ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » 珈琲アロー

「やかましもん」を訪ねる・・・

D60_1683


 一年近くぶりだろうか、琥珀色の珈琲を出す「珈琲アロー」に足を向けた。通い始めて30年を超えてしまったが、カサブランカがよく似合う、素敵な老舗珈琲専門店である。

 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1393324030Link

 私はこの店に行くたびに、マスターの元気さに圧倒されながら、穏やかだが、時折、手厳しいトークに刺激を得る快感は何とも言えず、面白い。あの文豪、珈琲嫌いの三島由紀夫でさえも「旨い!」と言って飲んだという同店の珈琲は、珈琲ルンバの歌詞にもあるように、本当に澄み切った琥珀色。

 昭和39年の東京オリンピックの年に開業した同店。80歳を超えたマスターだが、既に自分の歳を忘れているようだ。
D60_1703


▼持ち帰った珈琲アローの豆を自宅で楽しむ
D60_1932



D60_1761


 次に立ち寄ったのは、珈琲アローから歩いて1分ほどのところにある「壽し匠 都壽し(みやこすし)」。この店は、足を運んで30年近くになる。当時、某専門学校の講師採用面接担当官を務めた後に、打ち上げで紹介された老舗寿司店である。

 http://www.dandl.co.jp/miyako/Link

 たまたま、山鹿市にある幼稚園からの幼友達がよく通う寿司店でもあり、以前は、毎週と言って良いほど通い詰めたことがあった。最近は酒を止めていたこともあり、足を運ぶ回数が激減したが、それでも、Podcasts番組やUstream番組で、無理難題を聞き、協力してくれたのだった。

 店主は、これはこれは筋を押し通す、やかましもん(熊本弁で、なかなか手厳しい頑固者という意味)で、訳のわからぬ人間には、如何に客と言えども、遠慮なく筋を通す。前述の珈琲アローも同じく、酒癖の悪い人間は、さっさと店から追い出してしまうほど、しっかりと、やかましもんである。実に豪快で愉快な、典型的な昭和の人間なのだ。
D60_1768


D60_1797


D60_1804



 私は、大変お世話になっている方々は多く、枚挙に遑がないほどだが、特にこのお二人の先輩は、常に深い感謝の念を持ち、お付き合いをさせていただいている次第。それは、個人情報で申し訳ないが、一昨年、父が他界した時にも、とても手厚い心配りを頂いた。それだけではないのだが・・・お二人には、もっともっと元気一杯に、匠の技を皆さんに披露して頂ければと。

 ご興味のある方は、是非、琥珀色の珈琲をサーブする「珈琲アロー」と、こだわりの寿司を作る「壽し匠 都壽し」に足をお運びいただければと・・・。必ずや、「感動」をもたらす店として、お薦めしたい!


【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2015/7/30 02:11 am

紫煙棚引く喫茶店・・・

caffee1


coffee2


 30年前の熊本市内。街中の土産屋と同じくらい、あちこちに点在していた喫茶店・・・昭和のそよ風を感じる処であった。

 最近、ふと周辺を見廻すと、外資系のフランチャイズ店などに押しまくられ、鉄板にのったハンバーグ定食、ナポリタン、カツカレーや、色んな種類の珈琲を飲める喫茶店が、殆ど姿を消しつつある。

 写真上は、先般ご紹介した昭和39年11月、すなわち東京オリンピックの年に創業した「珈琲アロー(禁煙)」の店主と珈琲。・・・熊本市内上通アーケード街を見るだけでも、名物であった画廊喫茶も随分前に閉じてしまい、本当に美味しい、本物の珈琲が呑める処が少なくなっているのは事実。勿論、会合などで利用するのはシティホテルが断然多いものの、旨い珈琲をサーブする処は皆無に等しい。

 写真下は、下通アーケード街から少し国道三号線に入った処にある「アシベ(喫煙可)」のトーストセット。筆者がちょいとアレンジして、メニューにない、バター&蜂蜜で作って貰ったが、何と1000円でお釣りが来るのである。食事メニューも豊富で、老若男女がぞろぞろと癒やしを求めにやってくる。
 
 カイゼル珈琲、ターキッシュ珈琲、ダッチ珈琲などなど・・・何処に飲みに行って良いのやらと、最近、昭和の風吹く鄙びた喫茶店を探しまくっている次第である。・・・今流行りのCAFE・・・パリのシャンゼリゼ通り沿いにひしめき合うようにある小洒落な店とは全く質を異にする、独特な雰囲気・・・紫煙棚引く喫茶店。

 日本人は流行に弱く、じゃんじゃんと流されてしまう民族に違いない。・・・しかし、歴史と伝統を尊ぶ事を忘れたのか・・・残さなければならない物は沢山ある訳で、今一度、この小さな島国に根ざしてきた、ハイカラな文化の香りを再発掘してみてはと思う次第。

caffee3



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2014/3/5 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp