The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » 四季の味 やまもとや

「四季の味 やまもとや」をチラ見!

title2


 「四季の味 やまもとや」のリボーンまで、あと1ヶ月となった。11月9日がとても待ち遠しいが、同店のメニューを覗き込むことに・・・。

 今、何を食べたいと聞かれれば、「松花堂」をランチタイムに、「懐石コース」をディナータイムに頬張りたくなる。勿論、「穴子御膳」も、「お刺身御膳」も、「赤鶏溶岩焼き膳」も捨てがたい。

 最近、取材ランチに洋食が続いているので、どうしても旬の食材をふんだんに使った日本食が頭に浮かぶのである。

 一昨日、新上五島町の或るお人に電話を掛け、久しぶりに話が弾んだが、以前、同地を訪ねて(今まで10回ほど上陸している)、大盛りのウニ丼や石鯛の皮焼き、五島うどんの地獄炊き(アゴ出汁)、独特なチャンポンなどを思い出した次第。

 記事を書いている間に、よだれものである。さて、明日は和食を食そうかと、ランチ・シミュレーションを始めた筆者である。

▼懐石コース(写真提供:四季の味 やまもとや)

kiji


▼松花堂、穴子御膳、お刺身御膳、赤鶏溶岩焼き膳(写真提供:四季の味 やまもとや)
menu1


▼四季の味 やまもとやの新ロゴ
yamamoto



◎「四季の味 やまもとや」
 〒861-2231 熊本県上益城郡益城町安永575ー2番地
 電話:096-286-2017
◎「四季の味 やまもとや」関連ニュース
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoyaLink


               

  • posted by Chikao Nishida at 2018/10/9 01:08 am

「やまもとや」のリボーンに向けて!

▼熊本地震直後に見せてくれた三代目の笑顔
yamamoto-top


 「四季の味 やまもとや」リボーンに向けて、日々多忙な三代目 山本剛大店長。写真上は、2年半前の熊本地震直後の笑顔だが、これまでの道のりは一言では語れぬほど、試練ばかりの連続であった。しかし、今回、「四季の味 やまもとや」に改称し、11月9日に目出度くグランドオープンを迎えることになった。

 この一週間は、看板、暖簾、チラシ、ポスター、挨拶状、封筒などなど、打ち合わせのオンパレード。筆者も微力ながら、一つ一つを確認し、コンサルティングを行いながら、全体の進捗状況を見守っているところである。

 本日もまた、深夜午前1時頃までメッセージや電話の遣り取りを行い、次のステップへと進み、詰めて行く。二代目より全てを受け継ぎ任されたものの、日々の仕事をこなしながらの準備段階なので、心身ともに疲弊しているのではないかと心配している。

 されど、電話の声はハツラツと、11月9日に向けて元気一杯の様子。まだ若いので、色んな分野への知識、体験は少ないけれども、地震直後に見せてくれたこの笑顔が、今回の奇跡的な同店リボーンへ繋がったに違いないと考える次第。実に、喜ばしいことである。


▼料理写真提供:四季の味 やまもとや
kiji


▼昨日の夕景
D75_5797



◎「四季の味 やまもとや」
 〒861-2231 熊本県上益城郡益城町安永575ー2番地
 電話:096-286-2017
◎「四季の味 やまもとや」関連ニュース
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoyaLink

               

  • posted by Chikao Nishida at 2018/10/3 02:54 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp