The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » えのきぞの

えのきぞの 懐石料理「雅コース」

▼「えのきぞの」料理長 榎園豊成さん
850_4919



 以下写真群は、えのきぞの 懐石料理「雅コース」(前菜・椀物・向付・炊合・揚物・焼物・飯物・汁物・甘物)、3,500円(税別)である。熊本市内では、このような本格的な日本料理を、ランチタイムに提供してくれるとこは、思いの外、少ない。

 いつ行っても、食後が軽い。お腹いっぱいのつもりでも、胃腸の調子は軽やかに。特に塩分が控えめなので、一つ一つの旬の食材が際立つ料理ばかりである。今回は折角の土鍋炊きのご飯のお替りを忘れてしまい、帰り際に、「もったいなかった!」と呟く。

DFD_0071


DFD_0066


DFD_0086


DFD_0094


DFD_0106


DFD_0130


DFD_0157


DFD_0176


logo



◎えのきぞの公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
◎えのきぞの公式Facebookページ
 https://www.facebook.com/shinyashiki.enokizono/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2018/11/26 01:01 am

嬉しい知らせ・・・

▼「えのきぞの」の料理長 榎園豊成さん
850_4919


 「えのきぞの」の記事を読んで、昨夜ディナーに足を運んでいただいたお客様がいらっしゃったとのこと。とても嬉しい知らせが舞い込んできました。先般も何組かのお客様が記事を読み、「えのきぞの」のコース料理に舌鼓。写真を撮影する人間として、記事を書く人間として、公式サイトを管理する人間として、また、「えのきぞの」のロゴを制作した人間として、至福の極みとなります。本当に、有難いことです。

▼えのきぞの過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=enokizonoLink

 ちなみに、Googleで「えのきぞの」で検索されると、トップに当社制作の新「えのきぞの公式サイト」、2番目、3番目には筆者の記事が抽出されます。当社が同店の公式サイトを預かったのは今年の9月上旬。僅か2ヶ月で旧同店サイトやその他情報を追い越し、最上位に抽出されるようになりました。これもまた、当社が長年(23年間)にわたり培ってきた、当社ならではの「SEO秘策」の結果であると自負している次第です。

 熊本市内で本物の日本料理を食されたいのであれば、この「えのきぞの」を是々非々お試しください。日本の食文化の新たな「発見」があるはずです。

▼「えのきぞの」の新ロゴ(created by Chikao Nishida)

enokizono-square


▼茶懐石の一コマ
D75_7084


▼庭の見えるお部屋
800_9584


▼大井手川の見える部屋
800_9589


◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

◎えのきぞの公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
◎えのきぞの公式Facebookページ
 https://www.facebook.com/shinyashiki.enokizono/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2018/11/16 03:31 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp