ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 写真撮影会

先見塾天草の帰りに・・・

▼浦島屋(右)と龍驤館(左)
D60_7690


 先見塾天草を終了し、今回は少々早めに帰途についた。狙うは、三角西港、有明海と潟の撮影である。全体的に空は燻んではいるものの、サンセット前の光を切り撮りたいと考えたのだった。

 最近、600mmの超望遠レンズばかりを使用していたので、時にはワイドレンズや標準も良かろうと思い、望遠は持参せず、24-105mmのズームレンズを1本準備した。

 思ったよりも、色のり発色も良く、抜け良く、ディテールまで切り撮れたと自負する次第。日頃は、ほとんど単焦点レンズを使用する筆者であるので、今回はちょっと手抜きとなるが、絵面としては自分なりの表現ができたのではないか・・・。

 写真というのはどのカメラで撮影しても構わない。その人の心がぐっと出てくるような絵面となれば、大成功。しかし、iPhoneなどのスマホで撮影するものと、一眼レフの工学レンズを駆使して撮影するものとを比較すると、言わずもがなである。

 巷には、スマホで「取材」という言葉を軽々しく遣っている人も居る。しかし、それは、あくまでもスナップ写真である。そこで仰々しく「取材」という言葉を聞くと、「取材とは、そんなに簡単、甘くはないぞ!」と物申したくなる訳だ。


▼浦島屋
D60_7886


▼龍驤館(国・有形文化財)
D60_7825


▼三角西港(熊本県)は、野蒜港(宮城県)、三国港(福井県)と並ぶ、明治三大築港の一つ。
NONALNUM-RDYwXzc4MDkoMSk-E


▼普賢岳と有明海の潟
D60_7908


D60_8012


▼潟には無数の蟹や貝が蠢いていた
D60_7972



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2016/9/22 02:06 am

先見塾写真撮影会を開催!

▼船場花屋にて

sen1



 8月27日(火)正午から、先見塾写真撮影会を開催した。・・・ランチを老舗の船場花屋にて、大天ざる、鉄火巻き、いなり寿司などを頬張った。

 今回のミッション「熊本城本丸を攻めよ!」。・・・二の丸駐車場に塾生の車を置いて、遠景に見える熊本城大天守、小天守、宇土櫓を目指して歩き始めた。しかし、天を仰げば雲一つ無い快晴である。余りに天候が良すぎるために、射し込む光が強すぎて、逆に撮影しにくい。塾生によっては、レンズにPLフィルターを装着している人も居たが、皆、頭頂部から流れ出る汗を拭き拭き、本丸へ向かった。

 熱中症になるのは危険なので、事前に冷たいペットボトルの飲料水やタオルを準備。・・・それまでお喋りが多かった塾生たちだったが、いつの間にか無言となり、カメラの試写や設定手直しなどに傾注して行った。・・・気付けば、各自バラバラにあちこちへ散っては集まり、また散るというような取材の流れだ。

 炎天下の取材や撮影会は身体も火照り、実に辛い。しかし、各塾生は、この暑さで滝のように吹き出す汗にもめげず、終始ニンマリとファインダーを覗いていた。・・・急遽、正面に見える宇土櫓の横にある加藤神社へ移動することにした。実は、時間的に大天守や本丸御殿内部まで撮影するとなると、今回は無理であると判断したからだ。

 このように約1時間半ほどの写真撮影会を終え、一目散に熊本ホテルキャッスルへ。・・・各自のプレビュータイムを、同ホテル九曜杏で行い、設定やアングルなどの反省会を行った。

 しかし、カメラって筆舌に尽くしがたいほど楽しいものであり、素敵な趣味だと・・・。さて、次回は何をターゲットにしようかと・・・。そろそろ美人モデルを使ったポートレート撮影会も宜しいかなと、密かに計画を練っている筆者である。(内緒!)

※撮影は、NIKON D800 + NIKKOR 60mmマクロレンズを使用。(Photo by Chikao Nishida)
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink


▼熊本城にレンズを向ける淀川司朗塾生
sen2


▼二の丸から本丸へ
sen3


▼熊本城(大天守、小天守、宇土櫓)
sen4


▼加藤神社にて
sen5



【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2013/8/28 01:30 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp