ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

「如水」第5巻が完成!

▼小冊子「如水」第5巻 西田親生写真展記念
josui


 小冊子第1巻「如水 起業編」は、2011年11月9日に発刊した。それから、第2巻「グルメ開眼道」、第3巻「一品一筆」、第4巻「吉村悌二の世界」を書き綴り、今回、「西田親生写真展記念冊子」として第5巻を発刊する運びとなった。

 初刊から本日まで平均すると、5年少々で5巻なので、大した執筆活動とは言えない。もともと「如水」は、取材の中で、記憶に残るものや、エピソードなどをまとめ書き。筆者主宰の「先見塾」の副読本として、または名刺替わりとして使用するものだった。

 ちなみに、第4巻が2014年3月1日発刊なので、今回は約3年ぶりの「如水」となる。そんなに月日が経ったのかと・・・3年ほどサボタージュしていた自分に、呆れ返った。

 しかし、第5巻は、筆者なりに思い入れの強いもの。これまでの取材活動の集大成的(区切り)なものであり、今回の完成は、すこぶる感慨深いものとなった。撮影会や取材活動に参加した者は皆、1枚1枚の写真を見れば、その時、その瞬間の切れ味の良いシャッター音が聞こえてくるに違いない。

 実は、第5巻を発刊することを決定したのは、昨年のクリスマス頃だった。日頃から世話になっている広告代理店のご担当に電話を入れ、無理を言って、今回の超特急発刊に漕ぎ着けた。迅速、的確な動きとギリギリ納品に、この場をお借りして感謝申し上げる次第。

 また、2月13日(月)から27日(月)にかけて、筆者の個展(写真展)を山鹿市民交流センター1階ギャラリーで開催することになっている。その準備と併行して「如水」の新刊を作ろうと動き出したのは良いが、初校が1月下旬と、何とも無謀な依頼であったことは否めない。猛烈に反省しなければならない。(いつものこと)

 来週、待ちに待った個展の開催である。住まいは熊本市内であるけれども、生まれが山鹿市なので、第1回個展は故郷である山鹿で開催と決めていた。よって、2週間ほどの開催期間中に、今一度切り口を変え、故郷に隠れている宝物でも探してみようかと・・・。


▼西田親生写真展
exhibition



◎西田親生写真展記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1486393200Link

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

 

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2017/2/11 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp