ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

琥珀色の珈琲・・・

▼珈琲アローの店主 八井巌さん
NONALNUM-ODUwXzUyOTEoMSk-E


 本当に久しぶりに、珈琲アローに足を運んだ。店主は八井巌さん。37年来のお付き合いである。同店は1964年、東京オリンピックの年にオープンして、54年が経つという、老舗コーヒー専門店である。

 珈琲の種類は、唯一、琥珀色の珈琲のみ。常連さんは、先ずは水の平焼(天草)の青ナマコのカップで一杯目を楽しみ、次に同じく水の平焼の赤ナマコのカップで二杯目を楽しむ。本日は、次の予定が入っていたので長居できないので、一杯を飲み干し、少々お喋りをして店を出た。

 今日の店主は以前足を運んだ時よりも、ずっと若く見えた。とても82歳の方とは思えない。滑舌も確かで、ギラギラの眼光は変わりない。店主はずっと立ちっ放し。延々と仕事に傾注し、お昼前から店が終わるまで、昼食も夕飯も一切摂らないと言う。

 1日、15杯から20杯の琥珀色の珈琲を飲みながら、仕事を続ける店主。昔からのファンも多く、平日と言えども、次から次へと客が入ってくる。ラッキーだったのは、佐賀県鳥栖市から舞い降りたご婦人。たまたまスマホを使ってネットで探していたら、珈琲アローに辿り着いたと言っていた。

 ご婦人は新聞記事を読みながら、「こんなに凄い方々が、こちらのお店に沢山来られているんですね!」と驚いていたようだ。そこで、間髪を容れず、昔の曲「コーヒー・ルンバ(西田佐知子)」にあるように、本物の珈琲は「琥珀色」であることを強調しておいた。


▼琥珀色の珈琲(赤ナマコのコーヒーカップ)
1224-2


▼四季の味 やまもとやの山本剛大店長(写真右)
850_5371



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2018/10/19 12:00 am

癒しのテーブルフラワー!

D75_6529


 久しぶりに鹿央物産館に足を運ぶと、マネージャーやその他スタッフも以前と同様に元気一杯だった。・・・ひと安心。今日は、出前弁当の日(毎週火曜日、水曜日)なので、同館の食事処である「やすらぎ館」に行くと、空の弁当箱が60個ほど山積み状態。

 ウィークデイでもあり、午後1時半を過ぎていたが、店内は多くの客で賑わっていた。見回すと、テーブルフラワーが各テーブルに添えられている。このテーブルフラワーがある時は、必ずTさんが来ているはずだ。Tさんは、自分の畑に咲く花々を、同館の仕事の日には必ず持参する。

 同じ施設で食事をするにも、このテーブルフラワーが有る無しでは、料理の旨さも館内の雰囲気も全く違う。可愛らしい花々は、施設全体どころか、足を運び入れる人々の心まで優しく包み込み、癒してくれる訳だ。

 因みに、本日の取材ランチは「手作りコロッケ弁当」。「男の人には、ちょっと足りんとじゃなかですか?今日のお弁当はどんなでしたか?」とTさんが心配して聞きに来た。弁当箱を舐め回すほど綺麗に完食していたので、一目瞭然。Tさんはニコニコしながら、厨房の方へ去って行った。

 さてさて、思ったよりも時間が早いので、菊池川にでも行こうかと・・・。


D75_6546


D75_6545


D75_6538



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2018/10/18 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp