ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ギャルソン

ローストチキンは至福の極み・・・

chicken1


 以前、テレビ番組だったか、鶏の胸肉を毎日100g程度食べると、持久力が増すという実験をしていた。三人の男女を選び、屋内で1500mmを走らせ、10分休憩後に、また1500mmを走らせた。選ばれし三人は、10分後の1500mmについては、ヘトヘトでほとんど歩きの状態だった。そこである程度の期間、毎日、その三人に鶏肉を摂らせて、再度、同じ実験を試みたのである。

 どうなるのか興味津々であったが、予想以上に、三人とも10分後の1500mmを歩く事なく完走したのであった。やはり、栄養価の高い、質の良いタンパク質を含む食材が、持久力を増すことが実証された訳で、実に単純な話ではあるが、その頃から鶏肉へ強い関心を持つようになった。

 しかし、家庭料理ともなると、唐揚げなどが中心となってしまい、面倒臭くなり、なかなか作ることがない。ましてや、ローストチキンともなると、これはプロの領域として、レストランのシェフに任せるのが無難となる。よって、今回、少々夏バテ気味だったので、写真のローストチキンをオーダーしてみた。(現在のメニューにはない)

 その芳ばしさは、瞬間的に胃袋を動かしてくれる。更に、皮目のサクサク感と、柔らかい肉質とジューシーな肉汁が絡まれば、ご飯がどんどん進むのだ。食事は、水とともに命を支える大切なもの。このように身体が喜ぶような良質の食材にありつけた時、その日の疲れが一瞬にして飛んでしまうのだった。

chicken2


▼マネージャー(熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏)
castle1


▼ギャルソン(熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏)
castle2


▼ウェイトレス(熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏)
castle3



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2015/8/7 05:04 am

客情報を的確に伝える・・・

D60_2759


 昨日、朝からバタバタとして、朝食も昼食も食さずに外出となった。まあ、前日の天草黒毛和牛の大食いを考えれば、少々食事を抜いても良いくらいだと思ってはいたものの、約束の時間である午後4時半に某所に足を運び、話し込んでいたのである。

 それから熊本ホテルキャッスルへ戻り、ソファー席に座るや否や、今まで静かにしていた胃袋が、遠雷のようにゴロゴロと鳴り始めた。久しぶりの、ゴロゴロ。昨日の黒毛和牛の大食いも完全クリアしたようなので、メニューを見て、和風ハンバーグをオーダーすることにした。

 通常は200g程度だろうか!?・・・運び込まれてきたものは、いつもより少々分厚いような・・・。担当ウェイトレスに聞くと、「今日は、250gです!」とニコニコして教えてくれた。

 なるほど、客の腹の空き具合をウェイトレスが注文時に把握して、「今日はお腹が空かれていらっしゃるので・・・」と伝えていることがすぐ分かった。にんにく醤油を大根おろしに掛け、分厚いハンバーグをナイフで切ると、透明な肉汁がじんわりと流れ出てくる。あまりの美味しさに、数分で完食となった。

 料理をサーブするタイミング、料理の温度、そして美しい盛り付け・・・昨日のウェイトレスとシェフの連携も素晴らしく、申し分のない接遇に脱帽礼となった。近頃、若手女性パティシエがシェフに変身しているが、その女性シェフのサラダの飾りつけは、実に可愛らしくもあり、皿の空白部分をうまくキャンバスとして使っている。

 申し分ない!!!

D60_2653


D60_2659



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2015/8/5 12:54 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp