ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

五久里(いくり)リキュール酒・・・

▼五久里リキュール酒(五和町で栽培された「いくり」を原料としている)
D75_1095


 写真上の五久里リキュール酒は、熊本県天草市五和町で栽培された「いくり(真っ赤なスモモ)」(現地、五和町ではユクリと呼ぶ)を原料に、球磨焼酎(松の泉酒造合資会社)で仕込まれた果実酒である。

 実は、五久里(いくり)という造語は、「五和町が幾久しく栄える里」にと、願いを込めて筆者が開発当時にネーミングしたもの。久しぶりに天草市へ足を運ぶので、現地の洋菓子匠 維新之蔵に頼んで、入手してもらった。ちなみに、同リキュール酒は現地のみ直販ができるとのことで、その他の地域では購入できない仕組みとなっているようだ。

 そのまま飲んでも美味しいが、オンザロック、炭酸割りなど、いろんな飲み方がある。・・・その「赤」の美しさが何とも言えない。できることなら、バカラのクリスタルグラスでじっくりと楽しみたいものである。

■題 字:「五久里」の命名及び書は西田親生によるもの
■内 容:アルコール12%、容量500㎖
■原材料: 本格焼酎、天草産すもも、グラニュー糖、蜂蜜


◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/10/6 02:46 pm

1年ぶりのチョップドビーフ・・・

ushizaki


 牛崎英司シェフ(天草市在住)は、筆者が主宰する「先見塾」の熱心な塾生の一人だが、その料理を食すのは、何と一年ぶりであった。確か、昨年の11月が最後だったと記憶している。今回、どうしても天草黒毛和牛チョップドビーフステーキを食したかったので、無理を言って、ランチタイムに牛崎流ミニコースを作ってもらった。それは、以下の通り。

1)ウチワエビのフリット、サラダ仕立て グリーンレモンのドレッシング
2)木の子のクリームスープ
3)天草黒毛和牛のチョップドビーフステーキ
4)パン 岩塩とオリーブオイル
5)葡萄のゼリー
6)コーヒー

 中でも、キノコのクリームスープは美味であった。季節柄、キノコの香りが凝縮されたクリームスープは、正直、あと2杯ほど頂きたいと・・・。その他、サラダのドレッシングのポイントも高く、天草黒毛和牛のチョップドビーフステーキは、独特な食感と香り高い逸品だった。

 昨年は熊本地震で年中バタバタしていた感があるが、あっという間に1年が過ぎ去ったようだ。久しぶりのチョップドビーフステーキに大満足し、次の取材先である維新之蔵へ足を運び打ち合わせを行い、一息つく間もなく同店を出て、帰り際に世界遺産 三角西港で更にシャッターを押しまくり、帰途についた。


D75_0867


D75_0875


D75_0895


D75_0916


D75_0922


D75_0944



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2017/10/5 03:06 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp