ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ネイチャー

Nikon党のFacebookグループ・・・

500_8197


 Facebook上のあるグループ(Nikon大好き)に登録して、どのような人たちが写真をこよなく愛しているのかを拝見させていただいた。1日に2枚までの投稿が許され、しっかりとカメラの機種とレンズ(レンズはNikon純正ではくてもOK)を明記するようになっている。

 手始めに、この2日間でこれら4枚の写真をアップさせていただいた。先ほどアップした、「ヒョウモンチョウとマリーゴールド」と「熊本地震と野良猫」については、瞬く間にリアクションがあり、特に外国人女性のリアクションは凄かった。メッセージの山である。野鳥を撮影されるのが大好きなのようで、小動物の動きに興味があるのだろうと。

 そのグループは圧倒的に日本人が多いけれども、皆、Nikon党。DXからFXの色んなカメラを駆使して、日々の記録に専念されているようだ。鉄道マニアの方もいらっしゃる。花々を幻想的に撮影する方もあれば、スローシャッターで絹糸のような流れを表現されている方も。何時間もかけて、夜中に星空を撮影されている方も・・・。

 ふと思ったことだが、皆、肩に力が入っていない。自然体にて、目の前の情景を切り撮っているので、拝見していても、実に心地よく目から脳に入って来る。たまには加工だらけのもあるけれども、それはその方の趣味趣向のものだから、別に何も問題は無い。ただ、筆者の趣味からすれば、そのままの姿を撮された方の作品に目が行くような気がした次第。

 しかし、想定外にカメラを趣味とされている方々が多いことに、逆に、腰が抜けてしまった次第。


DFD_8732


404 File Not Found

404 File Not Found


◎オブスクラ写真倶楽部(Facebookグループ)
 https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

◎西田親生 Behanceサイト
 https://www.behance.net/chikaonishidaLink

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2017/8/7 12:51 am

1785gのカメラ&レンズで・・・

▼NIKON D800+SIGMA 24-105mm f4

D800


 単焦点ずばかりを揃えて取材している現在、ちょっと気分転換にズームレンズ(24-105mm f4)を使ってみることにした。

 本格的な取材ともなると、ロケーションによっても異なるが、カメラ2台、レンズ数本をカメラバッグに詰め込んで行くことが多い。ところが、このズームレンズを使ってみると、如何にズームが楽々なのかが分かってしまう。

 勿論、手元の単焦点レンズと同様に、24、35、50、70、80、105と刻み込まれた数値を可能な限り設定して、単焦点レンズを使っているように自分に思い込ませ、騙し騙し撮影することにした。

 f4がf2.8となればもっと撮影しやすかろうと、ブツブツ文句を言いながらの撮影である。しかし、重い。取材後にネットでカメラ本体とレンズの重さを調べてみたが、何と、カメラ本体が900g、ズームレンズが885gあるではないか。

 左手にずしっと来るので、かなり重たいとは覚悟していたものの、取材先で1,785gのカメラを持ち歩き、手持ち撮影していたのである。気付かぬ内に、取材をしながら筋トレしている状態。

 なるほど、ズームレンズというものは便利なようだが、f値が少々大きく、ボケを楽しもうとしても、単焦点レンズには敵わない。しかし、このレンズは色乗りがよく、程よい質感を出してくれるので、お散歩用としてしばらくは使ってみようかと・・・。

▼設定:24mm
24


▼設定:35mm
35-1


▼設定:35mm
35-2


▼設定:50mm
50


▼設定:75mm
75


▼設定:80mm
80


▼設定:90mm
90


▼設定:105mm
105


▼取材風景
chikaonishida



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2015/12/3 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp