ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » ロゼッタストーン会員

恭賀新年 2014

happynewyear2014



 2014年の幕開け。・・・いつになっても、大晦日から新年を迎える時は、子供の頃を思い出しながら、「あの時、初めて食べた田舎納豆は臭かったけど、餅を焼いて、それに納豆を挟んで、ちょろんと醤油を掛け、更に海苔を巻いて5個食べたなあ!!」と、それが、つい昨日のような出来事のような錯覚に陥ることもある。

 昨年は筆者にとって善循環の一年では無かったようだが、一つ一つを振り返ると、なるべくしてなっている事が多いことに気付くのである。特に、両親を看取ってしまうと、今まで気付かなかった自分自身の在り方と将来を客観的に見れるようになり、更に、如何に血族であろうが、歳月が経てば、段々と他人になって行くプロセスが良く理解できるようになる。

 今年は・・・常識的に考えれば、喪に服す立場にある筆者であるが、昨年3月に他界した父はそう思っていないと確信し、敢えて、新年のご挨拶も欠かすことなく、しっかりと仕事モード全開で迎えるように決意した次第。

 1995年12月に他界した母が、「インターネット大変だろうけど、頑張って!・・・死ぬことはないと思うけど、ちょっときついので電話を切ります。」を最後の言葉に急死した。それから17年が経った昨年3月に、父が他界。前々日の最後の言葉は、筆者が毎日運んでいた介護食を見て、「おお、旨そうだね。有り難う!・・・2月末に健康診断に行ったが、悪いところは全くない。ただ、ちょっと痩せ気味なので、しっかりと食べないといけないな。・・・医者が言っていたけど、2年前に右肋骨を圧迫骨折しているが、完治していると言って驚いていた。」と笑いながらの言葉であった。

 新年・・・今の時代は、午前零時のカウントダウンを過ぎると、瞬発力良くTwitterやFacebookでご挨拶が飛び交っている。ご多分に漏れず、筆者も昨年の写真の紹介や新年のご挨拶を、近しい人達にだけ呟いている。・・・今では、それがごく自然なデジタルコミュニケーションとなってしまったが、筆者がネット事業に着手した1995年と比較すると、当時予想した以上にデジタル文化が浸透し、我々のライフスタイルどころか、世界の政治経済のシステムまで変えてしまったのである。

 今年の抱負???・・・ヒューマンコミュニケーションのフィルタリングの再強化である。・・・緩い関係が受け入れられている今日、極度のデジタル依存症の人達は、加速度を上げて、日に日に負のスパイラルへと落ち込んでいる。緩い関係という言葉は優しそうだが、結論として、責任のない相互関係を認め、適当に楽しんだり逃げたりしているだけの話なので、ここらで、潔く終止符を打ちたいと・・・。

 最後になるが、今年は取材力アップを行い、クライアントの公式サイトやブログの露出度をしっかりと上げるべく動きに徹したいと考えて居る次第。・・・さあ、ロゼッタストーン企業会員は、今年はどう動くのか???・・・互いに切磋琢磨して素晴らしい一年にしたいものである。



株式会社 ラクティブ ジャパンがロゼッタストーン参加・・・公式サイトプレオープン!!
http://www.lactivejapan.comLink

【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

【オブスクラ写真倶楽部 Facebook】https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

https://www.facebook.com/dandlcojp/media_set?set=a.796260453722613.1073742183.100000159966260&type=1Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2014/1/1 04:14 am

老舗 ソフィ・タカヤナギを訪問!!

DFD_3426



 本日、久し振りにソフィ・タカヤナギ(代表取締役社長 高柳隆大氏)を訪れた。玄関から入ろうとすると、大勢のお客さんの応対で大忙しの状態。・・・120年の歴史と伝統を誇る同店だが、顧客へのアドバイスなど・・・流石に匠の技は冴え渡っていた。

 筆者が37年ほど保有しているタイピンタイプのダイヤモンドを調べて貰うように依頼していたのだが、たまたま互いに時間が合ったので、本日足を運び、その検査を受けたのだった。祖父の時代から使っているという宝石専用古い顕微鏡で、じっくりとあらゆる角度から検証する高柳社長。・・・「本物なのかな?」と、私の心は動揺を隠しきれなかった。

 実はこのタイピンは、37年前に或る方(故人)から、お祝いにとプレゼントして貰った品物だった。若い頃でもあり、また、ネクタイにタイピンをする習慣が無かったので、その価値が如何なるものかと・・・お見せするのを躊躇していた筆者だったが、この際と・・・思い切って同店へ持ち込む事にしたのだった。

 さて、高柳社長の鑑定や如何に!?・・・・ 「色も、輝きも、透明度も素晴らしいですね。・・・ん〜、当時は宝石が一番高い頃でしたから、相当なお値段だと思います。現在で有れば*******円は下らないですね。如何せん、自然石であるダイヤモンドは中にゴミやクラックなどが有るのが普通なので、欲を言えば、下方のちょっとしたクラックが無ければ、かなり高額なものです。1カラット程度ありますね。」と。

 更に、同氏曰く、「もし、この状態でお気に召さなければ、ピンバッジ又はペンダントをお勧めします。現在、台座であるプラチナが高騰しているので、ダイヤモンド自体がこの大きさなので、チェーンにしてもしっかりと太めのものをしないとバランスが取れません。・・・でも、昔、折角プレゼントされたのであれば、そのまま飾って、何か有ったときに、それを見ては励ましを貰っても宜しいかと思います。」と言ってくれた。

 自宅に戻り、このダイヤモンドをまじまじと見ていた筆者であった。当時、この若造にプレゼントしてくれた方は随分前に他界されたが、深い感謝の念を持った。・・・この若造がまだまだ半端な人生で苦労している。このダイヤモンドのように光り輝く人生になるよう、気合いを入れ直した次第。・・・○○さん、有り難うございました。大切にさせて頂きます。

 
DFD_3435


DFD_3454



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

【ソフィ・タカヤナギ公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/sophy/Link
 ※同公式サイトは近日中に大リニューアルの予定!!!

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2013/12/17 06:53 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp