The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » おすすめ観光情報

八景水谷湧水池の野鳥たち・・・

850_0462


 天候に恵まれた、新年。早々と1月4日に八景水谷公園(はけのみやこうえん)の湧水池を訪れた。日陰は寒いが、日向はポカポカ。。仕事始めで公道の車は多かったものの、同園の駐車場は7割程度で、大した人手ではなかった。

 人が少ないと、野鳥たちは結構近めで写せる。シャッターチャンスを期待しながら、湧水池の奥へと進む。しかし、カルガモの鳴き声は聞こえるものの、足を踏み入れることができない所で、バシャバシャと水浴びしている。

 右側からそっと覗くと、左奥へと泳いで消える。また、左側から覗くと、右奥へと消えて行く。結局、バシャバシャダンスを撮るのを諦め、目の前に飛んできたカワセミ、食パンの欠けらを口にしたセキレイ、羽繕いしているヒドリガモと中鷺を撮影して帰途につくことにした。

 今回は納得できるショットはなかったが、湧水池を歩き回り、野鳥の表情を眺めているだけで、癒される。


850_0514


850_0555


850_0660


850_0754


500_5541



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2019/1/10 12:00 am

八景水谷も冬の装い・・・

800_1832


 日々、段々と肌寒さを感じる季節となってきた。つい最近まで、残暑、そして台風や秋雨に悩まれていたのが嘘のようだ。熊本市内のアーケード商店街を歩く人々の服装が、急に分厚い冬服となっているのも、季節の変わり目を感じさせる。

 熊本市の湧水池で有名な八景水谷も御多分に洩れず、木々の葉が枯れ落ち、冬の花の代表格である山茶花が一気に咲き始めた。猛暑の夏にやせ細っていた野鳥たちも、コロコロと丸くなって、湧水池の中で置物のような格好で寝ている鴨の姿をよく見掛ける。

 このような季節感を肌に感じながら、八景水谷公園の中を歩き回りシャッターを切って行った。

 気づけば、11月も晦日となり、あとひと月で1年に1度の大晦日を迎える訳だが、12月24日の深夜はそわそわして眠れず、また、「もういくつ寝るとお正月・・・♪」と歌っていた子供の頃が、何も心配事もなく幸せだったかと思う、今日この頃である。

800_1841


800_1855


800_1900


800_1847


800_1869


800_1911


800_1919


▼6年前の古いNikon D800+Sigma 70-200mm f2.8を使用
D75_8198



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2018/12/1 12:00 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp