The Rosetta Stone Blog

薔薇の花に包まれて・・・

800_1757


 フードパル熊本の薔薇はどうなっているのか?・・・秋薔薇の最盛期は過ぎているので、期待薄のままフードパル熊本へと足を運び入れた。

 ところが、先般取材をした時よりも、美しい秋薔薇の姿があった。もちろん、春薔薇と比較すると華やかさはないものの、手入れの行き届いている薔薇は、しっかりと天を仰ぎ、夢幻の美を放っていた。

 薔薇を撮影するときに、一番問題となるのは、背景である。コスモスの場合は、川岸やら草原やらで、自然いっぱいの中で風に吹かれるコスモスを捉えるのは簡単であるが、薔薇の場合は・・・地面や背景に問題がある場合が多い。

 人工物がたくさん背景にあると、せっかくの薔薇の花の美しさが損なわれてしまう訳だ。よって、絞りを開放気味に、できるだけ人工物が背景に写らぬ構図を描きながら、カメラワークを行う必要がある。

 これは良い角度だと思いレンズを向けると逆光であったり、ぐっと寄って撮影しようとすると、花の雌蕊(めしべ)に気持ち悪い虫が陣取っていたりする。花は、雨上がりの、蕾から開花寸前の時が一番美しい。女性のフレアスカートの波打つような美しい花びらも、虫食いだったり、黒点や班入りがあったりすると、台無しとなる。

 幻の染めと言われる辻ヶ花。椿や葵など・・・今にも枯れて落ちてしまいそうな花や葉に水滴が転がっているところを描写しているものがあるが、薔薇の花には、侘び寂びの世界観は似合わない。できることならば、フランスのベルサイユ宮殿に咲き誇っているような、素敵な薔薇の絵が撮れればと・・・。


800_1628


800_1680


800_1698


800_1562


800_1775


800_1551


800_1485



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2017/10/31 02:17 am

色づき始めた、もみじ庵おがさわらの庭。

800_5211


 もみじ庵おがさわら(熊本県山鹿市鹿北町)へ足を運んだ。

 秋は、同店の庭が真っ赤に染まる、最高の季節でもある。打ち合わせの合間を縫って、色づき始めた庭園を散策した。じわじわと赤く染まりつつある楓。その他の木々も、秋本番の準備中のようである。

 会議を先に行ったので、気づけば午後4時。無理を言って、遅めのランチを食させていただいた。筆者が大好きなハーブ鶏の蒸し焼き、栗ご飯、そして団子汁がサーブされた。

 いつ食べても、ハーブ鶏の肉質は柔らかく、塩加減が絶妙だ。また、旬の栗ご飯は幼い頃の運動会を思い出させてくれた。団子汁も、最近なかなか本物を食せないが、ここは違う。郷土料理の定番の如く、その存在は地味だがキラリと光っている。地元で採れた野菜が沢山入っており、空腹の筆者を優しく宥めてくれた。

 打ち合わせ中に、台風も過ぎ去り、急に外気が冷たくなったようだ。オーナーと女将の二人が、ウッドストーブに薪を焚べてくれた。本格的なストーブなので、天井が高く広々とした店内が、すぐに暖まってきたのである。家庭にあるガスストーブや石油ストーブと違い、趣がある。

 本日の会議において、すこぶる印象深い言葉があったので、この場をお借りしてご紹介しておこうかと。それは、「ここの自然に接してもらい、感性豊かな子供達に育って欲しい。」ということだった。水清らかで、自然いっぱいの鹿北町。採れる野菜も、皆、旨い。薬草インストラクターの資格も得ている女将だが、先々は、お客も家族のような繋がりをもって、体験型の食事処にしたいと・・・。


800_1360


800_1371


800_1375


800_1387


800_1414


800_1410


800_1407


800_1269


800_1322


800_1359



◎もみじ庵おがさわら公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/momijian/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2017/10/30 01:18 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp