ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

京料理「えのきぞの」、人気の弁当・・・

enokizonotoyonari


 久しぶりに、京料理「えのきぞの」へ連絡を入れ、コロナ禍における現状を聞かせてもらった。世界的なパンデミックが報じられる中、熊本市内も毎日40人を超える感染者が出ており、市内ホテルレストランも含め、食事処はかなり厳しい状況下に置かれている。

 ただ、巣ごもり用、家族団欒のお祝い事など、弁当の需要が増える中で、昔から弁当を手掛けている同店のものは、唸るほど旨い弁当として人気が高い。また、写真下は、同店のコース料理「雅」。土鍋炊き立てご飯が旨かったのを、急に思い出し、腹が鳴り出した。

 同店料理長の榎園豊成さんに、弁当について質問を投げ掛けてみた。何と、五千円(税別)のゴージャスな弁当を作ると言う。これまで取材したものは三千円(税別)が最高額だったので、「勿体ぶらずに、早く教えて下さいよ!」と、苦笑いしながら電話取材を終えたのだった。

 同店は、店内食事であっても、弁当であっても「電話による予約」を原則としている。よって、高額弁当は3日前には予約する方が良さそうだ。以前、帝国ホテルの部屋出しにて、「なだ万」の1万円(税別)の弁当を食したが、同店の弁当も負けず劣らずであろうかと思う次第。

 現在、熊本県内も午後8時までの営業時短で「我慢する時期」となっている。しかし、安直に午後8時まで営業時間制限をすれば、完璧に感染防止できるものではない。要は、利用する側がモラルを持って行動し、感染拡大防止を意識してこそ、旨い料理が食せることになる訳だ。

 畢竟、旨い料理を食したいのであれば、三密を避け、大声を挙げず騒がず、語る時はウィズ・マスクを徹底すれば、周囲に迷惑を掛けることなく、安心安全に会食ができることになる。子供でも理解できる簡単なルールが分からないでは、外食をする資格が無いと言われても仕方ない。


▼コース料理「雅」3500円(税別)※写真はイメージ
enokizono-ryouri-1


enokizono-ryouri-2


enokizono-ryouri-3


enokizono-ryouri-4


enokizono-ryouri-5


enokizono-ryouri-6


▼バリエーション豊富な同店の弁当
bento


takeout



◆◆◆えのきぞの◆◆◆
〒862-0975 熊本市中央区新屋敷1丁目9-19濫觴77A
TEL: 096-211-5525
定休日:月曜日

◎えのきぞの公式サイト
 https://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
◎えのきぞの公式Facebookページ
 https://www.facebook.com/shinyashiki.enokizono/Link

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                                       

  • posted by Chikao Nishida at 2021/1/22 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp