ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » 珈琲アロー

琥珀色の珈琲・・・

▼珈琲アローの店主 八井巌さん
NONALNUM-ODUwXzUyOTEoMSk-E


 本当に久しぶりに、珈琲アローに足を運んだ。店主は八井巌さん。37年来のお付き合いである。同店は1964年、東京オリンピックの年にオープンして、54年が経つという、老舗コーヒー専門店である。

 珈琲の種類は、唯一、琥珀色の珈琲のみ。常連さんは、先ずは水の平焼(天草)の青ナマコのカップで一杯目を楽しみ、次に同じく水の平焼の赤ナマコのカップで二杯目を楽しむ。本日は、次の予定が入っていたので長居できないので、一杯を飲み干し、少々お喋りをして店を出た。

 今日の店主は以前足を運んだ時よりも、ずっと若く見えた。とても82歳の方とは思えない。滑舌も確かで、ギラギラの眼光は変わりない。店主はずっと立ちっ放し。延々と仕事に傾注し、お昼前から店が終わるまで、昼食も夕飯も一切摂らないと言う。

 1日、15杯から20杯の琥珀色の珈琲を飲みながら、仕事を続ける店主。昔からのファンも多く、平日と言えども、次から次へと客が入ってくる。ラッキーだったのは、佐賀県鳥栖市から舞い降りたご婦人。たまたまスマホを使ってネットで探していたら、珈琲アローに辿り着いたと言っていた。

 ご婦人は新聞記事を読みながら、「こんなに凄い方々が、こちらのお店に沢山来られているんですね!」と驚いていたようだ。そこで、間髪を容れず、昔の曲「コーヒー・ルンバ(西田佐知子)」にあるように、本物の珈琲は「琥珀色」であることを強調しておいた。


▼琥珀色の珈琲(赤ナマコのコーヒーカップ)
1224-2


▼四季の味 やまもとやの山本剛大店長(写真右)
850_5371



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2018/10/19 12:00 am

珈琲アロー

D60_0562


 昨年末、珈琲アローに行けなかったので、本日、新年のご挨拶方々、足を運ぶことにした。1964年(昭和39年)創業で、昨年50周年を迎えた老舗である。

 珍しい琥珀色の珈琲をサーブするお店として、全国でも有名な珈琲専門店。三島由紀夫、島田陽子、阿川泰子など多くの著名人が訪れ、熊本の財界でも、「この店を知らねば潜り!」と言われるほど・・・お洒落な経営者が足繁く通っている。

 店主の八井巌さん(79歳)は、年齢を感じさせないダンディーな方。肥後もっこすの典型でもあり、珈琲を点てる時など、お客に話し掛けられても、一切振り向くこともなく、黙ってお湯を注いでいる。その姿は、私が通い始めた34年前と全く変わりがない。

 「あのお、砂糖とミルクください!」なんぞ言ってしまうと、「本物の珈琲は琥珀色なんです。・・・・」と、その拘りを話してくれる。確かに、西田佐知子(歌手:夫は関口宏)が歌っていたコーヒールンバの歌詞には、「琥珀色した・・・♪」があるので、確かに間違いはない。

 新聞社時代は毎日のように足を運んでいた珈琲アロー。今は、オフィスの場所の関係もあり、年に数回ほどしか行けない。久しぶりに行けば、にこやかに迎えてくれ、昔話ばかりではなく、最近の話に花が咲く。

 「毎日、何杯飲んでいるんですか?」という質問に、八井さんは「だいたい20杯くらいですかね!」と。・・・と、言うことは、琥珀色の珈琲を20杯ほど飲むのだから、ざっと計算すると、この50年間で約36万杯ほど飲んだことになる。

 内緒だが、これが美肌と健康の秘訣らしい。


▼琥珀色の珈琲(器は、熊本県天草の水の平焼き)
D60_0592


▼黒電話が実にいい
D60_0630


▼壁には約90年前の木のタイル(昭和5年、熊本市唐人町の歩道に使われていたもの)
D60_0598


▼昔、有名レストラン「水車」にあった照明を移設
D60_0606



▼異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
▼Facebook
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink

         

  • posted by Chikao Nishida at 2016/1/8 03:34 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp