The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » 水前寺東濱屋

水前寺東濱屋の「白焼き」

D60_6241


 急に鰻が食べたくなった。最近ご無沙汰している水前寺東濱屋。車のステアリングを持った瞬間に、「今日のランチは、鰻!」で決まっていた。

 同店は140年の歴史と伝統を誇る、鰻専門店である。通うようになって、三十数年が過ぎているのが驚きだ。グルメに目覚め、色んな食事処へ足を運んで来たが、30年以上も足を運んでいるところは、すこぶる少なく、筆者にとっては「グルメのスタンダード」の礎となっている。

 写真は、本日食した水前寺東濱屋の「特上鰻の白焼き」である。蒲焼きよりも、鰻そのものが露骨に出易いので、お店にとっては「白焼き」は気を遣うのではないかと推察する次第。

 今日の特上鰻の皮目と肉質、そして食感、風味を思い起こせば、多分、◯◯県産の鰻だろうと・・・。何はともあれ、鰻は旨い。旨すぎる。炭水化物を減らし気味に考えているのだが、とても、この鰻を見てしまうと、ダイエット宣言が足元から崩れ去ってしまうのである。・・・仕方ない。今日だけは、許す。


D60_6256


D60_6194


D60_6208


D60_6270



◎水前寺東濱屋公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/higashihamaya/Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2017/12/23 01:51 am

加勢川沿い散策・・・

▼極上鰻の白焼き
D60_5777



 頬っぺたが落ちるように旨い、水前寺東濱屋の鰻に出逢って、三十数年が過ぎた。あっという間の歳月である。それから、何度足を運んだのか定かではないが、相当量の鰻が胃袋に入って行ったことに間違いない。

 今日も、ここ数年癖になってしまった特上鰻の白焼きに舌鼓。私ごとで申し訳無いが、若くして他界した兄や数年前に他界した父も、亡くなる前に同じことを言っていた。「あの、美味しい水前寺東濱屋の鰻が食べたい!」と。同店には、テイクアウトできる鰻重やセイロ蒸しもあるので、兄や父へ鰻弁当を熱々のまま届けたのだった。

 二人とも他界した時期は異なるけれども、食欲がほとんど無い兄はとても旨そうに食し、また、父も「やっぱり、違うね!」と喜んで同店の鰻弁当を頬張っていたことを思い出す。

 前置きが長くなったけれども、同店に足を運び、極上の鰻を食すことも楽しみではあるものの、実は、食後の加勢川沿いの散歩カメラが楽しみな筆者でもある訳だ。

 今回は気合を入れて、超望遠レンズを装着の重装備。近寄れない、手の届かない季節の花々や小動物を、しっかりと撮ることにした。少々小雨が降りそうな天候であるが、無事、以下の写真群のように、いろんな被写体に出逢えたのである。

 まずは紅葉。川沿いを歩いて行くと、鴨がランチをとっている。また、キセキレイも鴨の縄張りに侵入しつつ、餌を突いていた。歩道の右手に加勢川、左手に公園と、絶好の散歩コースとなっている。

 しばらくすると、少々変わった山茶花が咲いていた。芭蕉園には大きな花が咲き、たわわに実がなっていた。小鷺が飛び、野良猫が草を噛み、青鷺が岩の上でぼーっと突っ立っている。途中途中でランニングやウォーキングを楽しんでいる方々とすれ違う訳だが、近頃は会釈やご挨拶を積極的にされる方は皆無になってきた。

 芭蕉園の中へ足を運ぶと、80歳近くだろうか、男性が背筋を伸ばして大きな声で民謡を歌っている。「ここの山の・・・」と、どこかで聞いた民謡だが、歩いて近づきながら、やっと思い出し、休憩に入った男性に「宮崎の刈干切唄ですね!」と声を掛けると、ニコニコ笑顔で筆者に近づいてきたのだった。

 「よう、知っとんなはるですね!」と。正調 刈干切唄ではないが、ご高齢の割には、腹から突き上げるような元気で艶のある声だった。次回、同地を取材する時に会うかも知れないので、一応、自己紹介を行い、互いに名字を名乗って、筆者は更に奥へと進んで行った。

 お散歩カメラは、八景水谷公園が断然多いけれども、水前寺東濱屋真向かい(近代文学館横)の歩道は、車も通らず、美しい自然に恵まれたところなので、1時間弱の散歩でも、とても楽しい発見が多く、是非オススメの自然探索コースとして歩まれてはと・・・。勿論、時折、蚊の襲来もあるので、虫除けスプレーは必携となる。

▼サラダ、肝、お茶
D60_5702


▼水前寺東濱屋の座先から見える風景
D60_5692


▼加勢川沿いにある紅葉(旧 東濱屋跡地)
500_9758


▼変わった花びらの山茶花
sazanka


▼水草を喰む鴨
500_9684


▼キセキレイ
500_9307


▼小鷺
500_9346


▼芭蕉
500_9376


▼野良猫
500_9393


▼着陸準備をしつつ空港へ向かう日航機
500_9269



◎水前寺東濱屋公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/higashihamaya/Link

 

  • posted by Chikao Nishida at 2017/11/14 12:00 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp