ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » サンセット

カワセミが人気沸騰!・・・

▼一番人気のカワセミ

6


 海外の反応は、「カワセミが美しくて可愛い!」だった。本来ならば、カワセミの魚獲りやツガイの仲良しシーンが良いけれども、その場でずっと待ち続ける撮影法を好まぬので、行き当たりばったりの作品しかない。

 次に評判が良かったのは、白鷺のアップ写真。魚獲り前に、静かに湧水池を眺めているシーンである。この白鷺は、熊本市内にある八景水谷公園で撮影したもの。野鳥だが、抜き足差し足で近寄ると、撮影可能な距離まで逃げぬ、人慣れした白鷺である。よって、200mm程度の望遠レンズでビッグサイズの白鷺が撮れた。

 サンセットは、エーゲ海など、海外から観光客がわんさと集まる観光地とは違い、山に囲まれた熊本市内の夕景である。しかし、時には、写真のように真っ赤に空が染まり、雲が面白い幾何学模様を創り出すこともある。これまた、行き当たりばったりの撮影だが、もっと深み、奥行き立体感のある写真を撮りたいと意気込んでいる。

 ここ1ヶ月ほど、海外の写真大好き人間に混じって、それもギリシャの写真愛好家のグループの中で写真をアップし、評価を頂いている。多分、最大グループのメンバー4万人の中では、筆者は唯一の日本人なんだろうと。経済的には、決して恵まれてはいないギリシャ国民だが、皆が毎日のように明るい表情を見せてくれているところが、とても心地よく感じるのである。


▼白鷺
11


▼サンセット(熊本市内)
7


8


10



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2017/9/4 12:00 am

直線距離10kmで夕景の撮影・・・

500_3010


 最近、なかなか美しい夕焼けに恵まれなかったが、本日は西の空が赤く染まるかと思い、オフィス窓から直線距離で約10km先の金峰山(標高665m)方面の夕景を撮影することにした。完全日没5分前のことである。

 機材は、Nikon D500+Sigma 150-600mmの組み合わせで、フルサイズ換算であれば900mmの超望遠レンズで撮影することになる。手持ち撮影なので、シャッターブレや手ブレなど覚悟しながら、太陽が山陰に完全に隠れた瞬間に十数枚を撮影したのだった。

 太陽をファインダーで見るのは厳禁。ただ、太陽を大きく写しても面白くないので、山陰に隠れた後の空のグラデーションと影絵のような金峰山や電波塔の絵面を期待しての撮影とした。

 太陽が沈むまでは、液晶画面でライブ映像を確認しながら、太陽の姿が消える瞬間からシャッターを切っていった。電波塔にフォーカスを当てるも、本当にブレがないのか自信はない。のるかそるかの連写で、誤魔化そうかと・・・。

 このようなケースでは、でっかく頑丈な三脚が必要となるけれども、ある友人の知人で有名なプロカメラマンが、「60歳過ぎたら超望遠レンズの手持ち撮影で、F1なんぞ撮れませんよ。だから、今は静かな花々を撮ってます。」という話を思い出したので、やはり死ぬまで手持ち撮影で頑張ろうかと・・・。(しかし、フォーカスを合わせるのが大変!)

 蛇足だが、カメラからの距離が10kmで金峰山の標高が665m。こちらのオフィスの標高が72mなので・・・
 ((665m-72m)÷10000m)×45度=2.6685度(約2.7度)の仰角なのかと・・・!?


500_3041


500_3049


▼ついでに北の空に浮かぶ雲とアドバルーンも撮影
500_3051



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/8/28 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp