The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » 食事処・ホテル・宿

若手シェフを指名!

DFD_8396


 本日は午後から会合が入っていたので、食事を軽めにと思い、熊本ホテルキャッスルにてマフィンハンバーガーを注文した。

 厨房の奥で、若手が一所懸命盛り付けている。テーブルに運ばれて来たのが写真上のものだが、すこぶる丁寧な盛り付けが可愛かった。まだまだシェフのヒヨコなのだろうけれども、ここ半年、伸び伸びと働く姿が実に清々しく、仕事を楽しんでいるのがよく分かる。

 よって、会合後の午後4時頃に、その彼を指名して「軽めのオムライスを作って欲しい!」とオファーを掛けた。ガラス張りの厨房は、金魚鉢のように丸見えで、彼のフライパンの手捌きをじっくりと観察しながら、ガラス越しに撮影させて頂いた。

 はにかみ屋なので、筆者がレンズを向けると、少々俯き加減になるが、手元は半年前とは全く別人のようになっている。フライパンの角度も上達している。オムレツをつくる箸捌きも、サウスポーなのに、右手に箸を持ち、卵を転がしていたのだった。

 レストランも、ちょうどランチとディナーの合間だったので、思いつきで彼を指名したのだが、時には、このようなイレギュラーなオファーも宜しかろうと・・・。ちなみに、次回に指名する若手を決めているので、次はサーロインでも焼かせてみようかと・・・。

 
DFD_8413


DFD_8509


DFD_8521


DFD_8566



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2018/1/11 02:37 am

泥武士 with Matsuマル秘情報!

extra-extra


 昨日、新年早々だが、泥武士 with Matsuのマル秘情報(新たなメニュー開発)を入手した。

 詳細は近々明らかになるが、現在の情報としては、(1)泥武士 with Matsu 特製 宝牧豚薬膳カツカレー<仮称>、(2)ビーフwithライスの進化系などを開発中とのこと。

 (1)は、ランチタイムにサラダ、コーヒー付きで1500円程度、デザート(季節のアイス)付きで1800円程度でサーブされる予定。また、(2)については、同店の看板メニューのビーフwithライスの進化系を開発中で、かなり意表を突くようなものに仕上がるのではないかと期待される。

 尚、昨年末の「冬の宝石箱 2017」(税込17000円)も大変評判が良く、募集期間が短かったものの、完売に至った。新年明けて早々であるが、これからの泥武士 with Matsuの新メニューの動きに目を離せない。


▼宝牧豚薬膳カツカレー<仮称> 写真はイメージ
D75_0304


▼看板メニューのビーフwithライス
beefwithrice


▼「冬の宝石箱 2017」(税込17000円)
housekibako



◎泥武士 with Matsu公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/dorobushi/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2018/1/7 05:23 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp