The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » トピックス

菊池川でモロコ釣り・・・

D75_6561



 山鹿大橋から菊池川上流域で二組の釣り人を発見。近所から一人と山鹿市内から老夫婦、三人が釣りを楽しんでいた。仕掛けがとても小さいので、何を釣っているかと問うと、モロコ釣りという。

 先に来ていた老夫婦は既に数十匹を釣り上げ、先ほど来たばかりの釣り人はまだまだと言いながらも、ビクには十数匹のモロコが入っている。餌は、老夫婦がサシ虫、もう一人の釣り人は練り餌を使っている。小さなウキがピクッと動き水中に入り込む瞬間に、軽く竿を合わせる。

 本日の水量が多い菊池川だが、とても流れが穏やかで、結構な入れ食いである。モロコは家に持ち帰り、甘露煮にするとのこと。最後にご婦人が釣り上げたのは大きく、カワムツのようだ。ご主人に料理方法を聞くと、(1)「な〜ん、鶏ん餌にでんすっですたい!」と。

 山鹿弁バリバリの釣り場では、ご婦人が(2)「針はどけ行ったろか?」と、釣り糸を見失ったらしい。(3)「ほ、そけあったい。」とご主人。(4)「あ、こけあった!」と。仲睦まじい夫婦間の会話がたまらない・・・。

▼山鹿弁解説
 (1)な〜ん、鶏ん餌にでんすっですたい!=いえいえ、鶏の餌にでもしましょうかね!
 (2)針はどけ行ったろか?=針はどこに行ったんだろうか?
 (3)ほ、そけあったい。=ほら、そこにあるじゃない。
 (4)あ、こけあった!=あら、ここにあったわ!

D75_6587


D75_6592


▼モロコ
D75_6595


D75_6602


▼カワムツ
D75_6687


▼秋となり鴨も飛来してきた
D75_6701



※撮影許可を得ています

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

         

  • posted by Chikao Nishida at 2018/10/21 12:00 am

本殿に朝顔・・・

DFD_7238


 猛暑で、なかなか日陰を見つけるのが困難な熊本市内中心部。旧細川刑部邸へも行きたいが、熊本地震の被害が大きく、この頃やっと外塀の修復が始まったようだ。よって、その先にある熊本県護国神社へと足を踏み入れた。

 しかし、この暑さでは野鳥も静かなもの。野草も美しい花を咲かせるものも殆どない。

 参拝しようと本殿へ近づいて行くと、何と朝顔が蔓を這わせ、花を咲かせていた。早朝から来れば、もっと美しい花々を見ることができるのだろうが、ややしょげ気味の朝顔を横目に、お参りをさせて頂いた。

 県外からの観光客のご婦人お二人が、がま口を開きながら御賽銭箱へと向かっていた。ガランガランと音がしたかと思うと、自撮り撮影をしていたようだ。

 熊本は、どこもかしこも、まだまだ熊本地震の爪痕が見られ、気が遠くなるような復興事業が展開されている。ようやく、熊本城大天守の屋根部分は見えてきたものの、元気な姿を見れるのはいつになるのか。・・・花畑界隈の再開発も動き出しており、2年後が楽しみと言ったところだ。


DFD_7239


DFD_7241


DFD_7249



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2018/8/19 03:02 pm

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp