ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

お洒落な一眼レフライフを!

▼2013年11月28日に発売されたばかりのNIKON Df

df



 

NIKON Dfを手にして、まだ2日目だ。・・・クラシカルなデザインは、NIKON党にとっては惚れ惚れするばかりではなく、可愛くて可愛くてたまらない存在となっていまう。

 天候不順が続く熊本市内。なかなか野外の撮影へ行こうとも、光と影を追い求められない日々は、苦痛そのものである。悶々とした中に、知らず知らずの内にDfを手にする筆者が居る。・・・打ち合わせ中も、パシャリ♪・・・レストランテーブルの花を見ては、パシャリ♪・・・行きつけの喫茶店に入れば、カウンターをパシャリ♪・・・

 帰宅しても、レンズもカメラ筐体も磨きっぱなしと、いつの間にやら最高の玩具を与えられた幼児のように、眼がキラキラしてくるのであった。

 最近は、グルメ通としてグルメを語るよりも、カメラやレンズを語ることが自然と多くなっている。それは、勿論、食文化は命を支えるものとして大切なものではあるが、カメラやレンズ、そして写真撮影は寝食忘れて夢中になってしまう。・・・無意識に、動きや表情のある人物を撮りまくるポートレートに情熱を注いでしまうのだ。

 一眼レフカメラは、設定などが大変なので取っつきにくいと、折角、高額な一眼レフを買っても、自宅の片隅にぶら下がっている所も多いのではないか!?・・・光学系とデジタル処理を少々囓れば、誰だって一眼レフは撮影できる。意味が分からなければ、フルオートで画角やレンズの焦点距離を弄れば、背景が惚けたり、ビビッドな山や海の映像が飛び込んで来るというものである。

 以前から先見塾で話をしていることが一つ。写真や絵画、デザイン、書・・・なので、「下手くそ」という言葉は存在しない。何故なら、何を基準に「下手くそ」と揶揄するのだろうかと・・・いつも首を傾げてしまうのである。

 つまり、カメラ愛好家が、自分の思った通りに、ファインダーに飛び込んで来た写真を撮ることに価値があるのであり、それを上手、下手で評価するのは、フォトコンテストだけに限定する事であり、他人様が撮影した写真をああでもない、こうでもないと口を挟むものではない。・・・もし、プロのカメラマンやハイレベルのアマチュアカメラマンが、第三者の写真を見て、「下手やなあ!」と言った瞬間に、彼らは写真を撮る資格はないと筆者は考える。

 難しいと思われる一眼レフ。・・・先ずはフルオートで撮影してみよう!・・・それから、徐々にレンズの種類や特性を学び、自分の好きなスタンスで、自由に被写体を求めて撮影してみよう!・・・いつの日か、子供や孫の写真が、「スマホだけで撮らなくて良かった。一眼レフで鮮明な写真を子供や孫に残せて良かった!」と喜ぶ日が来るはずである。

 筆者が、亡くなった父に唯一感謝しているのは、1950年代からライカの一眼レフを使い、アグファカラーフィルムで撮影してくれた写真が沢山残っている事。・・・勿論、モノクロ写真については、本人が現像機まで買い込み、暗室で夜な夜なそこに入り込み、酸っぱいに臭いを漂わせては、ニンマリと笑っていたお宅親父が居たのだった。

 誰でもいつでもどこでも、気軽に始められる一眼レフライフ。そして、高齢者となろうが皆が楽しめる一眼レフライフ。・・・是非、今までの思い込みや苦手意識、食わず嫌いを捨てて、お洒落な趣味を持たれては如何だろうかと・・・!?。

※以下写真は、実験的にNIKON Df+NIKKOR 60mmマクロレンズで撮影したもの。


▼岡田珈琲でまったりしている淀川司朗塾生
yodogawa


▼岡田珈琲店内カウンター
coffeeshop


▼NIKON D800
d800


▼熊本ホテルキャッスルのレストランに飾ってあった花
flower2



【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2013/12/1 03:40 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp