ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » シャッターチャンス

旧細川刑部邸が一部開放・・・

DFD_6312


 熊本地震で被災した旧細川刑部邸は、普段閉鎖となっている。しかし、梅のシーズンと紅葉のシーズンは一部開放するはずだと思い足を運んだところ、薄々の期待通り、11月24日から12月3日まで一部開放となっていた。

 規制線が痛ましいが、多くのカメラマニアが集まり、緑から黄色、そして赤に染まりつつある美しい紅葉にレンズを向けていた。夕刻からは、庭園内通路両脇にキャンドルが並べられ、紅葉のライトアップが楽しめる。

 ただ、カメラや三脚を持ち歩いて撮影するのもいいが、歩行者の邪魔にならぬように気をつけたい。たまに、通路の中央に三脚を立てたり、侵入禁止となっている通路以外のところへ足を踏み入れる人もいるので、そこはモラルをもって紅葉を静かに愛でていただきたいものである。

 一端のフォトグラファーとして物申させていただければ、「三脚使用禁止」にした方がトラブルもなかろうと。「三脚でなければライトアップが綺麗に撮れないじゃないか!」と文句が出そうだが、そこは息を止めて、心臓も最低限に動かして、そっとシャッターを切り、闇夜で頑張ってもらえればと・・・。(苦笑)

 
DFD_6358


DFD_6331


DFD_6396


KOUYOU



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

▼旧細川刑部邸公式サイト
 https://kumamoto-guide.jp/spots/detail/81Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2017/11/28 04:28 am

金峰山へ紅葉を求めて(2)

D75_8931


 つい最近まで、金峰山は足繁く通う処ではなかった。昨年から、たまに峠の茶屋にある食事処でランチを楽しむ程度。言葉は適切ではないが、苔むしてジメジメして暗い、誤ったイメージを持っていた。

 しかし、1回、そして2回と足を運ぶ毎に、ピンポイントの絶景地点や一面香り漂うみかん園など、いろんな発見があり、いつの間にやら、不定期ではあるが、取材対象リストに入ってしまったのだ。

 写真上は、金峰山に紅葉を求めに行く途中、自販機で飲み物を購入した時のお店が、余りにも魅力溢れていたので、苔むした瓦と大木と紅葉(写真下)を撮影したもの。昔ながらの商店は、昭和の風が吹き、ただ立っているだけで、心地よく自然に包まれたてしまうのだった。

 今回は、皇帝ダリアとも初対面。この山奥に意表を突くように咲き誇っていた。金峰山第1駐車場はほぼ満車の状態で、ちょうど1台車が出て来たので、運良くさらっと入ることができた。

 みなさん、登山の格好をしている人が圧倒的に多かった。ウォーキングを楽しむ人、別荘でゆっくりと過ごす人など、人それぞれである。ただ、平均年齢は思ったよりも高いようで、老後の楽しみではあるようだが、決して交通事故など引き起こすことなく、無理のない登山やウォーキングを願えればと・・・。


D75_8934


▼大輪の皇帝ダリア
D75_8936


▼金峰山第1駐車場周辺の紅葉
D75_8939


D75_8947


D75_8955


D75_8957


D75_8960



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第1号ポータルサイト)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2016/11/22 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp