ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

第2回 先見塾(熊本)を開催!

800_0278


 基本から実践まで、しっかりと学ぶのが「先見塾」(随時入塾可能)。従来の塾内容を一新し、各塾生のニーズに合わせて、可能な限りface to faceで、とことん基本から学んで頂くシステム。

 表層部分だったり、ピンポイントで流れのない学び方では、単なるモノマネに過ぎず、本物の血となり肉となる自己啓発とは言えない。だから、何十年も大枚叩いてスキルアップしない人が圧倒的に多いのは、それが原因となる。

 今回は、熊本地震の影響もあり、普段は6名で開催しているが、残念ながら3名での研修会となった。益城町の被害はかなり酷いもので、塾生の自宅や店舗をダイレクトに襲った。それでも、地震ごときに負けて、自らの前向きな人生を捨てる訳には行かない。

 よって、震災の生傷が癒えてはいないが、参加可能な塾生のみ集まってもらい、先日復活したばかりのステーキハウス淀川(通常は熊本ホテルキャッスルで開催しているもの)の座敷にて、与えられた3時間に集中したのだった。

 同塾はサイボウズを使い、塾側と塾生間とのコミュニケーションを取っている。日々、「頭の体操」というカテゴリーの中で、IT総論各論、ホテル文化と食文化、英会話、人間学やその他、戦略家として必要不可欠なものを、楽しみながら学習するシステムである。

 例えば「直感的に1円玉の直径を書け!」と問えば、1.6cm、1.8cm、2.0cmなどの記述がある。正解は2.0cmなのだが、そう言った直感的なものを鍛えるのも、正確な即断即決のスキルアップにも繋がることになる。

 座布団の出し方、座り方の話を書けば、ほぼ皆が知らぬ作法に腰を抜かす。スプーンやナイフ&フォークの使い方を解説すると、フレンチとイタリアンで違うことを再認識したり、英会話のイディオムを教えると、教科書になかった実践力がメキメキと付いてくることになる。オーギュスト・エスコフィエを語れば、ホテル文化と食文化の奥の深さを知ることになる。

 単に知識を増やしても、戦略的な思考は備わらない。ずる賢いことが仕事の醍醐味みたいに考える愚か者も確かにいるけれども、人として信頼関係をいかに築くかが、その人の価値となる。よって、徹底的に「真摯」についての話をさせて頂く。

 饒舌者になる必要はない。それも、理路整然さを失った、付け焼き刃的な継ぎ接ぎだらけの饒舌者は、詐欺と変わらぬ。実力を備えた人間は、決して饒舌ではない。人に対して敬愛の念を持ち、揺るがぬ信頼関係を持つことで、人は、素晴らしいリレーションシップの下に、世のため人のために必要不可欠且つ価値ある人間として育って行く訳だ。

 常に10年先を見据えた「先見塾」。或る塾生は、先々、○○○○関連のサイト構築で、趣味とするものを仕事にしようと考えている。しっかりとしたビジョンを持った人間の学ぶ姿は、すこぶる真剣である。先々のシミュレーションを何度も繰り返し行い、「これだ!」と思えるものを具現化すればいい。

 さて、今日は先見塾天草も動く。天草も現在6名で研修会を行っているので、近々、熊本組と天草組の合同研修会を開催し、互いに刺激のあるものになればと、期待している次第。


800_0281


800_0294


800_0299


800_0321


▼第2回 先見塾(熊本)のランチ・・・ステーキハウス淀川の肉汁とろとろのハンバーグ
yodogawa



【先見塾公式サイト】
 http://www.senkenjyuku.com/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2016/4/27 12:42 am

煮干し嫌いの猫が・・・

800_0113


 先日、八景水谷公園駐車場のど真ん中に、猫が座り込んでいた。力なく、人が近づこうが、車が入って来ようが、全く動く様子もない。

 たまたま持ち合わせていた煮干し(塩分の少ないもの)を与えると、最初は臭いを嗅ぎ、一口食べると、あとは御構い無しにムシャムシャと、周囲に警戒することもなく、完食して行った。

 そして、昨日、雨の中、どこから現れたのか分からないが、甘えた声を出して近づき、足に纏わり付いて来たのだった。二、三ヶ月前に出会った数匹の猫たちの一匹。以前は、煮干しが苦いのか、口にしなかった記憶がある。

 ところが、震災により、いつも餌付けをしていたご老人が、餌を与えなくなったのだろうか。少々腹部は凹んでおり、背骨が少々目立っていたようにも感じた。

 煮干しを持つ手を下げようとするや否や、猫の方が二足立ちになって、「ニャーーー♪」と鳴きながら立ち上がった。さっと煮干しを与えると、またもやムシャムシャカリカリと完食である。煮干しの残りをすべて与えて、車の中で待つことにした。

 暫くして、車のドアをちょっと開けて様子を見ると、今にも運転席の足元に入り込もうとする猫がいた。可愛らしいが、自宅に持ち帰ることはできないので、「またね!」と言って、その場を立ち去ることに・・・。

 耳にはカット傷があるので、去勢しているのだろうけれども、猫たちも震災で普段の生活の歯車が狂ってしまったのだろう。振り返れば、ちゃんと水飲み場に足を運び、グビグビと、猫にしては長い時間顔を突っ込み、八景水谷のおいしい水を飲んでいたようだ。

 では、また、近いうちに!

800_0114


800_0115


800_0116


800_0117


800_0241



◎熊本城復活宣言 Reborn KumamotoのFacebookグループ
 https://www.facebook.com/groups/reborn.kumamoto/Link

◎「熊本復活宣言」画像(14.2MB)
パソコンの壁紙、ポスターやチラシ、絵葉書などにご利用ください。下記のURLにて、自由にダウンロードできます。作品上にコメントなどを書かれる場合は、原画の改竄はできませんが、下方の芝生部分に記述スペースがありますので、ご活用ください。

 http://www.dandl.co.jp/rebornkumamoto.jpgLink

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2016/4/27 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp