ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » サンセット

肉眼で捉えられない世界・・・

D60_8012


 先般、先見塾天草の帰りに、車窓から見る、宇土半島北側から普賢岳方面のサンセットが余りに素晴らしかったので、急遽車を停めて、潟のところまで降りて撮影することにした。最初は全く気づかなかったが、引き潮の潟をよく見ると、小さな黒い点があちこちで動いている。24-105mmのズームレンズを装着していたので、105mmで撮影し、その正体を拡大して確認することにした。

 小さな蟹である。下がその最初に撮影した潟の写真だが、その中央部近くのところをトリミングしたら、相当数の蟹の姿を確認できた。目だけを水面に出しているものもあり、潟に埋まっているものもあり・・・こんなに小さな生物もしっかりと生きているのかと思えば、とても微笑ましく感じ、じっと見とれて、サンセットの撮影を忘れてしまいそうになった。

 話はカメラの話に・・・一眼レフデジタルカメラの凄さは、今回のように、肉眼で見えない小さなものまで、しっかりと写し出してくれる。本当に素晴らしい。近頃は5000万画素を超える高機能なデジカメが、各メーカーから発表されつつあるが、乱視の筆者にとっては、ディテール、例えば、うぶ毛1本まで教えてくれる神様のようなデジカメに日々感謝しているのである。

 よって、帰社後は、必ずカメラ本体やレンズのクリーニングを行うようにしている。翌日、取材でそのままぶら下げて行っても、現地でさっと撮れるようにしている。しかし、手動のブロアーだけでは完璧に埃などを除去できないので、最近は、AIR DUSTERという強力スプレー式のクリーナーを使用している次第。まあ、たわいもない話であったが、今後のデジタルカメラやレンズの進化を楽しみつつ、次回の取材先の予定でも組もうかと・・・。


crab1


crab2


crab3



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2016/10/1 01:20 am

サンセット絶景スポット!

IMG_0009


 昨日は天候が微妙に悪かったものの、午後から河内町方面に県道101号線を走ることにした。途中、熊本市北部を山上から撮影したり、更にアップダウンの激しい山道を通り、有明海側に移動し、遠景に見える島原の普賢岳を望遠レンズで捉え、その日の取材を終了した。

 河内町を出発したのは午後4時頃だった。午後5時を過ぎると、熊本市内の主要幹線道路は混み始めるので、若干早めに熊本市中心部を横切り、オフィスに戻ることにした。途中、コンビニで買い物を済ませ、あれやこれやと用件を済ましていると、既に午後6時を過ぎていた。

 駐車場に車を入れて、オフィス階段を上ろうとしている時、何気に西の空を眺めると、にわかに雲が湧き、サンセット撮影に程よく色付き始めていたのだった。よって、間髪を入れず再び車に飛び乗り、日頃から足を運ぶ高台へと向かった。

 誰かさんが来てないかなと思いつつ、ぐるりと回って定位置に駐車しようとすると、案の定、誰かさんが既に撮影に入っていた。また、横には初顔の方もスマホで撮影していたのである。

 最近、この高台はカメラを趣味とする人たちの出逢いの場となり、今まで何人もの方々とお友達になり、会えば、共通する趣味の話題で盛り上がる。今回も新顔さんがお一人。皆でご挨拶をして、話をしながら、じわじわと紅(くれない)に染まりつつある西の空を狙っていたのだった。

 空気が抜けるように澄んだ空だった。日頃遠くに見える山々がすこぶる近くにくっきりと見える。こんなに美しく贅沢なサンセットがこの場から楽しめるのは、幸せなことなのだろうと思いつつ、本日の撮影はすべて終了した。

 
sunset1


sunset2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)熊本県第1号ポータルサイト
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2016/9/14 12:43 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp