ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 上天草

松島観光ホテル岬亭公式サイトがリニューアル!

▼松島観光ホテル岬亭の橋本久美子女将(代表取締役)
DSC_8425


misaki1


 松島観光ホテル岬亭がネット事業に着手したのが、1997年の11月。インターネット黎明期からの参入となり、熊本県内のホテル業界では大のベテラン。既に、18年が経過したことになる。

▼松島観光ホテル岬亭公式サイト(スマホ対応)
 http://www.misakitei.co.jp/Link
 ※ロゼッタストーン(弊社主宰)会員では、最古参。

 今回、大リニューアルを推し進めていた(リニューアル中のところもある)弊社スタッフだが、リニューアルに着手し、数ヶ月が過ぎてしまった。リニューアルが長期化している理由としては、半端ない情報量にある。ちなみに、弊社WEBサーバーに同ホテル十数年分の大容量のデータが格納されていることになる。(多種多様な情報であるが故に、検索エンジンでも色んなキーワードからも抽出される)

 例えば、随分昔の情報だが、「女将の知恵袋」や「一品料理レシピ集」なども搭載されている。当時、マスコミからの取材が殺到し、かなり話題となり、わざわざ東京から同ホテルを訪ねてきたテレビ局が何局もあった。

 熊本県を代表する海のリゾートホテル 松島観光ホテル岬亭。・・・最近は海外からの観光客も増加傾向にあると言う。英会話基礎コースもしっかりと学び、外国人観光客に対応している女将の姿が目に浮かぶ・・・。

 また、いつも元気なご挨拶をしていただく松島観光ホテル岬亭のスタッフたち。最近、お会いしていないので、近々、是々非々、取材の為に足を運びたいと考える次第。

misaki3


<天草の新鮮魚介類>
 同ホテルの料理のメインは、何と言っても、天草近海で漁れる新鮮な魚介類である。鯛、鯵、伊勢海老、車海老、アワビ、ウニ・・・と、枚挙に遑がない。写真下のように、お造りもダイナミックであり、その甘みのある新鮮な刺身などは、筆舌に尽くしがたい。

▼小生がちょろんと立ち寄った時にご馳走になった料理群
DSC_2037


▼ヒラメと伊勢海老のダブルお造り(特別料理)
DSC_2057


▼伊勢海老のお造り
DSC_2628


▼珍味高級魚 ウツボのお造り(特別料理)
DSC_2609


<鉄板焼レストラン>
 熊本県内には、本格的な鉄板焼レストランは十数軒。中でも、同ホテルの鉄板焼レストラン「杏布炉舎(アンブロシア)」の施設のレベルは高い。
DSC_2959


DSC_2994


DSC_2982


DSC_8529



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/11/1 02:38 am

松島観光ホテル岬亭の鉄板焼!!

▼橋本久美子女将

DSC_5537


 久しぶりに、松島観光ホテル岬亭へ足を運んだ。急に決まった、天草行き。昼はオニギリ1個程度で済ませ、同ホテルの鉄板焼レストラン「杏布炉舎(アンブロシア)」の取材に備えた。

 たまたま松島町近郊に用があると言うので、親しい友人が車を出すことに・・・。取材機材が重く、それにノートブックやケーブルなどを持ち運ぶとなると、結構、エネルギーを消耗する。それに加え、往復3時間の独り運転ともなると、走りながら音楽を聴かないので、余計に無言のサイレントドライブ。・・・正直、エンジン音を楽しむタイプの車好き。よって、サイレントドライブで良いのだが、長時間のドライブとなると、ストレスは溜まる一方となる。

 そんな時に、気軽に車を出してくれるのは、とても有り難い。しかし、バタバタと玄関を出たものの、大切な取材機材が入ったバッグを忘れてしまうという始末。超ワイドなどのレンズが置き去りになったのである。・・・「まあ、マクロレンズ1本あれば、料理を撮るには十分なので、いいか!?」と、同ホテルへ向けて走る車の中で、ポジティブな表情で自分に頷いた。

 同ホテルに到着したのは午後6時過ぎだった。女将がわざわざ玄関まで出てきて、取材先の鉄板焼レストラン「杏布炉舎」へ案内してくれた。いつもながら、素敵な店構え。同ホテルの中庭の先に、オシャレなレストランの明かりが見えてきた。シェフは入り口に立ち、私の到着を待っていてくれたのだった。

 今日のメインは・・・やはり、天草海の幸の代表格である活伊勢海老だ。キャップで蒸しはじめたシェフ。段々と伊勢海老の赤みが増してきて、何とも言えない香りが漂ってくる。流石に、活伊勢海老は旨い。プリプリした身は甘みがあり、バターを絡ませた伊勢海老を、一瞬にして食べてしまった。「良かったら、あと一皿!」と注文したいほどの味わいに、大満足。

 2年ぶりに会うシェフは、所作がしっかりとしており、手際が随分良くなっている。余裕も出てきたのか、会話も軽やかであり、一つ一つの説明がしっかりしていた。その後、フィレを焼いて、ガーリックチップを添えてサーブしてくれた。脂身の少ないフィレは柔らかく、繊維も細く、食感も良かった。

 月曜日というのに、同ホテルではグランドゴルフ大会参加者の団体で埋め尽くされ、満室のようだ。余生を十分に満喫しているご老人たちが、露天風呂に浸かり、それから宴会場でワイワイ楽しんでいる様子が目に浮かんでくるようだ。

 熊本県内でも鉄板焼レストランとしては設備も環境も最高レベルにある「杏布炉舎」。最近、二連泊のお客は、初日に和食コース、そして二日目は鉄板焼と・・・大変ゴージャスな料理を楽しめると、大変好評のようである。

DSC_5340


DSC_5365


DSC_5250


DSC_5324


DSC_5327


DSC_5302


DSC_5379


DSC_5297


DSC_5399


DSC_5409



【松島観光ホテル岬亭公式サイト】 http://www.misakitei.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2015/3/3 02:25 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp