とならず、救われた。・・・本当に助かった。


▼昭和三十年代の山鹿市温泉祭りの様子(撮影:亡き父/機材:LEICA III f)
IMG_4839



【ディー・アンド・エル社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2015/1/2 12:21 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp