ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 京都のお土産

何とも言えぬ幸せそうな顔!

D75_8903


 楽しい晩餐会の終盤に、英国からの友人へ、京都の知人からの贈り物を差し上げた。目の前で開封して欲しいと言うと、三人が嬉しそうに各々のプレゼントの袋を開き始めた。何とも言えぬ幸せそうな顔を見ると、こちら方がより幸せな気分になってしまう。

 十数年ぶりの再会だったが、今回の晩餐会は、お互いに思い出に残る至福の極みとなったに違いない。そろそろ帰国の途につく頃だが、次回は、こちらから英国を訪れ、元気な友人家族の顔を見たいと・・・プラン開始だ!

 日本文化にすこぶる関心を持ってくれる海外の方々は、一つ一つのリアクションが違う。日本は世界に誇る歴史と伝統、そして奥深い文化の香りと大自然に包まれた国だが、気づいていないのは、もしかすると我々日本人だけなのかも知れない。

 
D75_900430617


D75_8996


D75_9018



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2018/4/9 08:05 pm

英国より、友来たる。

D75_8903


 15年ぶりだろうか、英国より旧友の家族が来熊した。東京、京都を経て、一昨日の夕方に熊本入りしていた。

 久しぶりの再会で、料理以上に話は盛り上がった。本日の主人公である9歳の娘の料理に迷ったけれども、大人と同じもので対応した。しかし、彼女は日本の文化にとても関心があり、食べた事のないものでも、常に「チャレンジ!」と言って、美味しそうに平らげた。

 「また、熊本へいつ来る?」と尋ねると、「17年後!」と答えた。自分が26歳になって来たいと言う。医者になりたいという彼女だが、反応や答え方がとても大人である。ホテルスタッフから贈られた「折り紙」、筆者の知人から贈られた沢山の「京都名物のグッズ」に飛び上がって喜ぶ家族。

 食事の時も、日本料理の作法や熊本城の歴史と籠城戦に備えた造りなどを熱心に聞き入っていた。今思い出したのだが、座敷個室に入る時に、娘が靴のまま入ろうとすると、母親が「ここは靴を脱いで、ちゃんと揃えなさいよ!」と小さな声でアドバイスしていた。

 先般は、ホテルロビーの中央にて、ゴロゴロと寝転んだり、大声を上げたりしていた日本人の子供が居たが、親は友人との会話に一所懸命で、それに注意をすることもなく、静かなホテルロビーが動物園と化していた。日本人として恥ずかしく思った。騎士道と武士道が一つの共通項でもある、英国と日本。一端の社会人となるには、先ずは、礼儀作法の習得にあろうかと・・・。

 何はともあれ、3時間ほどの楽しい晩餐会であったが、とても和やかで思い出に残る、素敵なひと時となった。ちなみに、4月9日には富士山へ行くというが、少々荒天のようなので、気をつけて帰途についてもらえればと・・・。


D75_8840


D75_8922


D75_9039


D75_8734


D75_8775



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2018/4/7 12:08 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp