ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ふるさと

連載 山鹿発見伝(3)

▼日輪寺 南無と紅葉
2016-12-5



<素敵な方々との出会い>

 連載第三弾は、2016年12月6日から16日に掛けて撮影した写真を準備した。この頃は、夏から秋にかけての嫌な思い出が一気に吹っ飛んでしまうような、素晴らしい人たちとの出会いがあった。

 数十年間、プライベートもオフィシャルも遮断された郷里へ足を運ぶのは、実は心の中はワクワクドキドキの気持ちで、期待だけが大きく膨れ上がるばかりだったが、運悪く、他人の誹謗中傷や揶揄が渦巻くダークスポットに足を踏み入れてしまった。

 幼稚園や小学校の良き思い出しかない筆者にとっては、幼い頃の純朴な友人の記憶を辿るしか無かった。しかし、大人への切り替わりの段階で、極僅かな確率であることを信じたいが、豹変した人との接点を持つことは、思いの外危険な行為であることに気付かされたのである。

 会ってもいない第三者を、何故に、有る事無い事、悪い噂で塗り潰そうとするのだろうか。何の根拠もないことを、情報通の人間を装い、如何にも知り尽くしているかのように喋り捲るのだろうか。筆者にとっては99%はネガティブ情報なので、ちくわ耳をもって対処することにした。

 ここで、良き人たちとは、どのような人だったのか!?・・・それは、ふらりと訪ねた自転車販売の老舗に始まった。立ち話の中で、50年ものの古びた自転車や昔の菊池川周辺の話を沢山してくれたので、次第に、筆者の記憶の箱の蓋が次から次へと開かれて行き、昭和の良き時代の映像が、脳裏を駆け巡ったのである。

 それから、また二十数年ぶりに再会した人物が、凹みきった筆者を励ましてくれた。話をしている内に、一度、郷里からすっかり遠ざかりたいという心を持ち始めたのたが、本格的な個展(写真展)をしてみないかとの誘いに、間髪を入れず、首を縦に振ったのである。よって、翌年(2017年)の2月に、山鹿市で個展「如水」を開催する運びとなった。

 世の中で、一番難しいのは、人間関係である。同じ地域に住む人間でも、隣人の家庭のスタンダードは、千差万別であることを知ってはいるものの、これ程までに土着性の強いダークスポットの方々の考え方や挙動は水と油の世界であり、全く受け入れることは出来ない。・・・ちなみに、ダークスポットが大きく多ければ、地球に磁気嵐を呼ぶことになる。

 筆者が嫌うのは、電話をしてもコールバックしない人、メールに的確な返事をしない人、口約束を一方的に破る人、初対面の人のことを知ろうと努力しない人、自分自身を神棚に奉る人、人の失敗を喜び成功を妬む人、懐疑心に包まれた人、無償で情報を入手し真似する人、苦言助言を真摯に受け止めない人、「Give & Get」の精神のない人・・・などである。

 最終的には、ダークスポットからのネガティブな見えざる手の呪縛から逃れることができたのは大きな収穫でもあり、これまで抱いて来た、郷里に対する情熱を燃やす余白が沢山できたことに、心から感謝する次第である。

▼岳間渓谷の吊り橋(山鹿市鹿北町)
2016-12-6


▼さくら湯(山鹿市山鹿)
2016-12-7


▼フクロウの置物
2016-12-9


▼不動岩
2016-12-16



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)・・・熊本県第1号WEBサイト
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/7/23 12:00 am

十数年振りに母校を訪ねる・・・

▼山鹿市立山鹿小学校
yamaga1


yamaga2


 十数年振りに母校である山鹿市立山鹿小学校を訪ねた。中学校に入学するころから、転勤族であった父の金魚の糞となり、県外を点々としていたので、郷里の母校に足を運ぶ事は滅多になかった。

 久し振りにその姿を見て、正直なところ、驚きの色を隠しきれなかった。無数にある記憶の箱が一度に開封されると、幼稚園や小学校時代の頃の出来事が、爆発するような勢いで、脳裏を駆け巡る。

 新校舎は、デザイナーズブランドのような、総ガラス張りで、室内は独特な構造となっており、木の香りが一杯の、憩いの為のパブリックスペースかと思うほどに、各施設が配置された機能美溢れる庭園そのものである。

 筆者が小学校2年生になる頃に、当時の木造教室が全て鉄筋コンクリート3階建ての校舎になったと記憶している。それから半世紀近くが立ち、その母校の姿は余りのも眩しく、近代建築物が現代建築物に、そして未来建築物に変わっていた。

 しかし、だだっ広い運動場は当時のままだ。運動会の後なのか、ライン引きでトラックを描いた跡があり、当時の小学校の大運動会の映像が、運動場一杯に広がって行ったのである。当時、鼓笛隊の指揮をしていた筆者は、行進の先頭を歩き、鼓笛隊の後にバトンガールが続き、その後に、1年生から全校生徒が行進して行ったのだった。

 同校は、熊本県北地区で最大級の小学校。1学年6クラスあり、全校生徒は約1500人ほど居たように記憶する。たぶん、現在は少子化となっており、かなり生徒数も減っているのだろうと・・・。

 また、運動場のすぐ東側には大宮神社がある。大楠が茂り、夏はクマゼミの鳴き声が絶えず、その木陰で遊び回っていた事を思い出す。大楠の上から降りて来た大きな青大将に腰を抜かしたり、地面に蝉の小さな穴を見つけては掘り起こし、それを自宅の机の引き出しで孵化させたりと・・・幼い頃の思い出は尽きない。

 このように、大人になった今、当時の自分の足跡を求めて、それをトレースするのも面白い。幼い頃は、善きも悪しきも罪はない。恨み、辛み、妬みもない、大らかな時代を過ごせたのである。・・・少なからずとも、歪んだ人生を送らずに済んだのは、幼少期において、この素晴らしい環境下で育つことができたのが一番の要因だろうと、つくづく親や友人、知人に、心より感謝しなければならないと・・・。


▼大宮神社
yamaga3


yamaga4



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/9/16 03:49 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp