ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ワクチンの副反応

歯車が壊れた日本人・・・

title-josui


 昨夜、長時間の討論会のような場で話を聴いていると、どうしても、年齢や世代を気にする発言が多かった。20代はあーだこーだ、30代はこーだあーだ・・・と、勝手に世代の考え方の違いを決めつけて話をする人がいたのである。視野狭窄と言うか、一方的な根拠なき発言に唖然となった。

 海外では、特に欧米では、年齢を聞いたり、世代による区別、差別はないと信じているが、この島国日本では、どうも、世代を区切りたがる人が多いようだ。では、29歳の人が明日誕生日で30歳になったら、直ぐに30代の世代の仲間入りとなり、考え方も急変するのかと、首を傾げるばかり。

 また、最近思うことは、近所の方々の、特に高齢者たちが挨拶を忘れている点である。自分の子供や孫には厳しく挨拶を躾けてきているにも関わらず、目の前を通る高齢者で、会釈もせずに、仏頂面にて、知らぬふりして歩き去る人が多くなってきている。これじゃ、子供や孫たちがしっかりと育つはずもない。

 それに、あちらこちらに「構ってちゃん」の女性が多いのも驚きである。完全主義者と自負する人が、白黒はっきり言うのは一向に問題はないが、歪んだ考えを正論として押し付ける人の汚い言葉は頂けない。知りもしない政治家に対して誹謗中傷を繰り返す。とんでもない履き違えとしか言いようがない。

 共通しているのは、年上へも同年へも年下へも「敬愛の念」が欠落しており、「個人主義」と「利己主義」が、ごちゃ混ぜになっている点。「欧米化」と言えばそれまでだが、個人主義と利己主義は全く別物である訳で、精神的な自由であるリバティーと身体な自由であるフリーダムさえも理解できていない。

 自分が気に入らないことには、全てに否定の見解を示す人。完全に、自分自身を神棚に上げ、不毛なる罵詈雑言を重ね、人や組織を根拠のない誹謗中傷にて塗り潰して行く展開となる。特に「構ってちゃん」の論理思考の歯車は壊れており、整合性のない詭弁駄弁が延々と続き、挙げ句の果てには泣き崩れる始末。

 以上のように、今や、国内のSNSの世界にて「荒らし」の常習者が出没しているけれども、すこぶる危機的状況であろうかと思う次第。人に迷惑を掛けていることを認識しない人。人の話をボキボキと折る人。人からのサジェッションを拒絶し反発を繰り返す人。とんでもない人格欠損のような言動が目に余る。

 更に、普通のレベルにて日本語を語っても、ボキャブラリーが希薄すぎるのか、語る人の日本語が理解できていない。また逆に、自分の話す内容が支離滅裂にて、何を喋っているのか意味不明な人も多い様に感じられる。そうしている内に、その場は最終章として教育問題へ話題は移っていったのである。

 或る小学校の先生によると、学習指導要領も進化し、各授業において「対話」というものを重視したベクトルに変わるような兆し。しかし、教科別の「対話」と言うよりも、「対話・会話」というものをメイン教科として確立して欲しいと感じた筆者である。

 幼い頃を思い起こせば、日頃から対話不足の子供たちは、確かにボキャブラリが不足気味で、自分の思いを伝えられずに引っ込み思案になっている子供も少なくはない。「本を読め!」と一方的に言われても、聞く耳を持たぬ子供の方が圧倒的に多い訳で、「対話・会話」により耳学問を注入する方が、よっぽで身につくのではなかろうかと考える。

 最終的には、大人になった時の「民度」の問題へ繋がって行くことになるが、幼少期の教育は、子供たちの将来をほぼ決定すると言っても過言ではない。よって、先生たちが一人一人の子供の「資質」の評価(Evaluation)をしっかりと行い、子供が興味を示すものや得意なもの(潜在能力)を引き出すことに専念して頂ければ、当然の如く、民度が高くなりはしないかと。

 机上の空論のような言葉の羅列で束ねるのは実に簡単なことだが、コロナ禍の時代に突入し、この世の中が昔に戻るはずもなく、眼前に聳り立つ分水嶺を前にして、これからどのように対処すべきか、生きるべきかの結論には至らなかった。今回、コロナ禍により、非常に難しい試練を突きつけられた様に思えてならない。


▼もっと自然に目を向けて、「自然体」を意識せよ!
CAMELLIA-1


CAMELLIA-2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2021/2/20 12:00 am

COVID-19のワクチンの副反応・・・

title-josui


 昨夜、SNSにて、ニューヨーク在住の人が、COVID-19ワクチンの副反応について、以下の様に、ワクチン注射後の経緯や副反応について語ってくれた。

 「初回の筋肉注射の針自体の痛さはなかったのですが、ある程度時間が経って、注射を打たれたところがやや腫れたり、痒みがあったり、更には、38.5度ほどの熱が出ました。食欲はあったのですが、5日ほど経って、その違和感は消えました。しかし、二度目の注射の時は、五十肩かと思うほど肩の痛みを覚え、頭痛もあったりして、副反応をしっかりと認識致しました。」と。

 上記のように、ワクチン注射の経過を実際に聞いたことはなかったが、体験者の生の声を聞けば、副反応が如何なるものかが良く理解できた。昨年の大統領選の最中に、トランプ大統領もCOVID-19に感染し、1週間ほどはマスクの上に見える険しい表情(目付き)を思い出すのだった。よって、COVID-19を見くびってはならず、現段階でのワクチンの副反応に対しては、いささか覚悟する必要があろうかと・・・。


▼谷尾崎梅林公園の梅の花
umenohana-1


umenohana-2


umenohana-3



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

       

  • posted by Chikao Nishida at 2021/2/19 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp