ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

「人」・・・2013年

human



 今年も、後残すところ3週間。あっと言う間に過ぎてしまいそうだ。

 この一年間を振り返ると、色んな事があった。貴重な時間を割いてまで取材協力してくれたロゼッタストーン会員、先見塾野外活動に積極的に参加して、東京研修会(帝国ホテルや神楽坂高級和食の店訪問)や各地における写真撮影会でスキルを上げた塾生と・・・「日々変化、日々進化。」の一年間であったと言える。・・・その一コマ一コマを思い出しながら笑いが止まらない。

 特に先見塾に関しては、熊本本部や天草支部との連携を行い、「先見塾会同」を二回開催し交流を深め、ホテル文化や食文化は勿論の事、語学や一眼レフカメラ撮影技術、人間学などを積極的に学んで貰った。

 今回の写真群は、筆者が主宰する先見塾や、D&L社が管理運営しているロゼッタストーンWEBサイトの取材先で撮影した極一部の写真だが・・・見るからに、皆の笑顔が絶えない写真ばかりとなっている。一つの事に集中して、一所懸命に仕事をする姿は実に素晴らしい。また、趣味に傾注し、日々努力を重ねながらスキルを上げて行く塾生たちに・・・喝采をお贈りしたいと思う。

 さて、ロゼッタストーン異業種交流会も・・・光陰矢の如し・・・あっと言う間に19年目に入った。県内におけるIT(特にクロスメディア)の先駆的役割を一層強め、新たなビジネスモデル構築に着手して参りたいと考える次第。・・・また、ここ数年間ボランティアで活躍してくれている国内外のロゼッタストーン特派員のサポートも大きな力となっている事を末筆ながら申し添えたいと思う。・・・心から感謝の意を表したい


human1



human2



human3



human4



human5



human6



human7



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2013/12/9 01:40 am

同じ時間で撮影した写真!?

▼NIKKOR 50mm 1.8G ISO50 1/500

sunset1



 ほぼ同じ時間で撮影した写真。敢えてISO50という低感度で撮影を試みた。

 写真上は、薄暮時の普通のビル群と空を撮影したもの。しかし、シャッタースピードを最高の1/4000で撮影してみると、写真下のように、夕焼けの赤を反射している遠くのマンションのサッシや窓硝子などが赤みを帯び、後はシャドーになって、自分なりにお気に入りの写真となった。

 明るいレンズを使い、サンセットなどをまともに撮ろうとすると、真っ白にはじけてしまう場合がある。今回も、通常ISO100で臨んだが、余りしっくりとした絵面とならなかったので、敢えてISO50という低感度設定を選ぶことに・・・。

 カメラ自体の機能として、シャッタースピードが1/4000が限界となると、露出補正どころの話ではなくなり、撮影不能となることもある。勿論、フィルターを用いて、サンセットを美しく撮ることは知らないではないが、色々と実験を繰り返すと、そのカメラ自体の限界やレンズとの相性なども明確になると言うもの。

 いやはや、カメラって、写真って・・・一瞬間を捉えるツールであるが、実に楽しいものである。


▼NIKKOR 50mm 1.8G ISO50 1/4000
sunset2



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2013/12/9 12:01 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp