ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

真心のこもった料理に舌鼓!

▼熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏(洋食の料理長)
D60_2133


 最初の料理は、「料理長が作りたいもの作って!」と言ってサーブされたものだ。ウクライナ地方の揚げ物料理、「キエフ」。大阿蘇鶏の胸肉とチーズ、香草が融合し、食感サクサク、そしてジューシーさを満喫させてくれる逸品であった。揚げ物なのに、さっぱりしているところが素晴らしい。
D60_2134


 2番目の料理は、ステーキサラダだが、同様に、料理長が気合を入れて、和食の八寸の如く盛り付けしてくれたものだ。ご本人は野菜を強調しすぎて申し訳ないと詫びていたが、健康を考えた野菜盛り沢山の料理は彩りも美しく、すこぶる楽しいランチとなった。
D60_2293


D60_2273


 3番目の料理は、塩分及び脂分控えめで、カロリーは600kcalを軽く切っている。しかし、そのボリュームはデザートまで完食すると、普段食べているランチよりも腹一杯になってしまう。流石に、「現代の名工」に選ばれた和食の職人だ。更に、その値段が2880円と聞けば、誰だって「一度は食べてみたい!」と思うに違いない。

▼熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏(和食の料理長)
D60_2327


D60_2344


D60_2349



 料理はアート。素材は勿論だが、ソースや出汁が命となる。しかし、ダイニングキッチン方式では、なかなか料理人の凄腕ぶりを見ることはできない。グランドメニューや決まり切ったランチメニューなどを組み立てるに過ぎないのだから・・・。よって、このように工夫に工夫を凝らした料理を目の前にすると、「このホテルが、震災から復帰してよかった!」と大声で叫びたくもなる。

 これからも、ホテルを訪れるカスタマーが腰を抜かすような料理をご提供願えればと・・・。

◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2016/7/5 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp