The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » SNS・SEO・INTERNET

他の追随を許さぬ、Mac。

800_9630


 今振り返ると、 1970年代にマイコンと出逢い、1980年代にパソコンの進化と共に業務を遂行し、1990年代に独立。CGやネット事業に着手し、2000年代になり、次から次へと各業界のスタンダードを変える、Macの大進撃に直面したのだった。これは、タイムリーでもあり、パソコンの黎明期から進化と同じ歩幅で、起業以来歩めたのは、ラッキー以外何ものでもない。

 しかし、Apple社が世に送り込んだMacintoshには、エンドユーザーには気付かれぬほど、小洒落で凄い思想が凝縮されており、その卓越したヒューマンインターフェースによって、ニューメディアの世界がどんどん進化して行く大きな起爆剤となった。

 先ず、アイコンという「小さな絵」である。スマホ時代となった今では、当たり前の画面やアイコン。当時、その中に、アイコンがひしめき合っているのがMacだった。誰も、それがアイコンであるという認識もなく、一瞬間で何を意味しているのか分かるような、道路標識感覚で、画面の中をドライブしているのである。

 1984年に日本上陸を果たしたMacintoshだが、実は、その画面の至る所に魔法が掛けられていた。それは、デスクトップという概念である。画面が帳面やスプレッドシート感覚だったWindowsに対して、Macは自分の机の上という仮想現実世界からスタートするのである。それも、スイッチを入れれば、Macの中にチビMacが登場し、笑顔で迎えてくれるという演出だ。

 机の上にあるMacの画面の中が、更に仮想現実世界の机の上を演出し、直感的にマウスを握り、動かしてやれば、いつの間にか、ワープロでも、ドローでも、ペイントでも、音楽でも、通信でも・・・自分自身が魔法使いやマジシャンになったかのように、サラサラと業務を処理してしまうのだ。

 当時は、まだ「擬似マルチタスク」と言っていた。・・・現在のマルチタスクという概念をも、既に持っていた。机の上にある要らなくなった書類は、ゴミ箱に投げ込んで捨てる。更に、ゴミ箱を捨てれば、近所のゴミ収集箇所へゴミ出しを完了したことになる。微に入り細に入り、ヒューマンインタフェースを徹底追及したMacは、他の追随を許すことがなかった。(現在でも同様)

 更に、他のパソコンの度肝を抜いたのは、画面の仕様である。何と、ビットマップディスプレイを採用し、画面一杯に、自由自在に輪ゴムが伸びたり縮んだりするように、グラフィックを描けたのである。人によっては、「こんなオモチャなんぞ、仕事に使えるか!」とまで、否定的な見解を述べる評論家も居た。実に身の程知らずの無知な人間だが・・・。(苦笑)

 現在では、パソコンもパッドもスマホも、全て家庭に浸透している訳だが、ここで一番大切なことは、進化したデバイス群を使えるからといって、自分自身が天才になったかのように勘違いしないことである。そこは、自分自身の論理展開や発想などを、日々磨きに磨かない限り、他の追随を許さぬようなスキルを手にすることは出来ない。

DF1_4551



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

 

               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/6/27 03:48 am

未完の二十五年(7)

710_2670


起業して25年目の今、思うこと・・・

1980年代へのタイムトンネルに入り込んで・・・

 結局、現在何が主流のメディアとなり、何が流行して、更に、何がオフィスから家庭にまで浸透して行ったかを、よく把握することが重要である。

 例えば、コンピュータの世界だけに限って検証しても、黎明期には、ビルの一室のようなどでかいコンピュータが存在し、とてつもない電力が必要だったり、放熱を抑えるための大型冷却装置が必要だったりするのだ。

 そこで、全てにおいて軽薄短小化へ向けて、技術革新がなされ、処理速度を高速にするためのLSIや、OS、アプリケーションソフトが開発されて行き、はじめて我々の家庭に浸透できる手軽なものへと変身を遂げる。

 そのような歴史や経緯をしっかりと把握しておくと、デジタルデバイスやその世界の存在意義や価値が理解でき、生活や仕事などでも有効に活用出来る術を知ることになる。

 あとは、使い方、活用法の問題。

 重要なことは、それらデジタルの世界に呑み込まれ、自分自身の足元を見失わないことが一番。モラルの問題、個人情報のセキュリティの問題、さらにはライフスタイルを歪めているか否かの日々の検証を怠ってはならない。それが大切なこと。

 何の意味もない由無し事、阿呆らしい絵日記を書き綴り、己の美化、虚栄などに迷走し、仮想現実の世界で浮遊しないよう、しっかりと自分の背中を見つめることも忘れてはならない。

 最近、数人の女性にFacebookやその他のSNSの役割や活用法とモラルなどの話をしたことがあった。素直でクレバーな女性は、「あっ!」と即座に気づき、軌道修正ができてしまう。翌日には、嘘のように我を取り戻し、健全かつ有益な活用法を実践するようになった。

 流石である。

 しかし、つむじ曲がりの方々は、それに気付こうともせず、いや、気付いても従来の歪んだままのベクトルを延々と引き継ぎ、更にエスカレートして行く。まあ、昔から言う、戯け者です。そして不特定多数の方々へ、個人的な感情論をぶつけるのだ。「私は素敵でしょ?」、「私は綺麗?」、「私頑張っているでしょ?」と。・・・いい加減にしてもらたい。

 話がちょいと横道に逸れたが、デジタルの進化をよく理解することは、自分の仕事へのアクセレレーターの役割を果たすばかりではなく、日常の時間配分がすこぶる楽になり、効率の良い仕事環境が整ってくる訳である。

 そこで、自分が「有能で天才だ!」と思い込むと、必ず、しっぺ返しが来ることを覚悟して頂きたい。忘れてはならぬことは、そのデジタルデバイスやアプリを使って、何を創造していくかが重要なことであり、ただ単に、触れて使って、デバイスやアプリ自体を誇示するものではない。

 さて、最後の〆となるが・・・

 1980年代は、炊飯の時の「はじめチョロチョロ」の時代。そして1990年代は「中パッパ」の時代。そして、2000年代に突入し「ジュウジュウ」の時代。更に2010年代に突入し「蓋とるな」の時代となっている。

 デジタルは素晴らしい発見、発明でもあるが、アナログを常に忘れることなかれ!

<炊飯の極意:はじめチョロチョロ・・・>
はじめチョロチョロ中パッパ、ジュウジュウ吹いたら火を引いて、赤子泣くとも蓋とるな、最後に藁(わら)を一握りパッと燃え立ちゃ出来上がり。


【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

  • posted by Chikao Nishida at 2015/6/8 12:00 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp