ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 健康食

笑顔と笑い声が絶えない、小ちゃな食事処『ひろ瀬』。ご高齢姉妹と雖も、気合が違う。

hirose-20220721-1


 『お食事処 ひろ瀬』は、温泉プラザ山鹿1階(熊本県山鹿市)
にある、田舎ならではの小さな店舗。所謂、『OLDFASHIONED JAPANESE RESTAURANT』である。

 メニューを見ると、全てが安い。稲荷寿司が1個75円。ちゃんぽんが600円、かけうどんは350円だ。若い人には今一つ物足りなさもあるかも
知れないが、ダイエットしたい人には最高の健康食と言える。

 同店は、昔は本格的な寿司店だった。現在、その頃奥様だった方が、店を引き継いだもの。店舗横のショーケースには、巻き寿司、稲荷寿司などがあり、テイクアウトできるところが、その名残である訳だ。

 同店を知ったのは、熊本地震直後(2016年)だった。元々、寿司店なので、酢飯(さっぱり甘め)がしっかりしている。具も田舎らしい組み合わせで、諄くない。稲荷寿司はジューシーで、子供たちは喜んで頬張るに違いない。

 熊本地震後に足繁く通っていた同店。しかし、コロナ禍となり、高齢者への感染防止のために、敢えて、この2年以上は遠慮していた。

 本日、山鹿市にて夕刻より会議を予定していたので、ランチは、同じフロアにある『華北飯店』を利用したが、ちょっと顔出し、ご挨拶程度に同店に立ち寄ったのである。

 店内で賑々しく振る舞っている、おばあちゃん二人。筆者を見るや否や、手を挙げて近づき、「あら〜、久し振りな〜!最近来なはらんかったけん、どぎゃんしとんなるとか心配しとったたい。じぇんじぇん、変わんなはらん。ここは関所だけん、山鹿に来なはっ時は、立ち寄らんといかんよ!」(熊本弁)と。

▼熊本弁翻訳
「あら、久し振り!最近来られないので、どう過ごされているのか心配していたよ。全然、お変わりないね。ここは関所だから、山鹿に来られる時は、(ここに)立ち寄らないといけないよ!」

 自分自身を一端の大人と思っているけれども、おばあちゃんたちからすれば子供扱いとなってしまう。名刺のデザインが変わったので、それを渡すと、店内のお客さんに聞こえるように、大きな声で読み上げるおばあちゃん。(個人情報漏洩状態に苦笑)

 まあ、これが熊本らしい、田舎の山鹿らしい、元気な高齢者の姿である。折角だから、光の具合は逆行気味で良くなかったが、お二人の記念写真を撮ることにした。「笑顔が欲しいな!」と筆者が言うと、「いやあ〜、今、歯のつっかげとるけん、恥ずかしゅうして、笑えんとですたい!」(熊本弁)と。プッと、吹き出してしまった。

▼熊本弁翻訳
「いえいえ、今、歯が欠けているので、恥ずかしくて、(口を開いて)笑えないですよ!」

 まだまだコロナ禍が収まる気配はないので、これからも、このお二人のおばあちゃんには、元気一杯で、山鹿市のグルメ文化を支えて頂ければと。また、近い内にお会いしましょ!


hirose-20220721-2


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2022/7/21 12:00 am

幼い頃の「勘違い」は、凄まじいものがある。

▼写真は「京料理えのきぞの」のご飯

ichizen2022-01


 いつだったか、幼い頃に、祖父母から「一日一善」という言葉を教わった。その瞬間、元気者だった筆者が悪さをして、明日から「一日一膳」しかご飯が食べられないのではないかと肝を冷やし、凹んだことがあった。

 育ち盛りのガキは食欲旺盛で、祖父母の言うことなど聞く耳を持たず、幼稚園から戻り、外に飛び出せば、日が暮れようが、夕餉の時間に遅れようが知ったことではない。よって、厳しい罰が与えられたと勘違いしたのである。

 今の時代では、両親も祖父母も、ご飯一粒でも喧しく言う人は少ないと思われるが、当時は、ご飯一粒でもお茶碗に残すものなら、「お百姓さんが一所懸命に育てた米を大切にしないと、罰が当たる!」と叱責されたものだ。

 人間とは面白いもので、一度、勘違いをして頭の中に絵面が浮かぶと、何故かその絵面が記憶として深く刻まれてしまう。今でも「一日一善」という言葉を耳にすると、有田焼の小さなご飯茶碗に大盛りの白ごはんが頭に浮んでしまう。

 それから社会人となり、筆者としては「一日一善」を積極的に遣わず、「積善之余慶」という言葉を遣うようにした。しかし、「一日一善」という言葉を聞けば、体調が悪くてもご飯が飛び出し食欲をそそるのだから、実に有難いものである。

 幼い頃の「勘違い」は数限りなくあるけれども、本日は、「一日一善」という言葉をご紹介した次第。


▼写真は「京料理えのきぞの」の土鍋炊き立てご飯
ichizen2022-02


▼写真は「京料理えのきぞの」の茶懐石のご飯
ichizen2022-03



◎京料理えのきぞの公式サイト
 https://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                               

  • posted by Chikao Nishida at 2022/5/17 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp