The Rosetta Stone Blog

好きこそ物の上手なれ!

800_9646


 「好きこそ物の上手なれ」と幼い頃から叩き込まれ、何事もポジティブに楽しんで遣ってきた。元々、他人様に依存してノウハウを無償で頂くことを好まないので、或る時は、書籍を漁っては、その原点を突き止めたり、歴史やストーリーを知識の箱に入れたり、自分が納得が行く方法で物事を学んできた感がある。

 勿論、自分が所属するところやグループなどについても、人三倍以上に、それに対する愛情を持ち、対人的には敬愛の念を抱き、諦めることなく一所懸命に走ってきたと自負している次第。

 ところが、巷では、何を遣っても中途半端で、尻切れとんぼの人をよく見掛ける。元より、自分自身が関わることへの関心の度合いが低く、それに対して愛情を投げ掛けていない人のようだ。

 自分が所属する会やグループについても、先ずは心から好み関心を持つことで、全てが円滑に動くというもの。しかし、自分が所属する会などへ愛情も関心も無いとなると、決して好循環に物事は動くはずがない。経営者としてのスキルや民度がアップすることなど、夢のまた夢となる。

 例えば、公式サイトを保有している会社で危惧するのは、「公式サイトは有るけど、どうでもいい!」と、無責任に言い放つ経営者もいるけれども、その時点で、本業とネット事業の歯車は狂っており、ネット事業からのシナジー効果は期待できるものではない。

 特に、地方においては、「あの人は気に入らないから、私はしない!」と、個人的な感情論を持って物事に接している人もいる。また、仲良しこよしのどんぐりの背比べで終わっている人も多い。しかし、自らが選んだベクトルを、舌の根の乾かぬうちに、コロコロと心変わりすれば、何事も上手く行かず、結局は尻切れとんぼ。無駄な時間と無駄な経費が嵩むばかりとなり、心身ともに疲弊する始末。

 結局、自分に関わる人たちに対する信頼する心がないから、秋の空のように、あちこちへとベクトルが変わって行くのだが、それは自分自身が信用できない人間であるという証であることも自覚すべきであろうと・・・。

 何事にも、「好きこそ物の上手なれ!」。・・・その言葉を常に頭の中に転がして、日頃からの活動に役立てて頂ければ、必ず物になるものが思いの外増えてくる。

・・・先見塾より

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


       

  • posted by Chikao Nishida at 2018/10/7 12:37 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp