ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

モノトーンと20mm広角レンズ

CNJ_0303


▼NIKON Df+NIKKOR UD Auto f20mmで撮影した、熊本ホテルキャッスルのロビー。
DFD_3358



 ここ数日間は、NIKON DfにNIKKOR UD Auto f20mm(昭和40年代製造の古いワイドレンズ/フィルター径72mm)を装着し、持ち歩いている。

 このレンズは化石の様なレンズだが、巷ではモノクロが凄く良いという評判だったので、使ってみることにした。・・・現在の最新レンズと比べると、400グラムと重い・・・と人は言う。筆者は、何でもどっしりと重くて金属の艶や冷たい肌触りが大好きな方なので、このレンズを全く重いとは思わない。アナログな世界を十二分に引き出してくれるレンズなので、11月28日に発売されたばかりのレトロなDfにばっちりと似合っているとニコニコマークなのだ(自己満足)。

 このレンズ、勿論、マニュアル操作(f5.6に固定)なので、一度オートフォーカスで自分の焦点をしっかりと調整しておかないと、ファインダー左下の「●」印を見ても、なかなかフォーカスが定まらないのが、少々頭の痛いところでもある。

 しかし、このレンズは触れているだけでも、何となくゾクゾクするほど、存在感が半端ではない。・・・現在、その他NIKKORやSIGMAなどのレンズを数本保有しているが、今のところ、このレンズより存在感のあるものはない。・・・大口径のSIGMA 50mm(フィルター径77mm)の標準レンズや安価なSAMYANG 85mm(フィルター径72mm)なども、前玉がギョロギョロしていて存在感はあるものの、フォーカスリングを触れる瞬間の触感は、NIKON DfにとってNIKKOR UD Auto f20mmに勝るものはなさそうだ。

 40年以上の年月を経て、今も尚現役で撮影のお供をするNIKON DfにNIKKOR UD Auto f20mm。・・・現在、これに勝る存在感のあるレンズを物色中ではあるが、果たして簡単に飛び出して来るものだろうか!?・・・まあ、ライカやフォクトレンダーなどが加われば、また話は変わってくるのかも知れないが・・・。


▼NIKON Df+NIKKOR UD Auto f20mmで撮影した、熊本ホテルキャッスルのロビー。
DFD_3368


▼NIKON Df+NIKKOR UD Auto f20mmで撮影した、ソフィ・タカヤナギの高柳隆大さん。
DFD_3426



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

【オブスクラ写真倶楽部Facebookグループ】 https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2013/12/18 03:52 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp